北海道ニュースリンクHOME  >  グルメ情報  >  伊勢丹で白老牛PR、…
伊勢丹で白老牛PR、ウエムラ牧場が西洋風居酒屋出店【白老】
室蘭民報 - 2016/12/27 10:48
伊勢丹新宿店で提供する白老牛ステーキ寿司などを手にする上村社長(右)
 白老町石山でレストランを運営するウエムラ牧場(上村篤正社長)は、伊勢丹新宿店で年末年始の期間限定「ファーム・バル・ウエムラ」を出店する。約100平方メートルの西洋風居酒屋の店舗を6階催事場に構え、白老牛を中心としたメニューを都民に振る舞う。上村社長は「われわれが生産した白老牛をしっかりアピールしたい」と張り切っている。

 26日から始まり31日までの「大歳の市」、1月3、4日の「新春うまいもの祭り」に出店する。全国の約50業者が出店するが、約100平方メートルという特設コーナーはウエムラ牧場のみ。「バル」はイタリアやスペインなど南ヨーロッパで気軽に立ち寄って一杯飲んでいくような酒場を意味する。

 「有名なレストランがある伊勢丹新宿店でわれわれも腕を磨きたい」とかねて思っていた同社長。このほど同店から「年末年始に催しがあるので出ませんか」とオファーがあり千載一遇のチャンスと快諾した。

 座席と立ち席合わせて約30席を用意。オープンキッチンにして板長で寿司(すし)職人の石田具視さんが白老牛ステーキ寿司を握る。副料理長の東井敦之さんは洋食を担当する。メニューは白老牛のステーキ、すじ煮込み、寿司、ホルモンみそ煮込み、ビール、ワインなど約20種。

 上村社長は「知識と経験を得ることによって白老のレストランでいいものを提供するのが目標」と話す。1月18~23日には京都伊勢丹で同様の「バル・ウエムラ」を出店する。
[室蘭民報]-最近の話題
室蘭地方 つり情報(2017/02/24)
目標となる農家に、新規就農者が市長と意見交換【伊達】(2017/02/24)
農業パワーアップ推進協が「伊達野菜」の魅力発信【伊達】(2017/02/24)
成果発表や体験会、26日に市民活動フェスタ【登別】(2017/02/24)
室蘭フォルクブラスカパレが3月12日に定演【室蘭】(2017/02/24)
3月5日ライオンキング開幕、俳優の中村さん室民でPR【室蘭】(2017/02/24)
クローズ中の市立室蘭水族館で稚魚誕生ラッシュ【室蘭】(2017/02/24)
室蘭信金がものづくり基金立ち上げ、地場企業サポート【室蘭】(2017/02/24)
プレミアムフライデーで消費拡大に期待【西胆振】(2017/02/24)
海星学院高生徒が海陽小児童に英語の楽しさ教える【室蘭】(2017/02/24)
来場客でにぎわう「全国うまいもの大会」
↑最近の写真
特集・道の駅
もりもと「十勝若牛」カレーパン発売 台風被害の清水町支援

実用化へ改善点探る 寒冷地仕様のEV、苫高専でテスト走行

恵庭北高出ミステリー作家・嶋戸さん 市立図書館にエッセー寄稿

岡山・西大寺から桃の花 千歳市役所などにプレゼント

スキーや越冬野菜収穫など・日本YEG全国大会【名寄】

全国のうまいもの集合 28日まで藤丸催し【帯広】

初のCD 100枚完売 ジャズスクール【広尾】

ハルキストがっかり…新作届かず JR室蘭線脱線事故【帯広】

目標となる農家に、新規就農者が市長と意見交換【伊達】

農業パワーアップ推進協が「伊達野菜」の魅力発信【伊達】

成果発表や体験会、26日に市民活動フェスタ【登別】

室蘭フォルクブラスカパレが3月12日に定演【室蘭】

3月5日ライオンキング開幕、俳優の中村さん室民でPR【室蘭】

400点のおもちゃで交流・26日に「おもちゃ博」【名寄】

登別グループホーム友の会が26日に音楽祭【登別】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(2月19日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

門別漁港のチカ、満潮時は入れ食い

「うまい」白老グルメ、札幌で牛肉まつり冬の陣【札幌】

洞爺湖の道の駅に地元野菜使ったおでんが週末限定登場【洞爺湖】

手作りにこだわった小春ちゃんの「ゴボウの漬物」【伊達】

伊勢丹で白老牛PR、ウエムラ牧場が西洋風居酒屋出店【白老】

母恋めし本舗がヤヤン昆布使いドレッシング発売【室蘭】

根室新聞(168)

室蘭民報(766)

名寄新聞(89)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(34)

日高報知新聞(158)

函館新聞(201)

苫小牧民報(193)

釧路新聞(60)

十勝毎日新聞(320)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)