北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  国稀酒造大吟醸 仕込…
国稀酒造大吟醸 仕込みが本格化【増毛】
日刊留萌新聞 - 2017/01/12 18:08
麹室で床もみ作業を行う国稀酒造の酒造り職人
 国内最北の酒蔵として知られる国稀酒造株式会社(本社・増毛町、林眞二社長)では、大吟醸酒の仕込み作業が順調に進んでいる。

 低温発酵で造られる大吟醸酒の仕込み作業は気温が低く雑菌が少ない今の時期に行われる。

 現在は、兵庫県産の酒造米「山田錦」を38%の精米率で造る「國稀大吟醸」の仕込み作業が行われ、精米した酒造米を研ぎ、洗米、水を吸わせる浸漬(しんせき)、蒸し、放冷のあと種麹(こうじ)を振り掛け、蒸し米と麹を混ぜ合わせる「床もみ作業」を経て、木製の木箱に小分けして麹菌を増殖。温度や湿度を調整しながら手でほぐして酒母(もと)を完成させる。酒造り職人たちは細心の注意を払いながら取り組んでいる。

 今後はタンクに蒸し米、完成した酒母、麹と暑寒別岳の伏流水を投入し、発酵を進めていく。

 「國稀大吟醸」は、一升瓶(1・8リットル)で1万446円、720ミリリットルが4177円の価格で、今年夏ごろに同社売店や小売店に並ぶ。
[日刊留萌新聞]-最近の話題
米・食味分析鑑定コンクール 三口さん特別優秀賞【小平】(2017/01/20)
天塩和敬道場 剣道大会で全国でベスト8に【天塩】(2017/01/17)
中学校新人剣道大会 天塩男子が全道制覇【天塩】(2017/01/14)
留萌信金 日本酒ラベルでカズノコのマチPR【留萌】(2017/01/04)
正月ムードを演出 伝統の和凧53点【羽幌】(2016/12/29)
サンタバスに笑顔 イブのひととき満喫【羽幌】(2016/12/26)
焼尻小中学校 伝統のタコ薫製づくり【羽幌】(2016/12/21)
平野愛実ちゃん 夢のケーキで最高賞【苫前】(2016/12/13)
キッズビジネスタウン 児童が仕事と消費体験【留萌】(2016/12/12)
サンタと記念撮影 子供の笑顔広がる【留萌】(2016/12/12)
北方領土での共同経済活動実現に向けた検討協議会が初会合
↑最近の写真
特集・道の駅
「ジャンボ滑り台」に 大沼湖水氷続々と切り出し【七飯】

シエスタ4月22日開業 テナント構成決まる【函館】

釧路、根室の情報

北方四島共同経済活動 実現に向け検討協議会【根室】

市役所展望室から海氷観測を開始【根室】

芭蕉同窓会第86回総会 余興にぎやかに懇親会も【根室】

小は〝三石蓬莱の嵐”

各年代代表が安全宣言

苫小牧のホッキ貝 水揚げ16年連続日本一

今季一番の冷え込み・下川で氷点下30.7度

自慢のタラコ唇求む! 来月26日に鹿部で世界選手権【鹿部】

干支文字焼きや花火…2月4日にスターフェスタ【厚真】

2月17日からアイスキャンドルミュージアム【下川】

増子さん独特の作品並ぶグラスリッツェン絵画展【室蘭】

2月5日ホタテ釣りジュニア選手権大会【豊浦】

室蘭地方 つり情報

樽前沖のソウハチ、シーズン続く

十勝からの情報(1月15日ごろ)

ポロト湖のワカサギ釣り解禁、昨季より5日早く【白老】

釧路、根室の情報

手作りにこだわった小春ちゃんの「ゴボウの漬物」【伊達】

伊勢丹で白老牛PR、ウエムラ牧場が西洋風居酒屋出店【白老】

母恋めし本舗がヤヤン昆布使いドレッシング発売【室蘭】

2月15、16日に札幌で「白老牛肉まつり冬の陣」【札幌】

「登別牛乳カステラ」完成、きょうから販売【登別】

根室新聞(196)

室蘭民報(749)

名寄新聞(90)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(31)

日高報知新聞(162)

函館新聞(206)

苫小牧民報(168)

釧路新聞(60)

十勝毎日新聞(326)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)