北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  “アート”で頑張る人…
“アート”で頑張る人と共に世界へ 希望の家で創作指導【根室】
根室新聞 - 2017/03/11 18:22
希望の家で利用者に絵画指導をするSatolyさん(左)
 独創的なタッチで作品に命を吹き込む市内在住の画家、Satolyさん=本名・菊地里郁さん(31)=は、絵画指導のボランティアとして市内の福祉施設、社会福祉法人希望の家を定期的に訪れ、アートを通じて利用者らとの交流を深めている。

 Satolyさんは月1回、同施設を訪問し、利用者に作品づくりを指導している。「大切な時に周囲に助けられたので、自分も絵でなにか恩返しがしたい」という思いで平成27年から継続してボランティア活動をしている。

 9日には、Satolyさんが描いたフクロウや花の絵に利用者が色鉛筆で色を塗りながら、絵画の楽しさに触れた。このほか、紙粘土でダルマ型などのキーホルダーを作り、芸術への関心をより一層深めていた。

 Satolyさんは、3歳から18歳まで根室で育ち、高校卒業後は東京の看護学校へ進学。平成19年に正看護師となり、約5年間勤務したが、同24年にさまざまな壁にぶつかり休職。頭に思い浮かんだ絵を描き、SNS上に投稿したところ周囲から応援の声が上がり、同25年からアーティストとしての活動を開始した。

 自身の経験から、障がいや病気から生まれる周囲からの偏見、差別に疑問を抱くことが多くなり「ハンディがあっても全力で頑張っている人たちの力になりたい」と、平成26年から北海道、東京、沖縄などの盲学校でボランティア活動に力を入れ始めた。

 今後の活動についてSatolyさんは「2020年のパラリンピック開催に向けて活動し、ハンディがある子どもや大人たちと一緒に描いた日本を題材にした作品を展示していきたい」と、意欲を示している。また、今年4月にはスペインの視覚障害者協会(ONCE)で日本人アーティスト初のワークショップを開催する予定だ。
[根室新聞]-最近の話題
根室市商連 ポイントカード導入へ“郷土愛”感じられるものに(2017/04/25)
公衆浴場廃業で入浴困難に 地区住民へ支援策検討【根室】(2017/04/22)
22日はスワンの日 特製チョコケーキ販売【根室】(2017/04/21)
根室地区、主産地で唯一増産 28年度道産コンブ格付け【根室】(2017/04/21)
「原点の責務、返還運動積極的に」北方同盟根室支部総会【根室】(2017/04/20)
花咲音頭の“謎”解明 作詞は国語学者・飯田廣太郎【根室】(2017/04/19)
4月4日“流氷終日”市と観光協会 今季の観測終了【根室】(2017/04/18)
高齢社会でも学びに生きがいを 寿大学入学式【根室】(2017/04/18)
日ロ共同経済活動 実現に向け首相補佐官ら視察【根室】(2017/04/15)
根室交通トラベル バス旅多彩に企画【根室】(2017/04/15)
28日で閉店する喫茶ハーモニーのスタッフ。最終日まで笑顔で接客する
↑最近の写真
特集・道の駅
富岸ファイターズが野球の楽しさ教え35年【登別】

第二名水亭を一部リニューアル、28日オープン【伊達】

「放水始め」―温泉街で消防署などが合同訓練【登別】

地域と触れ合い12年、喫茶ハーモニーが28日閉店【登別】

製鉄記念室蘭病院に糖尿病内科を新設【室蘭】

カレーラーメンのスタンプラリー今年も実施【室蘭】

室蘭やきとりの知名度アップに貢献、石塚和義さん死去【室蘭】

工場群包む幻想的光景、村田さんが雲海を撮影【室蘭】

ふっくりんこの地ビールJA新はこだてが品質検討会【七飯】

観光パンフレット人気ランキング函館初の1位【函館】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

恐竜ファン必見、29日から「玉手箱」展【苫小牧】

洞爺湖ロングラン花火大会が28日からスタート【洞爺湖】

西胆振の冬を切り取る…「チーム雲海」が写真展【登別】

6月に「墨描・中国人強制連行の図」展示会【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

十勝からの情報(4月16日ごろ)

釧路・根室の情報

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

洞爺観光ホテル「春の和膳プラン」が好評、5月末まで【洞爺湖】

根室新聞(121)

室蘭民報(805)

名寄新聞(69)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(25)

日高報知新聞(168)

函館新聞(201)

苫小牧民報(219)

釧路新聞(72)

十勝毎日新聞(318)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)