北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  アイヌ・ロシア語通訳…
アイヌ・ロシア語通訳 上原熊次郎の半生たどる【函館】
函館新聞 - 2017/03/19 23:52
ゴローニン事件でも重要な活躍をした上原熊次郎を描いた小説作品「北門の功労者」
 江戸の風情や人情を感じさせる小説の朗読に日本舞踊のしぐさを交えた「江戸がたり」家元の寿々方(すずかた)さん=東京都在住=が、江戸時代後期にアイヌ語やロシア語の通訳として活躍した上原熊次郎有次(生没年不詳)について「北門の功労者-アイヌ語通訳・上原熊次郎」としてまとめた。松前町にルーツを持つ寿々方さんの先祖ともかかわり深い人物で、史実を交えながら、誠実で人情味あふれる熊次郎の人生を書き記した。

 熊次郎は松前の生まれとされ、若いころからアイヌ語が得意で、千島や樺太の探検にも同行。1792年に最古のアイヌ語辞書「もしほ草(蝦夷方言藻汐草(もしほぐさ)」、1825年に「蝦夷語集」を執筆。松前奉行所ではロシア語通訳として活躍した。

 寿々方さんの父方は松前にルーツを持つ。先祖の「吉田和右エ門」は「松前藩の奥右筆」と伝えられ、調べると和右エ門の実父が「熊次郎」であることが分かった。

 その人生をたどると、熊次郎が登場する文献は多くはないが、日ロ関係史や函館史に残る重大事件「ゴローニン事件(1811年)」で松前にとらえられたロシア軍艦艦長ゴローニンによる「日本幽囚記」に頻繁に登場する。寿々方さんはこうした熊次郎に関する資料などを集め、昨年3月ごろから執筆を始めた「北門の功労者」では史実をたどった部分に、さまざまな資料から垣間見える熊次郎の実直で人情味あふれる人物像を小説形式で書いた。

 執筆を進める中で、吉田家で「和右エ門」を名乗った熊次郎の二男は、後に上原家に戻り、先祖の和右エ門とは別人であることも分かった。寿々方さんは「血縁はなかったが、歴史を深く勉強し、ひとりの人間のことをあぶり出すことができた。熊次郎は誠実に生きた人で、明るく、ひょうきんな一面もあった。日本とロシアの歴史の中でそんな人がいたことを知ってもらいたい」と話している。

 A5判100ページで700部発行した。1冊1300円(送料込み)。購入希望者は、住所、氏名、電話番号、購入数を記載し、ファクス(03・3269・4158)、電子メール(suzukata@edogatari.jp)、はがき(〒162・0816 東京都新宿区白銀町2の14の208 江戸がたり 寿々方)に申し込む。申込者に振込用紙を送付する。

[函館新聞]-最近の話題
ふっくりんこの地ビールJA新はこだてが品質検討会【七飯】(2017/04/26)
観光パンフレット人気ランキング函館初の1位【函館】(2017/04/26)
手打ちそばサークル「函館白花」、大会や試験で活躍【函館】(2017/04/25)
「イカすニモカ」 運用開始1カ月で6000枚超販売【函館】(2017/04/25)
新造船「カランセ奥尻」江差に初入港【江差】(2017/04/24)
松前でサクラ開花、桜前線が本道上陸【松前】(2017/04/24)
市民有志のまち歩きガイド「縁ジョイ倶楽部」【函館】(2017/04/23)
シエスタハコダテ開業 【函館】(2017/04/23)
西部地区バル街にぎわう【函館】(2017/04/22)
北斗市、引っ越し費用補助で移住促進へ【函館 北斗】(2017/04/22)
28日で閉店する喫茶ハーモニーのスタッフ。最終日まで笑顔で接客する
↑最近の写真
特集・道の駅
富岸ファイターズが野球の楽しさ教え35年【登別】

第二名水亭を一部リニューアル、28日オープン【伊達】

「放水始め」―温泉街で消防署などが合同訓練【登別】

地域と触れ合い12年、喫茶ハーモニーが28日閉店【登別】

製鉄記念室蘭病院に糖尿病内科を新設【室蘭】

カレーラーメンのスタンプラリー今年も実施【室蘭】

室蘭やきとりの知名度アップに貢献、石塚和義さん死去【室蘭】

工場群包む幻想的光景、村田さんが雲海を撮影【室蘭】

ふっくりんこの地ビールJA新はこだてが品質検討会【七飯】

観光パンフレット人気ランキング函館初の1位【函館】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

恐竜ファン必見、29日から「玉手箱」展【苫小牧】

洞爺湖ロングラン花火大会が28日からスタート【洞爺湖】

西胆振の冬を切り取る…「チーム雲海」が写真展【登別】

6月に「墨描・中国人強制連行の図」展示会【室蘭】

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

十勝からの情報(4月16日ごろ)

釧路・根室の情報

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

洞爺観光ホテル「春の和膳プラン」が好評、5月末まで【洞爺湖】

根室新聞(121)

室蘭民報(805)

名寄新聞(69)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(25)

日高報知新聞(168)

函館新聞(201)

苫小牧民報(219)

釧路新聞(72)

十勝毎日新聞(318)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)