北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  サンライバ今季の営業…
サンライバ今季の営業終了、入り込みは4万人増【登別】
室蘭民報 - 2017/03/21 12:35
青空の下で今シーズン最後の滑りを楽しむスキーヤー
 登別市カルルス町にあるカルルス温泉サンライバスキー場(佐藤義雄支配人)は20日、今シーズンの営業を終了した。昨年12月17日にオープンし来場者の目安となる「リフト搬送人員」は昨シーズンより4万人ほど上回る約28万人。最終日は家族連れらが訪れスキーやスノーボードを楽しんだ。

 同スキー場によると、今シーズンの営業日数は94日。順調にオープンを迎えられたのと、早くからの積雪に恵まれたのが営業日数の増加につながった。すっかり定着した「手ぶらでいぶり」や「バレンタイン・ホワイトデーイベント」など独自の企画も人気を集めたほか、訪日外国人客の増加、修学旅行も昨年同様の6校約千人が利用した。

 最終日の積雪は最近では珍しく約50センチ以上を維持。天候も青空が広がる絶好のコンディション。午前10時ごろから家族連れやカップルが来場。名残惜しむようゲレンデの雪質を確かめながら、思い思いにシュプールを描いていた。

 佐藤支配人は「今シーズンはスタートからゲレンデ状態が良かった。子ども連れの家族利用も増え来シーズンに期待が持てる。増える外国人観光客には、言葉を含め対応の充実を図りたい」と来季を見据え話していた。
[室蘭民報]-最近の話題
「金魚万華鏡」が幻想的、マリンパークで29日から公開【登別】(2017/04/28)
「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】(2017/04/28)
本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】(2017/04/28)
幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】(2017/04/28)
地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】(2017/04/28)
帯広の看板落下事故受け室蘭でも点検依頼相次ぐ【室蘭】(2017/04/28)
町幹部と町内会長がごみ対策などで意見交換【白老】(2017/04/27)
昨年度の洞爺湖温泉観光入り込み数は69万8千人【洞爺湖】(2017/04/27)
今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】(2017/04/27)
日本工学院で留学生対象の「日本講座」スタート【登別】(2017/04/27)
↑最近の写真
特集・道の駅
幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

GW幕開け 動物園夏季開園にぎわう【帯広】

古代小麦で熱中小ピザ 特産品作りへ種まき【更別】

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(794)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(204)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)