北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ばんえい記念 売上額…
ばんえい記念 売上額最多 5800万円【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/03/21 13:50
今季最大のレースを見ようと帯広競馬場のスタンドは大勢の観光客やばんえいファンでいっぱいになった
 ばんえい十勝の今年度の最高峰レース「農林水産大臣賞典 第49回ばんえい記念」が行われた20日の帯広競馬場は、終日多くの観光客やファンらでにぎわいを見せた。同レースの売り上げは昨年(4291万5900円)を大きく超える5808万1400円に上り、市単独開催以降の最高額を記録した。

 同日の来場者数は4767人で、昨年のばんえい記念開催日の4443人を約300人上回った。1日の売上額も昨年同日(1億3038万6800円)を大きく超える1億5476万8700円を記録。単独開催10年目の節目の年の終盤に、うれしい話題が盛りだくさんとなった。
帯広競場内では優勝馬を予想する親など、家族でばんえい競馬を楽しむ姿も見られた
 3連休となった18~20日に、同競馬場ではばんえい記念の関連イベントやブースを多数催し、来場するファンらを楽しませた。場内南側では食とレースを楽しめる「ばんえい記念ハウス」を初めて設置。来場者はハウス内のスクリーンでレース中継を楽しみながら十勝の味覚を味わった。

 ばんえい記念が始まる20日午後5時15分前には、コース前広場やスタンドには大勢のファンが集合。レースの始まりとともに、ばん馬や騎手たちに大きな声援が送られ、今季の大一番の行く末を見守った。

 市内から来場した脇條広基さん(23)と西井千瑳さん(21)は「レースを見るのは初めてだが、面白かった」と話していた。

 同広報は「開催中は遠方からの来場者も多く確認することができた。全国のファンと一体になることのできた1日だった」と喜びの声で話していた。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
日罐十勝工場が再開 浸水から10カ月ぶり【芽室】(2017/06/28)
高倉健特別展へ大作の映画看板 山元さん制作【芽室】(2017/06/28)
清水宏保さん レース心待ち 十勝スピードウェイ試走【更別】(2017/06/28)
たわわな実り手摘み ハスカップ狩り【士幌】(2017/06/27)
あいざわ農園ワイン発売 7月に2種類【帯広・池田】(2017/06/27)
無病息災願い茅の輪 帯廣神社【帯広】(2017/06/27)
1番牧草 質良好 収穫作業進む【十勝】(2017/06/26)
三条10年連続切符 NHK全国高校放送コン【帯広】(2017/06/26)
商工会議所に「礼拝所」開設 ムスリム対応【帯広】(2017/06/26)
幸福・愛国駅 旅の思い出に… 切符付き台紙発売【帯広】(2017/06/25)
山頂の神秘的な風景を楽しむ参加者たち
↑最近の写真
特集・道の駅
のさっぷ号に乗ってみよう! 8日に無料乗車体験【根室】

マイワシPR 首都圏で脂乗りや大きさ好評【根室】

「良い体験ができた」

100㌢障害は森田選手

幻想的な風景に感動・松山湿原とニウプ自然探勝【美深】

日罐十勝工場が再開 浸水から10カ月ぶり【芽室】

高倉健特別展へ大作の映画看板 山元さん制作【芽室】

清水宏保さん レース心待ち 十勝スピードウェイ試走【更別】

恋人海岸に笑顔広がる、京王幼稚園園児が磯遊び【伊達】

有珠善光寺境内「織部灯篭」の由来碑が復元【伊達】

8、9日にゆるキャラフェス―103体が集結【苫小牧】

ホテル平安で1日からビアガーデン開催【登別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

「有珠メロン」甘い香り、国道沿いで直売始まる【伊達】

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

根室新聞(102)

室蘭民報(817)

名寄新聞(53)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(213)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(330)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)