北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ばんえい記念 売上額…
ばんえい記念 売上額最多 5800万円【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/03/21 13:50
今季最大のレースを見ようと帯広競馬場のスタンドは大勢の観光客やばんえいファンでいっぱいになった
 ばんえい十勝の今年度の最高峰レース「農林水産大臣賞典 第49回ばんえい記念」が行われた20日の帯広競馬場は、終日多くの観光客やファンらでにぎわいを見せた。同レースの売り上げは昨年(4291万5900円)を大きく超える5808万1400円に上り、市単独開催以降の最高額を記録した。

 同日の来場者数は4767人で、昨年のばんえい記念開催日の4443人を約300人上回った。1日の売上額も昨年同日(1億3038万6800円)を大きく超える1億5476万8700円を記録。単独開催10年目の節目の年の終盤に、うれしい話題が盛りだくさんとなった。
帯広競場内では優勝馬を予想する親など、家族でばんえい競馬を楽しむ姿も見られた
 3連休となった18~20日に、同競馬場ではばんえい記念の関連イベントやブースを多数催し、来場するファンらを楽しませた。場内南側では食とレースを楽しめる「ばんえい記念ハウス」を初めて設置。来場者はハウス内のスクリーンでレース中継を楽しみながら十勝の味覚を味わった。

 ばんえい記念が始まる20日午後5時15分前には、コース前広場やスタンドには大勢のファンが集合。レースの始まりとともに、ばん馬や騎手たちに大きな声援が送られ、今季の大一番の行く末を見守った。

 市内から来場した脇條広基さん(23)と西井千瑳さん(21)は「レースを見るのは初めてだが、面白かった」と話していた。

 同広報は「開催中は遠方からの来場者も多く確認することができた。全国のファンと一体になることのできた1日だった」と喜びの声で話していた。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】(2017/04/30)
「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】(2017/04/30)
先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】(2017/04/30)
GW幕開け 動物園夏季開園にぎわう【帯広】(2017/04/29)
古代小麦で熱中小ピザ 特産品作りへ種まき【更別】(2017/04/29)
「山女魚園」8カ月ぶり再開 台風10号で釣り堀被災【清水】(2017/04/29)
マジックの聖地に 「国内唯一」博物館【帯広】(2017/04/28)
クマ間近に 今季開園控え児童を招待【新得】(2017/04/28)
十勝食材で新作パン 資源循環 第1弾 満寿屋商店【帯広】(2017/04/28)
ビート苗 畑で青々【芽室】(2017/04/27)
ちょうちんでライトアップされた五稜郭公園のサクラ
↑最近の写真
特集・道の駅
幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

GW幕開け 動物園夏季開園にぎわう【帯広】

古代小麦で熱中小ピザ 特産品作りへ種まき【更別】

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(794)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(204)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)