北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  多彩な資源、宣伝強化…
多彩な資源、宣伝強化へ 市観光協会総会開く【根室】
根室新聞 - 2017/04/14 17:10
根室市観光協会の平成29年度通常総会
 根室市観光協会の平成29年度通常総会が、13日午後1時半から総合文化会館で開かれた。就任1年目を終えた小林茂会長は「多くの会員に支えられた」と感謝し、新年度に向けて広域観光、インバウンドの取り込み、ホスピタリティの取り組みのほか「北方領土での日ロ共同経済活動について注視していきたい」と述べた。

 総会では28年度の事業報告、収支決算報告、監査報告と29年度事業方針・計画案、収支予算案、借入限度額の設定について審議。いずれも議案通り承認した。

 事業報告では、組織強化として取り組んだ会員拡大について、新規加入が9件あったものの、退会が4件で差し引き5件増となり、現会員数は247件、875口となったことを報告。このほか、観光行事の運営方法の見直しでは、10回目となった「ねむろバードランドフェスティバル」で、ねむろトコロジストの会による新規プログラムの実施をはじめ、実行委員が企画立案から実施まで積極的に関わるなど取り組みを進めた。また、3カ年計画で進めた根室野鳥観光ビジネススクールは、最終年度を迎え、これまで学んだことを生かすため「ガイドブックデータ」を作成した。同スクールには3カ年で延べ27人が受講した。

 新年度事業計画では、事業方針として食や自然、野鳥、歴史と文化など恵まれた観光資源を結びつけ「観光振興とまちづくりが一体となった『味覚観光都市ねむろ』の推進」、地域間連携の強化とプロモーション活動の積極的な展開などを掲げた。また、具体的な重点事項として外国人観光客に対する情報発信・受け入れ態勢の強化、自然野鳥観光の受け入れ態勢の強化、情報の収集と提供などを挙げた。

 会員からは「事業計画に法人化に向けた調査が毎年挙げられているが、いつ法人化するのか」、「根室で最も天気の良い9月下旬から10月にもイベントを行ってほしい」、「冬期間、市民の森の野鳥観察小屋まで除雪してほしい」などの声があった。

 総会に先立ち、小林会長は「この一年、多くの会員に支えられた」と感謝するとともに、新年度の取り組みとして広域観光の推進、インバウンドの取り込み、ホスピタリティの取り組みなどを示しながら「根室の観光振興に努めたい」とあらためて決意を述べるとともに「北方領土での日ロ共同経済活動の実現に向けた協議が進められている。協会としても注視していきたい」とした。
[根室新聞]-最近の話題
種苗生産3年目のホッカイシマエビ【根室】(2017/06/26)
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】(2017/06/24)
市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】(2017/06/24)
択捉島へ自由訪問出発 晴天の下、元気に乗船【根室】(2017/06/23)
EPJO 日露フェスへ【根室】(2017/06/23)
視界晴れず 北方領土空路墓参中止、再調整へ【根室】(2017/06/20)
根室半島磯釣全道大会 道内から165人が釣果競う【根室】(2017/06/20)
四島ビザなし受け入れ第2陣 ファミリー訪問団到着【根室】(2017/06/16)
青の視界に白波映え 貝殻島コンブ出漁【根室】(2017/06/13)
北の勝「本醸造 冷用酒」蔵出し【根室】(2017/06/09)
支笏湖名産のヒメマス塩焼きは人気だった
↑最近の写真
特集・道の駅
新会長に木田尚孝さん(浦河)

「長さ130㍍」のしめ縄飾る

安らかな眠り神に祈る 苫小牧市美術博物館保管の先祖の遺骨

種苗生産3年目のホッカイシマエビ【根室】

第5回ヒルクライムタイムトライアル 186人が雨の中疾走

北極海航路の資材運搬船が苫小牧港に入港 ハブ港化に強い期待

初夏の支笏湖満喫 湖水まつりにぎわう

安平の焼酎・馬歯酒 今夏に販売

1番牧草 質良好 収穫作業進む【十勝】

三条10年連続切符 NHK全国高校放送コン【帯広】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(101)

室蘭民報(808)

名寄新聞(54)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(219)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(334)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)