北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  根室交通トラベル バ…
根室交通トラベル バス旅多彩に企画【根室】
根室新聞 - 2017/04/15 18:50
バスで行く北海道の旅に活躍する根室交通のツアー用バス
 根室交通の旅行業部門、根室交通トラベルサービスは、今年度も日帰りや宿泊のバスツアーを多彩に計画している。5月の大型連休明けには、北海道新幹線に乗って青函トンネルを往復するとともに、松前の桜を鑑賞するツアーを企画したところ、申し込み好調で定員まで残りわずかとなっている。

 道内は今月下旬から5月上旬にかけての大型連休で春の観光シーズンが幕開けし、連休明け以降春から夏へと移り変わる北海道ならではの雄大な景色を楽しみながら道内を回るバスツアーが盛んになる。

 根室交通トラベルは今年も、道内各地の特色を生かしたツアーを計画している。5月のツアー第1弾には、北海道新幹線の乗車を組み合わせた「松前・五稜郭・函館と層雲峡温泉プラン」(5月7日~11日)を企画した。

 7日午前6時半に根室駅前ターミナルを出発して洞爺湖温泉(洞爺湖畔亭)に一泊、函館に二泊、層雲峡に一泊して11日午後3時に根室駅前ターミナルに戻る旅程を組んだ。江差、松前、函館、大沼、五稜郭などを観光するほか、新函館北斗駅から北海道新幹線に乗り、新青森駅間を往復する。旅行代金は宿泊タイプが2名一室でひとり13万3,000円。3名以上一室でひとり12万9,000円。

 根室交通トラベルでは「北海道新幹線で青函トンネルをくぐる旅は素晴らしい思い出として刻まれるはず。さくらの名所百選にもなっている松前公園の約250種、1万本に及ぶ桜が競い合う風景も楽しんでほしい」とPRする。

 申し込み締め切りは22日だが、人気上々で残りわずかとなっており「申し込みは早めに」とも呼び掛けている。

 同ツアーの後には、定番の東藻琴芝桜お花見ツアーやいちご狩り、さくらんぼ狩りに加えて、先ごろねむろ後援会が誕生して市内での応援ムードが高まっている北海道日本ハムファイターズの応援観戦ツアーを、7月25日の釧路市での公式戦に合わせて計画している。

 バスツアーに関する問い合わせ、申し込みは根室交通トラベルサービス(℡0153-24-5366)へ。

 函館ツアー以降の主な企画は次のとおり。

 ▽東藻琴芝桜お花見ツアー(5月21日)▽幕別いちご狩り日帰りツアー(6月25日)▽美瑛の丘を満喫するラベンダー鑑賞・さくらんぼ狩りツアー(7月9日~11日)▽網走さくらんぼ狩り日帰りツアー(7月23日)▽日本ハムファイターズ応援観戦ツアー(7月25日)▽きたみ菊まつり&ぶどう狩りツアー(10月22日)▽山花温泉日帰り入浴ツアー(平成30年3月18日)
[根室新聞]-最近の話題
種苗生産3年目のホッカイシマエビ【根室】(2017/06/26)
10月に道東都市町内会長大会 要綱決まる【根室】(2017/06/24)
市場に煮エビど~んと 湾中前浜でかご漁始まる【根室】(2017/06/24)
択捉島へ自由訪問出発 晴天の下、元気に乗船【根室】(2017/06/23)
EPJO 日露フェスへ【根室】(2017/06/23)
視界晴れず 北方領土空路墓参中止、再調整へ【根室】(2017/06/20)
根室半島磯釣全道大会 道内から165人が釣果競う【根室】(2017/06/20)
四島ビザなし受け入れ第2陣 ファミリー訪問団到着【根室】(2017/06/16)
青の視界に白波映え 貝殻島コンブ出漁【根室】(2017/06/13)
北の勝「本醸造 冷用酒」蔵出し【根室】(2017/06/09)
水槽飼育で1センチほどに成長している稚エビ
↑最近の写真
特集・道の駅
新会長に木田尚孝さん(浦河)

「長さ130㍍」のしめ縄飾る

安らかな眠り神に祈る 苫小牧市美術博物館保管の先祖の遺骨

種苗生産3年目のホッカイシマエビ【根室】

第5回ヒルクライムタイムトライアル 186人が雨の中疾走

北極海航路の資材運搬船が苫小牧港に入港 ハブ港化に強い期待

初夏の支笏湖満喫 湖水まつりにぎわう

安平の焼酎・馬歯酒 今夏に販売

1番牧草 質良好 収穫作業進む【十勝】

三条10年連続切符 NHK全国高校放送コン【帯広】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(101)

室蘭民報(808)

名寄新聞(54)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(219)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(334)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)