北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  郷土資料館の包丁研ぎ…
郷土資料館の包丁研ぎ体験で切れ味復活、気分爽快【登別】
室蘭民報 - 2017/04/20 12:37
真剣に包丁を研ぐ参加者
 登別市郷土資料館主催の「包丁研ぎ体験」が15日、片倉町の同館で行われ、参加者27人が包丁の切れ味を復活させた。

 昔ながらの研ぎ方を学び、切れ味が悪くなった包丁をよみがえらせよう―と、年2回(4、12月)実施している人気企画。同館を支えるボランティアグループ・SLGの工藤章造会長はじめ、メンバーが講師を務めた。

 工藤会長が「砥石(といし)は15分くらい水につけてから」「その包丁に合った角度に調整して」など、研ぎ方のポイントを説明。参加者は持参した刺し身包丁、果物ナイフなどを手際よく丁寧に研いでいた。

 出刃包丁などを持参した、市内新川町の奥田八重子さん(68)は「まったく切れ味が違います。気分爽快ですね」と笑顔を見せていた。
[室蘭民報]-最近の話題
右へ左へパパとドリブル、清泉幼稚園がサッカー教室【室蘭】(2017/06/26)
ぴっころサッカーLで胆振管内外チームと室蘭勢が交流【室蘭】(2017/06/26)
Shanしゃん共和国で元気響く「建国祭」【室蘭】(2017/06/26)
室蘭へようこそ、ノックスビルの中学生が来市【室蘭】(2017/06/26)
海星学院高の女子バスケがインターハイ出場【室蘭】(2017/06/26)
温泉街にコスプレーヤー大集結【洞爺湖】(2017/06/26)
就労継続支援施設「月とらいおん」が記念式典【登別】(2017/06/26)
登別市内トップ切り鷲別神社祭~晴天、境内に歓声【登別】(2017/06/26)
室工大の明徳祭―出店やビアガーデン、ライブも企画(2017/06/26)
しゃんしゃん建国祭~ストリートサッカー大にぎわい【室蘭】(2017/06/26)
支笏湖名産のヒメマス塩焼きは人気だった
↑最近の写真
特集・道の駅
新会長に木田尚孝さん(浦河)

「長さ130㍍」のしめ縄飾る

安らかな眠り神に祈る 苫小牧市美術博物館保管の先祖の遺骨

種苗生産3年目のホッカイシマエビ【根室】

第5回ヒルクライムタイムトライアル 186人が雨の中疾走

北極海航路の資材運搬船が苫小牧港に入港 ハブ港化に強い期待

初夏の支笏湖満喫 湖水まつりにぎわう

安平の焼酎・馬歯酒 今夏に販売

1番牧草 質良好 収穫作業進む【十勝】

三条10年連続切符 NHK全国高校放送コン【帯広】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(101)

室蘭民報(808)

名寄新聞(54)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(219)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(334)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)