北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  日本航空専門学校で5…
日本航空専門学校で5月ドローンスクール開講へ【白老】
室蘭民報 - 2017/04/21 11:29
「ドローンの一大教育機関にしたい」と意欲を示す那須総務部長
 来年春にドローン(小型無人機)コースを新設する日本航空専門学校白老キャンパスは、社会人を対象にした短期のドローンパイロットスクールを5月から定期開講する。白老滑空場(北吉原)を会場に学科6時間、実技2時間、飛行訓練16時間の6日間を計画している。日程は調整中。

 同校を運営する日本航空学園(山梨)の公益財団法人・日本航空教育協会が2016年(平成28年)にドローンのパイロットスクールを開講したところ申込者が少なくなかった。同校はさまざまな業界でドローンへの需要が拡大、急速にオペレーターが必要になっていると判断、短期ドローンスクールを開講し、社会人のニーズにこたえることにした。

 同協会のインストラクターが講師を務め、機体管理や法律、航空気象などの座学、ドローンの組み立てやプログラミング、機能調整、テスト飛行などの実技、ホバリングや8字飛行、撮影飛行などの訓練を指導する。修了者には一般社団法人・日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定ライセンスが付与される。

 これに先立ち、参加無料のドローン操縦体験会を22日午前9時から白老滑空場で開催する。参加申し込み、問い合わせは白老キャンパス、電話0144・82局5555番。

 同キャンパスは来春、航空機の客室乗務員や空港の地上係員などを養成するエアラインコースを千歳キャンパスに移設し、2年制のドローンコースを新設する。社会人対象の短期ドローンパイロットスクールを加えることで「ドローンの一大教育機関にしたい」(那須雅人総務部長)考えだ。
[室蘭民報]-最近の話題
8、9日にゆるキャラフェス―103体が集結【苫小牧】(2017/06/28)
恋人海岸に笑顔広がる、京王幼稚園園児が磯遊び【伊達】(2017/06/28)
有珠善光寺境内「織部灯篭」の由来碑が復元【伊達】(2017/06/28)
全市観光推進に向け4団体・機関のトップが会議【登別】(2017/06/28)
パーキンソン病患者の7割が手足の震え【室蘭】(2017/06/28)
日・台共同臨床研究で医療や介護施設を視察【室蘭】(2017/06/28)
不法投棄やめて、室蘭市などが多発地帯を重点的に巡回【室蘭】(2017/06/28)
親子や女性にも将棋人気、地域で関心高まる【室蘭】(2017/06/28)
大会に備えきびきび、消防団が気合入れ訓練【室蘭】(2017/06/28)
瑞泉郷まつりで尾形光琳の傑作に触れる【室蘭】(2017/06/28)
無料乗車体験へ参加を呼び掛ける根室交通社員=持っているのは「のさっぷ号」のポスター
↑最近の写真
特集・道の駅
のさっぷ号に乗ってみよう! 8日に無料乗車体験【根室】

マイワシPR 首都圏で脂乗りや大きさ好評【根室】

「良い体験ができた」

100㌢障害は森田選手

幻想的な風景に感動・松山湿原とニウプ自然探勝【美深】

日罐十勝工場が再開 浸水から10カ月ぶり【芽室】

高倉健特別展へ大作の映画看板 山元さん制作【芽室】

清水宏保さん レース心待ち 十勝スピードウェイ試走【更別】

恋人海岸に笑顔広がる、京王幼稚園園児が磯遊び【伊達】

有珠善光寺境内「織部灯篭」の由来碑が復元【伊達】

8、9日にゆるキャラフェス―103体が集結【苫小牧】

ホテル平安で1日からビアガーデン開催【登別】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

「有珠メロン」甘い香り、国道沿いで直売始まる【伊達】

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

根室新聞(102)

室蘭民報(817)

名寄新聞(53)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(213)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(330)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)