北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  最東端ねむろシーサイ…
最東端ねむろシーサイドマラソン 完走者に花咲ガニ【根室】
根室新聞 - 2017/05/03 16:54
最東端ねむろシーサイドマラソンの第1回実行委員会
 北方領土返還要求運動の啓発活動として平成24年度から引き継いできた「ノサップ岬マラソン大会」が今年から「最東端ねむろシーサイドマラソン」に衣替えする。2日には実行委員会が開かれ、実行委員長に寺脇康文教育長を選出。ファミリー参加の1キロからハーフコースまで全5種目で、完走者全員にハナサキガニ1杯がプレゼントされる。参加募集は準備が整い次第、5月中旬にも開始する。

 北方領土ノサップ岬マラソン大会は、マラソンを通じ北方領土返還要求運動の国民世論を喚起することを目的に、昭和57年に北方領土復帰期成同盟が外務省の補助を受けて開催。第30回大会で廃止を打ち出したが、根室市が事業継続を要請し、24年度からは独立行政法人北方領土問題対策協会の補助を受け継続開催してきた。

 これまで、1万8,000人超が参加してきたが、当初目標としていた1,000人規模の大会に育たず、昨年度の第35回大会は悪天候だったこともあり、約730人がエントリーし完走者は486人だった。特にゴールとスタート地点が別々なワンウェイコースのため参加者の移動などに多額の経費を必要とし、屋内施設のない納沙布岬での開会式に選手から不満の声などが聴かれ、市が見直しを検討してきた。

 最東端ねむろシーサイドマラソンはこれまでの反省に立ち、ゴールとスタートを青少年センターとし、根室半島の根室湾側から北方領土の国後島を望むシーサイドラインの折り返しコースを設定。ハーフ、10キロコースのほか、ファミリーや青少年向けの5キロ、3キロ、1キロコースと種目を増やす。

 完走者全員に地元名産のハナサキガニ一杯をプレゼントするほか、給水ポイントでは根室らしい物産を提供するなど、魅力をアップ。ゴール、スタート地点ではイベントを開くほか、北方領土返還要求運動の署名活動を行うなど、従来の啓発活動としての性格も併せ持つ大会とする。

 今年の開催は8月20日で、日本郵政やインターネットサイトなど準備を進め、今月中旬にも参加申し込みを開始する予定。事務局では「過去3年間にさかのぼって出走者には新たな大会の参加申し込みを呼び掛けたい」とし、1,000人規模大会を目指し、将来的には納沙布岬を含めた50キロマラソンなども見据えている。

 なお、同実行委員会に先立ち、昨年度の第35回納沙布岬マラソン大会実行委員会が開かれ、同大会の事業、決算、監査報告とともに新たな大会へ衣替えすることになった経緯などを説明。委員からは「第1回から携わってきたので残念」との声も聴かれた。過去5年、実行委員長を務めてきた石垣雅敏副市長は「実行委員会の開催が新年度にずれ込んだことをおわびしたい」と述べるとともに「新たなスタートを切る大会にも協力をお願いしたい。これまでありがとうございました」と感謝を伝えた。
[根室新聞]-最近の話題
自転車事故の怖さ刻む スタントマン再現 高校生体験【根室】(2017/07/21)
商工会議所 フェイスブック開設 24日から運用開始【根室】(2017/07/21)
22日に限定販売「オレンジのクラフティ」 スワン44【根室】(2017/07/20)
小学生が酪農体験 明治の食育セミナーも【根室】(2017/07/19)
にぎやかに根室盆踊り 仮装や素踊りに輪広がる【根室】(2017/07/19)
根室空襲から72年 浦河丸・東裕丸の犠牲者遺族が慰霊【根室】(2017/07/18)
夏コンブ漁始まる 半島各港で活気【根室】(2017/07/18)
郷土の文芸同人誌「わたすげ」発行【根室】(2017/07/18)
自由訪問の継続に危機感 第4陣は上陸1カ所のみ【根室】(2017/07/17)
夏本番 盛大に港まつり【根室】(2017/07/17)
日本語研修で熱心に学ぶ留学生たち
↑最近の写真
特集・道の駅
韓国東義大学校学生が短期留学【名寄】

ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】

さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】

高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】

消防署と各支署が連携確認し合同火災実践訓練【豊浦】

太陽の園で陶芸やレクレーション楽しみ交流【伊達】

鉄南ふれあいフェスで露店や多彩な催し満喫【登別】

戦車試乗に行列、陸自幌別駐屯地を一般開放【登別】

のぼりべつ夏祭りで閻魔やきそばの早食い盛況【登別】

「でんじろうショー」親子ら1200人が大興奮【室蘭】

サマーフェスタで光のシャワー108連発【洞爺湖】

のぼりべつ夏の一日祭りを楽しむ、多彩な催しやグルメ【登別】

輪西神社例大祭で「子供相撲」好勝負次々【室蘭】

象徴空間開設千日前の29日に白老などでイベント【白老】

のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

たつかーむのチキンカレーがレトルトパックに【壮瞥】

根室新聞(108)

室蘭民報(840)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(169)

函館新聞(205)

苫小牧民報(181)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(332)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)