北海道ニュースリンクHOME  >  グルメ情報  >  天然酵母の蒸しパン屋…
天然酵母の蒸しパン屋「まるぱん」が11日開店【室蘭】
室蘭民報 - 2017/05/10 11:13
蒸しパンをPRする宮武さんと息子の善くん
 室蘭市大沢町の主婦、宮武千晶(32)さんが店主を務める「天然酵母の蒸しパン屋 まるぱん」があす11日、同町の自宅兼店舗で開店する。道産食材を使い、天然酵母菌で長時間低温発酵させた蒸しパンを並べる。店内では宮武さんがセレクトした子ども服も低価格で販売。親子が遊んだりする空間や庭も設けた。宮武さんは「蒸しパンと一緒に楽しい時間を過ごしてほしい」と来店を呼び掛けている。

 100~150円の基本メニュー18種類から8種類程度に限定品を加え、毎日15種類程度を並べる。卵や乳製品は使わず、体に無害とされるアルミニウムフリーのベーキングパウダーや、甘味料にミネラルやオリゴ糖を含むてん菜糖を使用。小麦や塩は道産。ニンジンやカボチャなど地元食材にこだわった蒸しパンも期間限定で提供する。

 息子の友達にも蒸しパンを振る舞い、道産の小豆や金時豆を使った「お豆ちゃん」が人気だという。

 宮武さんは過去に5年間中国でアパレル関係の仕事に従事。中国の食事は不健康なイメージを持たれがちだが、生活し漢方をはじめとする中華料理の健康観に触れ、せいろの蒸し料理が好きになった。その後帰国し結婚。以前祖父が住んでいた空き家に住み始めた。

 日本では中国の蒸しパンをほとんど見掛けない。「本格的な蒸しパンを知って」と開店を決め、2年前から庭造りに着手。昨年車庫だった1階をリフォーム。

 「子ども服の買い物を楽しめるお店がない」「かわいい服は高い」と自身が感じたことも生かした。中国の工場から直接買い付けるため、お手頃な価格。子ども服を買っている間に子どもが遊び、コーヒーや蒸しパンで一服できる空間も作った。

 午前10時半から午後4時まで(売り切れ次第終了)。定休日は日曜と月曜。同市大沢町3・3・2。問い合わせは宮武さん携帯電話090・6217・8469へ。
[室蘭民報]-最近の話題
真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】(2017/05/26)
教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】(2017/05/26)
フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】(2017/05/26)
人権擁護委員・神田さんと今泉さんが法務省局長表彰【室蘭】(2017/05/26)
巻雲俳句会が前身から通算35年、句集400号発刊【室蘭】(2017/05/26)
横綱めざしはっけよい、登別小で相撲稽古初め【登別】(2017/05/26)
室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】(2017/05/26)
室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】(2017/05/26)
室民新社屋完成記念し日鋼室蘭が人工水晶パネルを寄贈【室蘭】(2017/05/26)
縄文人の死生観に学ぶ、北黄金貝塚公園で講座【伊達】(2017/05/26)
田植えを楽しむ下士幌小の児童
↑最近の写真
特集・道の駅
酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】

GⅠ記念し200万円寄付

寄贈レコード100万枚達成!

日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ

中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流

痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】

PG体操開発 基本動作16種、全国普及へ【幕別】

酒米の豊作願い 下士幌小児童が田植え【音更】

体育祭晴天祈り最後の儀式 第一中の笹木校長【帯広】

教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

カフェ「FURAI房」に主婦2人が念願の挑戦【室蘭】

根室新聞(114)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(171)

函館新聞(204)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)