北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  6組の就農を祝う激励…
6組の就農を祝う激励会
日高報知新聞 - 2017/05/13 15:58
花束を贈られて笑顔の新規就農者たち
 新ひだか町内のミニトマト農家や農業実験センター、和牛センターで研修を終え、4月から新規就農者として町内で営農をはじめた6組の就農を祝う激励会が1日夜、静内エクリプスホテルで開かれた。

 町や農協、農業指導士などによる町農業担い手育成支援協議会(有田英二会長)主催。同協会と関係機関による町農業振興対策協議会(会長・酒井芳秀町長)は連携しながら農業後継者の育成支援をバックアップしている。農業研修制度は平成24年度から始まり、今回を含めて14組が新規就農した。

 今回就農したのは農業研修第4期生でミニトマトなどを生産している宮里剛さん、郁子さん夫妻=前住所・徳島県=、下園雄治さん、りえさん夫妻=富良野市=、中村勝美さん、睦美さん夫妻=新ひだか町=、福田昌晴さん=同=、花きを生産している松田純子さん=札幌市=、第5期生で和牛を生産している坂部友耶さん=新ひだか町=の6組。ミニトマト、花きの5組は平成27年から、坂部さんは28年から町内農家や静内目名の静内ハウス団地、町有施設で研修に励み、宮里さん夫妻と下園さん夫妻は静内東別、中村さん夫妻、福田さんは静内目名、松田さんは三石歌笛、坂部さんは三石鳧舞でそれぞれ新規就農している。

 激励会には関係者約50人が出席し、新規就農者のうち坂部さんは所用のため欠席した。有田会長や来賓の酒井町長、しずない農協の西村和夫組合長が就農者に激励のメッセージを送り、5組に酒井町長から研修の修了証書、研修先の農家から花束がそれぞれ手渡された。

 5組の就農者は「私たちだけの力ではどうしようもないことがたくさんあるので、皆さんのご指導、ご鞭撻を」、「研修期間中はあっとういう間だったと感じているが、これまでになく充実した日々を過ごすことができて感謝」、「収量確保のためにもこれからも一人でも多く私たちの後輩を引き受けてほしい」などと研修先の農家に感謝したり、これからの営農に向けて力強い決意を表明した。
[日高報知新聞]-最近の話題
GⅠ記念し200万円寄付(2017/05/26)
寄贈レコード100万枚達成!(2017/05/26)
盗掘防止へ監視活動(2017/05/25)
今年もトドマツなど600本(2017/05/25)
米作り体験スタート(2017/05/24)
漁協女性部が「魚つき植樹」(2017/05/24)
男子は静内が優勝(2017/05/23)
旬のウニに約4千人の人出(2017/05/23)
多種多様な約800点(2017/05/22)
飛渡主将(静内)選手宣誓(2017/05/22)
日本パークゴルフ協会と町教委が開発しているPG体操の基本動作の一つ
↑最近の写真
特集・道の駅
酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】

GⅠ記念し200万円寄付

寄贈レコード100万枚達成!

日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ

中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流

痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】

PG体操開発 基本動作16種、全国普及へ【幕別】

酒米の豊作願い 下士幌小児童が田植え【音更】

体育祭晴天祈り最後の儀式 第一中の笹木校長【帯広】

教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

カフェ「FURAI房」に主婦2人が念願の挑戦【室蘭】

根室新聞(114)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(171)

函館新聞(204)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)