北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ヤナギダコ採卵技法な…
ヤナギダコ採卵技法など特許出願 資源増大へ【根室】
根室新聞 - 2017/05/13 17:27
アクリル板に産み付けられたヤナギダコの卵の人工ふ化技術を確立
 根室市と東海大学は、共同で研究を進めてきたヤナギダコの資源増大に向けた採卵技法と育成技術で、特許を出願した。アクリル板に産卵させ、一度に大量の卵をふ化させる技術で、開発した市水産経済部の工藤良二水産指導主幹は「資源増大手法として種苗生産の実現が期待できる」と話している。東海大との連携協定を推進する長谷川俊輔市長は「連携協定の大きな成果。今後も連携を密にし、地域振興に役立つ開発を続けていきたい」と話している。

 根室市と東海大学海洋学部は「新産業の創出による地域振興」を目的に平成22年6月に相互協力協定を締結し、水産加工品や沿岸資源の増大対策などについて調査、開発・研究を行っている。ヤナギダコの養殖技術の開発は工藤主幹と東海大学海洋学部の秋山信彦教授が共同で研究を行ってきた。

 研究では、資源管理手法の構築に向けて、人工ふ化によるヤナギダコの生態解明から着手。2年3カ月と比較的早く成熟することを突き止めた。

 今回、特許を出願したのは、産卵するタコ壺を平面のアクリル板にすることで狭いスペースで大量の卵を管理できることに着目。タコ壺に平面のアクリル板を筒状にして設置し、アクリル板に卵を産卵させ、平面に伸ばしたアクリル板をコレクターホルダーと呼ばれる水産資材に複数枚差し込むことでこれを実現。さらに親ダコが約1年間、新鮮な水と酸素を吹きかけて卵を守ることから、人工的に水流をアクリル板の間に流すことで、親ダコがいなくてもふ化させる技術を確立させた。

 ヤナギダコは北海道の太平洋側を中心に分布。白糠町の名産とされているが、実は根室市が生産量日本一で、以前は年間5,000トンものヤナギダコが漁獲され、白糠町に出荷されていたが、近年では1,000トン前後まで資源が枯渇し、増養殖事業による資源増大が叫ばれていた。

 共同研究で実務を担当した工藤主幹は「将来のヤナギダコの増養殖事業に向けた技術防衛のための特許出願で、年度内に取得できるよう作業を進めたい」とし、この技術の確立で「親ダコがいなくてもふ化させられるので、アクリル板に産卵させた後の雌ダコを出荷することが可能で、成長が早いため資源増大対策に役立たせる」とこの先を見据えている。

 根室市では昭和63年に魚醤油様調味料の製造方法、平成13年にホタテ貝柱加工食品の製造方法を市水産加工振興センターが開発し、特許を取得しているが、東海大との共同研究の成果として特許申請したのはこれが初めて。

 長谷川市長は「目に見える一つの成果」と喜び、「今後も地域の活性化につながる研究を進めていきたい」とさらなる成果に期待を寄せている。

 研究成果については、12日に開かれた市産学官連携推進協議会の中で報告した。
[根室新聞]-最近の話題
自転車事故の怖さ刻む スタントマン再現 高校生体験【根室】(2017/07/21)
商工会議所 フェイスブック開設 24日から運用開始【根室】(2017/07/21)
22日に限定販売「オレンジのクラフティ」 スワン44【根室】(2017/07/20)
小学生が酪農体験 明治の食育セミナーも【根室】(2017/07/19)
にぎやかに根室盆踊り 仮装や素踊りに輪広がる【根室】(2017/07/19)
根室空襲から72年 浦河丸・東裕丸の犠牲者遺族が慰霊【根室】(2017/07/18)
夏コンブ漁始まる 半島各港で活気【根室】(2017/07/18)
郷土の文芸同人誌「わたすげ」発行【根室】(2017/07/18)
自由訪問の継続に危機感 第4陣は上陸1カ所のみ【根室】(2017/07/17)
夏本番 盛大に港まつり【根室】(2017/07/17)
介護助手の事業をPRする(左から)アメニティ帯広の中尾雅幸事務部副部長、武田施設長、北畑良子看護部長、もみじの里の川村隆昭庶務係長
↑最近の写真
特集・道の駅
韓国東義大学校学生が短期留学【名寄】

ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】

さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】

高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】

消防署と各支署が連携確認し合同火災実践訓練【豊浦】

太陽の園で陶芸やレクレーション楽しみ交流【伊達】

鉄南ふれあいフェスで露店や多彩な催し満喫【登別】

戦車試乗に行列、陸自幌別駐屯地を一般開放【登別】

のぼりべつ夏祭りで閻魔やきそばの早食い盛況【登別】

「でんじろうショー」親子ら1200人が大興奮【室蘭】

サマーフェスタで光のシャワー108連発【洞爺湖】

のぼりべつ夏の一日祭りを楽しむ、多彩な催しやグルメ【登別】

輪西神社例大祭で「子供相撲」好勝負次々【室蘭】

象徴空間開設千日前の29日に白老などでイベント【白老】

のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

たつかーむのチキンカレーがレトルトパックに【壮瞥】

根室新聞(108)

室蘭民報(840)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(169)

函館新聞(205)

苫小牧民報(181)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(332)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)