北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  公海サンマ出漁 サケ…
公海サンマ出漁 サケ・マス流し網の代替漁で2年目【根室】
根室新聞 - 2017/05/17 17:14
漁場を目指し出漁する漁船
 今年で2年目となるロシア200カイリ水域内のサケマス流し網漁禁止に伴う代替漁業の公海サンマ漁を行う100トン以上の中型船10隻が16日、花咲港を出港し、漁場を目指した。水揚げされたサンマはロシア船への洋上売買、船上凍結での輸出が行われる。

 同漁はロシア200カイリ内サケマス流し網漁の代替漁業として、国のもうかる漁業創設支援事業を活用して昨年から行われている。今年は前年比1隻減の中型船12隻が着業し、サンマはロシア船に積み替えて行う洋上売魚と船上凍結で輸出する。操業期間は7月末まで。

 出漁前には、花咲市場で漁船員、関係各漁協に対する指導会議が行われ、根室海上保安部から海難防止について、全さんまから公海サンマ操業について指導があった。

 会議終了後に全国さんま棒受け網漁業協同組合の八木田和浩組合長が質問に答え、今月1日から漁場探索を行っていた漁船の結果について、「魚群が薄く、良くなかった」と話し、昨年操業した場所より操業区域内の東側に漁場を広げる考えも示した。

 八木田会長は「公海サンマは8月から始まるロシア水域の操業の権益確保につながる。成功させて継続的にやることによってロシア水域でも日本漁船が安心して操業できる体制をつくりたい」と話していた。

 この日は曇り空で肌寒い天候の中、出漁船を見送るため家族や所属漁協職員、関係者など多くが花咲港に集まり、午前10時ごろから10隻の中型船が次々と岸壁を離れて漁場を目指した。同日には宮城県からも2隻が出漁した。

 出漁を見送った中型船でつくる全鮭連の荒俣友輔会長は「今年は2年目で、去年の教訓を生かしながらみんなそれなりの成果を期待してやることになると思う。公海サンマは地域に与える影響は限定的な面もあるが、出ることによって根室のまちを少しでも元気にしたい」と話していた。
[根室新聞]-最近の話題
自転車事故の怖さ刻む スタントマン再現 高校生体験【根室】(2017/07/21)
商工会議所 フェイスブック開設 24日から運用開始【根室】(2017/07/21)
22日に限定販売「オレンジのクラフティ」 スワン44【根室】(2017/07/20)
小学生が酪農体験 明治の食育セミナーも【根室】(2017/07/19)
にぎやかに根室盆踊り 仮装や素踊りに輪広がる【根室】(2017/07/19)
根室空襲から72年 浦河丸・東裕丸の犠牲者遺族が慰霊【根室】(2017/07/18)
夏コンブ漁始まる 半島各港で活気【根室】(2017/07/18)
郷土の文芸同人誌「わたすげ」発行【根室】(2017/07/18)
自由訪問の継続に危機感 第4陣は上陸1カ所のみ【根室】(2017/07/17)
夏本番 盛大に港まつり【根室】(2017/07/17)
湖水を彩る水中花火108連発=22日午後9時10分すぎ
↑最近の写真
特集・道の駅
韓国東義大学校学生が短期留学【名寄】

ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】

さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】

高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】

消防署と各支署が連携確認し合同火災実践訓練【豊浦】

太陽の園で陶芸やレクレーション楽しみ交流【伊達】

鉄南ふれあいフェスで露店や多彩な催し満喫【登別】

戦車試乗に行列、陸自幌別駐屯地を一般開放【登別】

のぼりべつ夏祭りで閻魔やきそばの早食い盛況【登別】

「でんじろうショー」親子ら1200人が大興奮【室蘭】

サマーフェスタで光のシャワー108連発【洞爺湖】

のぼりべつ夏の一日祭りを楽しむ、多彩な催しやグルメ【登別】

輪西神社例大祭で「子供相撲」好勝負次々【室蘭】

象徴空間開設千日前の29日に白老などでイベント【白老】

のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

たつかーむのチキンカレーがレトルトパックに【壮瞥】

根室新聞(108)

室蘭民報(840)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(169)

函館新聞(205)

苫小牧民報(181)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(332)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)