北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  山菜取りとアイヌ料理
山菜取りとアイヌ料理
日高報知新聞 - 2017/05/17 17:56
貝沢さん(中)から山菜採りの楽しさを教わる参加者たち
 イオル再生事業を推進するアイヌ文化振興・研究推進機構主催の「キナアカラ(山菜採り)体験交流事業」が13日、平取町二風谷地区のイオルの森周辺で開かれ、札幌からバスでやってきた親子20人を含む町内外の105人が参加し、ピクニック気分で旬の山菜採りとアイヌ伝統料理試食などを楽しんだ。

 午前9時に二風谷生活館前に集合。二風谷ダム湖対岸の、町がカツラ、クルミ、エンジュ、オヒョウなど工芸素材の広葉樹を植樹し複層林づくりを進める「イオルの森」へバスで移動。

 山菜採りを前に、アイヌ文化振興・研究機構専門アドバイザーの貝沢守さんらによるカムイノミが厳かに執り行われ、森の中の清流の岸辺で自然の恵をもたらしてくれた神々に感謝の祈りを捧げた。

 このあと参加者は、6人の山菜採り名人の案内で小沢途上に自生するフキ、スドキ、ニリンソウ、ミツバなど旬の山菜を見つけ採取した。

 名人から「フキは虫食いの無いものを選んで」、「毒草トリカブトはすでに大きくなっているのでニリンソウと間違えることはない」などと教えてもらい、新緑の木立の合間や沢の斜面を探検し、小川のせせらぎを聞きながら約1時間の山菜採りを楽しんだ。

 この日は「にぶたに湖周辺自然観察会(春)」も同時開催。一行は山菜摘みを終えてから二風谷ダム管理所へ立ち寄り、荻原裕日高北部森林管理署長、ダム管理所職員の案内でパネル展を見学しダムの役割なども学んだ。

 昼食は、二風谷生活館で伝統料理「キナオハウ(山菜汁)」の試食会。この日収穫したフキ、ミツバ、ギョウジャニンニク、コゴミ、ニリンソウなどの山菜を水洗いし、束ねて素早くゆでて水にさらしてアク抜き。豚肉とジャガイモの味噌汁に形のわかるように下ゆでした山菜を刻まずに入れ完成。みんなで旬の恵みをおいしく味わった。
[日高報知新聞]-最近の話題
交通安全の街頭啓発(2017/07/22)
主要施策で意見交換(2017/07/22)
シンザンフェスと浦河競馬(2017/07/21)
ジオパーク認定に尽力(2017/07/21)
シンボルマーク決定(2017/07/20)
過去最高の売却31億円(2017/07/20)
レキシントンから中高生来町(2017/07/19)
俵かつぎや歌謡ショー(2017/07/19)
代行料金割引券を配布(2017/07/18)
復旧後利用しない3分の2(2017/07/18)
日本語研修で熱心に学ぶ留学生たち
↑最近の写真
特集・道の駅
韓国東義大学校学生が短期留学【名寄】

ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】

さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】

高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】

消防署と各支署が連携確認し合同火災実践訓練【豊浦】

太陽の園で陶芸やレクレーション楽しみ交流【伊達】

鉄南ふれあいフェスで露店や多彩な催し満喫【登別】

戦車試乗に行列、陸自幌別駐屯地を一般開放【登別】

のぼりべつ夏祭りで閻魔やきそばの早食い盛況【登別】

「でんじろうショー」親子ら1200人が大興奮【室蘭】

サマーフェスタで光のシャワー108連発【洞爺湖】

のぼりべつ夏の一日祭りを楽しむ、多彩な催しやグルメ【登別】

輪西神社例大祭で「子供相撲」好勝負次々【室蘭】

象徴空間開設千日前の29日に白老などでイベント【白老】

のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

たつかーむのチキンカレーがレトルトパックに【壮瞥】

根室新聞(108)

室蘭民報(840)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(169)

函館新聞(205)

苫小牧民報(181)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(332)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)