北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  山菜取りとアイヌ料理
山菜取りとアイヌ料理
日高報知新聞 - 2017/05/17 17:56
貝沢さん(中)から山菜採りの楽しさを教わる参加者たち
 イオル再生事業を推進するアイヌ文化振興・研究推進機構主催の「キナアカラ(山菜採り)体験交流事業」が13日、平取町二風谷地区のイオルの森周辺で開かれ、札幌からバスでやってきた親子20人を含む町内外の105人が参加し、ピクニック気分で旬の山菜採りとアイヌ伝統料理試食などを楽しんだ。

 午前9時に二風谷生活館前に集合。二風谷ダム湖対岸の、町がカツラ、クルミ、エンジュ、オヒョウなど工芸素材の広葉樹を植樹し複層林づくりを進める「イオルの森」へバスで移動。

 山菜採りを前に、アイヌ文化振興・研究機構専門アドバイザーの貝沢守さんらによるカムイノミが厳かに執り行われ、森の中の清流の岸辺で自然の恵をもたらしてくれた神々に感謝の祈りを捧げた。

 このあと参加者は、6人の山菜採り名人の案内で小沢途上に自生するフキ、スドキ、ニリンソウ、ミツバなど旬の山菜を見つけ採取した。

 名人から「フキは虫食いの無いものを選んで」、「毒草トリカブトはすでに大きくなっているのでニリンソウと間違えることはない」などと教えてもらい、新緑の木立の合間や沢の斜面を探検し、小川のせせらぎを聞きながら約1時間の山菜採りを楽しんだ。

 この日は「にぶたに湖周辺自然観察会(春)」も同時開催。一行は山菜摘みを終えてから二風谷ダム管理所へ立ち寄り、荻原裕日高北部森林管理署長、ダム管理所職員の案内でパネル展を見学しダムの役割なども学んだ。

 昼食は、二風谷生活館で伝統料理「キナオハウ(山菜汁)」の試食会。この日収穫したフキ、ミツバ、ギョウジャニンニク、コゴミ、ニリンソウなどの山菜を水洗いし、束ねて素早くゆでて水にさらしてアク抜き。豚肉とジャガイモの味噌汁に形のわかるように下ゆでした山菜を刻まずに入れ完成。みんなで旬の恵みをおいしく味わった。
[日高報知新聞]-最近の話題
GⅠ記念し200万円寄付(2017/05/26)
寄贈レコード100万枚達成!(2017/05/26)
盗掘防止へ監視活動(2017/05/25)
今年もトドマツなど600本(2017/05/25)
米作り体験スタート(2017/05/24)
漁協女性部が「魚つき植樹」(2017/05/24)
男子は静内が優勝(2017/05/23)
旬のウニに約4千人の人出(2017/05/23)
多種多様な約800点(2017/05/22)
飛渡主将(静内)選手宣誓(2017/05/22)
直売所に並ぶ赤く鮮やかに色づいた豊浦のイチゴ
↑最近の写真
特集・道の駅
酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】

GⅠ記念し200万円寄付

寄贈レコード100万枚達成!

日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ

中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流

痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】

PG体操開発 基本動作16種、全国普及へ【幕別】

酒米の豊作願い 下士幌小児童が田植え【音更】

体育祭晴天祈り最後の儀式 第一中の笹木校長【帯広】

教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

カフェ「FURAI房」に主婦2人が念願の挑戦【室蘭】

根室新聞(114)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(171)

函館新聞(204)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)