北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  放牧養豚 博士が挑む…
放牧養豚 博士が挑む 規格外作物で飼育【幕別】
十勝毎日新聞 - 2017/05/18 13:48
忠類で放牧養豚に取り組む秦さん(右)と中地さん
 元北海道大学教授で畜産を研究していた秦寛さん(65)が、町忠類明和の「遊牧舎 秦牧場」で放牧養豚に取り組んでいる。約50頭を飼い、ユリ根やナガイモ、チーズなど農畜産の規格外品や副産物を使って飼養。「豚本来の暮らしを」と自身の理論を実践に移し、「遊ぶた」と名付けて肉や加工品を販売している。

 農学博士の秦さんは東京出身。北大北方生物圏フィールド科学センター教授、静内研究牧場長を務め、放牧や飼料、環境、短角牛の導入などを長年研究した。

 「動物と自然に暮らす牧場をつくりたい」と考えていた秦さんは、十勝で土地を探し、2014年に忠類の酪農家の離農跡に移住した。研究者で現場の仕事の経験が少なく、当初は苦労したが、現在は農機も自ら乗りこなして農作業に励んでいる。

 通常の養豚は畜舎内で飼うが、秦さんは放牧を採用。「豚は本来は人なつこい動物」と、自ら豚と触れ合い、“遊ぶ”ことを大切にする。

 飼料はJAなどからユリ根やナガイモ、小麦、大豆、ジャガイモの規格外品を安く仕入れ、町内で製造されるチーズの副産物(ホエー)も使う。

 多くの輸入穀物が家畜用に使われる現状を、課題と捉えていた秦さん。「人が利用できない資源を活用できるのが豚の能力」と、生後3カ月以降は一切、一般的に使われる配合飼料を与えていない。

 通常は生後6カ月ほどで出荷されるが、配合飼料を使わず1年以上ゆっくり肥育するため、成熟した臭みのない肉になるという。

 牧場の場所に十勝を選んだのは、餌となる副産物が豊富にあり、放牧地を確保できるため。設立から3年を経て徐々に方向性が見え始め、肉は首都圏の飲食店を中心に出荷するほか、道の駅・忠類でも扱う。

 牧場は会社化し、日高で馬の牧場を営んでいた統括部長の中地由起子さん(52)が首都圏での営業、牧場運営を支える。

 ゴールデンウイークには道の駅・忠類で行われた地域のイベントにも初出店し、秦さん自ら鉄板で豚肉を料理した。現在は牧場内で母親と暮らし、「地域の人と協力し、忠類らしい特産をつくっていきたい」と地域に溶け込む。

 北大の静内研究牧場では、全学部の1年生を対象に滞在型の農業体験授業を担当した経験も。牧場でも防疫の課題をクリアしながら、自宅に設けた専用の部屋でファーム・インに取り組みたいと考えている。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
PG体操開発 基本動作16種、全国普及へ【幕別】(2017/05/26)
酒米の豊作願い 下士幌小児童が田植え【音更】(2017/05/26)
体育祭晴天祈り最後の儀式 第一中の笹木校長【帯広】(2017/05/26)
埋もれた歴史 新たなトーチカ9年ぶり発見【大樹】(2017/05/25)
事故に予防線 道東道ワイヤ柵【夕張】(2017/05/25)
うまっしゅパン発売 満寿屋商店【帯広】(2017/05/25)
十勝からの情報(5月21日ごろ)(2017/05/25)
「幕別米」商品化へ 食創【帯広】(2017/05/24)
台風教訓 初の実地研修 市職員、避難所運営学ぶ【帯広】(2017/05/24)
中古物件リフォームで簡易宿「旅うたり」【大樹】(2017/05/24)
直売所に並ぶ赤く鮮やかに色づいた豊浦のイチゴ
↑最近の写真
特集・道の駅
酪陽で2年目、1000本を植樹 環境保全会【根室】

GⅠ記念し200万円寄付

寄贈レコード100万枚達成!

日赤の献血車拠点 室蘭から苫小牧へ

中国の少数民族ダフール族 白老アイヌ民博で文化交流

痴漢を撃退、護身術伝授 道警がセノンの女性社員に【千歳】

PG体操開発 基本動作16種、全国普及へ【幕別】

酒米の豊作願い 下士幌小児童が田植え【音更】

体育祭晴天祈り最後の儀式 第一中の笹木校長【帯広】

教員OBら開設の「子ども塾」意欲引き出し10年【伊達】

室蘭清水丘高吹奏楽団が28日定期演奏会【室蘭】

室蘭市内トップ切り喜門岱小が27日運動会【室蘭】

登別駅前で28日に漁協青年部の朝市開催【登別】

高山寺の国宝解説、27日ふくろう文庫美術講座【室蘭】

活センで天然顔料の染め絵・イラスト展始まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

千歳川、風のない暖かい日が狙い時

十勝からの情報(5月21日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

真っ赤に熟し甘い香り…イチゴ直売所が続々開店【豊浦】

フェニックス洞爺クラブの春限定ランチ好評【洞爺湖】

ほっとな~るでタイ料理店が開店、初日から盛況【室蘭】

蒸しパン屋「まるぱん」が開店、追加分も完売【室蘭】

カフェ「FURAI房」に主婦2人が念願の挑戦【室蘭】

根室新聞(114)

室蘭民報(784)

名寄新聞(67)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(19)

日高報知新聞(171)

函館新聞(204)

苫小牧民報(218)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(331)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)