北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  放牧養豚 博士が挑む…
放牧養豚 博士が挑む 規格外作物で飼育【幕別】
十勝毎日新聞 - 2017/05/18 13:48
忠類で放牧養豚に取り組む秦さん(右)と中地さん
 元北海道大学教授で畜産を研究していた秦寛さん(65)が、町忠類明和の「遊牧舎 秦牧場」で放牧養豚に取り組んでいる。約50頭を飼い、ユリ根やナガイモ、チーズなど農畜産の規格外品や副産物を使って飼養。「豚本来の暮らしを」と自身の理論を実践に移し、「遊ぶた」と名付けて肉や加工品を販売している。

 農学博士の秦さんは東京出身。北大北方生物圏フィールド科学センター教授、静内研究牧場長を務め、放牧や飼料、環境、短角牛の導入などを長年研究した。

 「動物と自然に暮らす牧場をつくりたい」と考えていた秦さんは、十勝で土地を探し、2014年に忠類の酪農家の離農跡に移住した。研究者で現場の仕事の経験が少なく、当初は苦労したが、現在は農機も自ら乗りこなして農作業に励んでいる。

 通常の養豚は畜舎内で飼うが、秦さんは放牧を採用。「豚は本来は人なつこい動物」と、自ら豚と触れ合い、“遊ぶ”ことを大切にする。

 飼料はJAなどからユリ根やナガイモ、小麦、大豆、ジャガイモの規格外品を安く仕入れ、町内で製造されるチーズの副産物(ホエー)も使う。

 多くの輸入穀物が家畜用に使われる現状を、課題と捉えていた秦さん。「人が利用できない資源を活用できるのが豚の能力」と、生後3カ月以降は一切、一般的に使われる配合飼料を与えていない。

 通常は生後6カ月ほどで出荷されるが、配合飼料を使わず1年以上ゆっくり肥育するため、成熟した臭みのない肉になるという。

 牧場の場所に十勝を選んだのは、餌となる副産物が豊富にあり、放牧地を確保できるため。設立から3年を経て徐々に方向性が見え始め、肉は首都圏の飲食店を中心に出荷するほか、道の駅・忠類でも扱う。

 牧場は会社化し、日高で馬の牧場を営んでいた統括部長の中地由起子さん(52)が首都圏での営業、牧場運営を支える。

 ゴールデンウイークには道の駅・忠類で行われた地域のイベントにも初出店し、秦さん自ら鉄板で豚肉を料理した。現在は牧場内で母親と暮らし、「地域の人と協力し、忠類らしい特産をつくっていきたい」と地域に溶け込む。

 北大の静内研究牧場では、全学部の1年生を対象に滞在型の農業体験授業を担当した経験も。牧場でも防疫の課題をクリアしながら、自宅に設けた専用の部屋でファーム・インに取り組みたいと考えている。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】(2017/07/24)
さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】(2017/07/24)
高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】(2017/07/24)
ママチャリ140台激走 7時間耐久レース【更別】(2017/07/23)
南商高ワープロ部全国へ 全道2位 2年連続の快挙【帯広】(2017/07/23)
車窓の大輪 鮮やか 「鉄道まつり」【陸別】(2017/07/23)
音更駅が「復活」 十勝晴駅にミニチュア【音更】(2017/07/22)
豊西牛使用の4品登場 23日満寿屋麦音夏祭り【帯広】(2017/07/22)
狩勝園地にプリンの店 卵にこだわり【新得】(2017/07/22)
いじめ防止の歌作成 大空中生徒会【帯広】(2017/07/21)
閻魔やきそばを頬張る早食い大会の参加者たち
↑最近の写真
特集・道の駅
韓国東義大学校学生が短期留学【名寄】

ふるさと納税額 明暗 返礼競争に埋没【十勝】

さあ夏休み 小学校終業式!!【帯広】

高齢者を介護職に 2施設で「助手」養成【十勝】

消防署と各支署が連携確認し合同火災実践訓練【豊浦】

太陽の園で陶芸やレクレーション楽しみ交流【伊達】

鉄南ふれあいフェスで露店や多彩な催し満喫【登別】

戦車試乗に行列、陸自幌別駐屯地を一般開放【登別】

のぼりべつ夏祭りで閻魔やきそばの早食い盛況【登別】

「でんじろうショー」親子ら1200人が大興奮【室蘭】

サマーフェスタで光のシャワー108連発【洞爺湖】

のぼりべつ夏の一日祭りを楽しむ、多彩な催しやグルメ【登別】

輪西神社例大祭で「子供相撲」好勝負次々【室蘭】

象徴空間開設千日前の29日に白老などでイベント【白老】

のぼりべつ酪農館で22日から牛乳まつり【登別】

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

十勝からの情報(7月16日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

見た目が鮮やかな三戸部さんのニンジン【伊達】

たつかーむのチキンカレーがレトルトパックに【壮瞥】

根室新聞(108)

室蘭民報(840)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(169)

函館新聞(205)

苫小牧民報(181)

釧路新聞(93)

十勝毎日新聞(332)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)