北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  色とりどり、見ごろに
色とりどり、見ごろに
日高報知新聞 - 2017/05/19 17:21
見ごろを迎えたシバザクラと岡和田さん夫妻
 日高町内緑町の岡和田則顕(のりあき)さん(84)、洋子さん(81)夫妻宅のシバザクラが今年も見ごろを迎えた。元農業の岡和田さん夫妻が数十年も手入れしている前庭のシバザクラは2千平方㍍を超える広さ。ピンク、白、薄紫色の花が一面に咲き誇り、4年前に近くに開通した日高自動車道・門別インターの利用者や町民らの目を楽しませている。

 平成15年の豪雨災害では近くの門別川の氾濫で北側の根が全滅したが、かろうじて残った東側の根からコツコツと移植し、全盛期に近い状態に復活するのに3年かかったそうだ。

 花が大好きという洋子さんは「通る人たちに“きれいだね”と言われるのが一番うれしい」と笑顔。晴れた日は腰の痛さも忘れて毎日雑草抜きに精を出している。夫の則顕さんも「花づくりは私ら夫婦の唯一の楽しみ。先週までは花に勢いが無かったが、先日の雨のあとの好天続きで花がいっせいに開花し生き生きしている」と仲むつまじく話している。

 岡和田さん宅前庭のシバサクラは現在9分咲き。気温の上昇とともに日に日に彩りが鮮やかになり今年も6月初旬まで楽しめそうだ。
[日高報知新聞]-最近の話題
新会長に木田尚孝さん(浦河)(2017/06/26)
「長さ130㍍」のしめ縄飾る(2017/06/26)
指導員13人の作品(2017/06/24)
6年連続の黒字を計上(2017/06/24)
2人に功労者表彰伝達(2017/06/23)
ドローンの飛行操作(2017/06/23)
「アポイねぶた」中止(2017/06/23)
坂下氏が4選出馬表明(2017/06/23)
7年連続で全国大会へ(2017/06/21)
減収・減益も黒字決算(2017/06/21)
苫小牧市美術博物館前で先祖供養の儀式に臨む苫小牧アイヌ協会の関係者
↑最近の写真
特集・道の駅
新会長に木田尚孝さん(浦河)

「長さ130㍍」のしめ縄飾る

安らかな眠り神に祈る 苫小牧市美術博物館保管の先祖の遺骨

種苗生産3年目のホッカイシマエビ【根室】

第5回ヒルクライムタイムトライアル 186人が雨の中疾走

北極海航路の資材運搬船が苫小牧港に入港 ハブ港化に強い期待

初夏の支笏湖満喫 湖水まつりにぎわう

安平の焼酎・馬歯酒 今夏に販売

1番牧草 質良好 収穫作業進む【十勝】

三条10年連続切符 NHK全国高校放送コン【帯広】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(101)

室蘭民報(808)

名寄新聞(54)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(173)

函館新聞(206)

苫小牧民報(219)

釧路新聞(90)

十勝毎日新聞(334)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)