北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  函館市3159人減 …
函館市3159人減 総務省調査【函館 渡島 桧山】
函館新聞 - 2017/07/08 10:29
 総務省が発表した住民基本台帳(今年1月1日時点)に基づく人口動態調査で、函館市の人口(日本人住民)は前年比3159人減の26万4592人となった。減少数は道内自治体で最大で、全国の市でも減少数の多さで4番目に入った。道南18市町の人口は同6106人減の44万1832人で、全市町で減少しており、人口減の加速化が浮き彫りになった。

 函館市は出生数から死亡数を差し引いた自然減が2121人、転出者数が転入者数を上回る社会減が1038人。少子高齢化で自然減が拡大する一方で、社会減は縮小傾向にある。社会減の縮小は若者が進学や就職で函館を出るのは避けられないが、住居を求めて北斗市や七飯町へ引っ越す動きが一定程度収まってきたためとみられる。

 自然減は出産適齢期の女性の数が年々減っていくため、生み育てる環境の充実が重要。しかし、女性の価値観や生活スタイルは多様化する傾向にあり、施策で変えようと思っても一筋縄ではいかないのが現実だ。

 全国で減少数が多い市は北九州市、長崎市、静岡市、函館市の順。函館市は北海道新幹線の開業効果で、2016年度の観光入り込み客数が560万7000人で過去最高となった。定住人口が減少する中で、市は交流人口を拡大させることで人口減の影響を緩和する効果を狙う。若者の地元定着のため、IT企業誘致にも積極的に取り組んでいる。

 市企画部は「(全国4位の結果は)厳粛に受け止める。人口ビジョンでは、2040年に18万7000人としており、増やすのは難しくとも減少スピードを少しでも緩やかにする取り組みを続けたい」としている。
[函館新聞]-最近の話題
既存施設活用して映画上映 8月に市内2カ所で初開催【函館】(2017/07/28)
山車と青森ねぶた 港まつり1日開幕盛り上げ役お披露目【函館】(2017/07/28)
WBFリゾート 若松町にホテル建設へ【函館】(2017/07/27)
30日にALOHAはこだて ハワイの食とグッズずらり【函館】(2017/07/27)
夏の風物詩、函館のまちを快走 花電車運行開始【函館】(2017/07/26)
緊急支援策を検討 イカ不漁長期化受け工藤市長【函館】(2017/07/26)
厚沢部の巨大コロッケこんがりと【厚沢部】(2017/07/24)
辻沙絵選手が世界パラ陸上400メートルで銅メダル【函館】(2017/07/24)
灯籠に思いを込め 大沼湖水まつり開幕【七飯】(2017/07/23)
さあ海開き! 七重浜海水浴場で子ども歓声【北斗】(2017/07/23)
PGガイド(右奥)とプレーを楽しむツアー客の家族連れ
↑最近の写真
特集・道の駅
ホタテ輸出回復の兆し 前年同期比12・5%増

空と清流の夏謳歌 ちとせ川ビール祭り始まる

初日から70人が参加

大津波想定し本部移転

ルーを放水 ダムカレー【中札内】

再発防止へ決意新た 航空大学校墜落事故追悼式【芽室】

観光客に本格パークゴルフ 滞在延長狙う【幕別】

開拓記念館庭園に白く清らかナツツバキ【伊達】

洞爺湖有珠山ジオパークの火山マイスターを評価【西胆振】

我が家のお宝の価値は?アーニスで美術品無料鑑定会【登別】

花火大会は例年の5倍、しらおい港まつり29日に開幕【白老】

29日から「おとこむちゃ祭り」大手門内で初開催【伊達】

5日にうたごえ喫茶…「九ちゃん」を歌おう【室蘭】

30日に裏千家談交会支部が港まつりの協賛茶会【室蘭】

6日に蘭北地区の職業体験イベント第2弾決まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(7月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

根室新聞(103)

室蘭民報(851)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(171)

函館新聞(199)

苫小牧民報(182)

釧路新聞(92)

十勝毎日新聞(329)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)