北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  魚石けん研究成果発表…
魚石けん研究成果発表/釧路湖陵高3人全国へ
釧路新聞 - 2017/07/11 11:16
全国大会に出場する(左から)宮本夏菜さん、宮本涼世さん、松井さん
 「魚のまち釧路なのに、せっかくの資源を生かし切っていないのでは…」という着眼点から「魚から抽出した不飽和脂肪酸を用いたセッケンの実用化」をテーマに1年間研究を進めていた釧路湖陵高校の理数科3年の宮本夏菜さん、宮本涼世さん、松井香麟さんの3人が、8月8、9日に神戸市で開かれる全国大会、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会に出場し、魚から石けんを作るという課題研究の成果を発表することになった。

釧路湖陵高校理数科の3年生が1年間、グループ別に自分たちが決めた研究テーマで調査・研究した成果を発表する会が8日、市こども遊学館で行われた。探求テーマは12に分かれ、物理、地学、化学、生物、環境の各分野で生徒たちが課題を探求してきた。

 「ダニが媒介する人獣共通感染症について」を研究テーマにしたグループは、都市型のダニとして春採湖でダニを採取。一方、山間部のダニとして阿寒町飽別まで足を延ばしてダニを採取。その違いを研究するために北大獣医学部の研究室を訪ねるという熱心さだった。さらに「液状化現象」「人工ルビーの作成」「ペットボトルロケット」などさまざまな研究に取り組んだ同級生たちの中で、釧路の魚を原料にした石けんの開発を研究テーマにした3人は、サンマ、サケ、カレイ、アイナメを原料に石けんづくりを開始。保湿性や泡立ちについて女性らしい感性を生かしながら研究を進めた。 

 泡立ち、保湿性のポイントではカレイが最適であることが分かった。問題になったは、魚臭さの解消。ユズやオレンジなどの香料を使って、魚臭さをなくすための作業を続け、ついにバラの入浴剤を採用することにこぎ着けた。

 これならば製品化も可能ではと、結論にこぎ着けた成果の発表は、今度は全国大会が舞台になる。「釧路のためになるように頑張ってきます」という3人。貴重な水産資源を食の分野だけではなく、違った分野で光を当てるという今回の試みは、なかなか面白い挑戦と言えそうだ。

[釧路新聞]-最近の話題
模擬議会で中学生が一般質問/釧路町(2017/07/28)
「北方墓参」第1班出発、元島民ら45人乗船【根室】(2017/07/27)
釧路、根室の情報(2017/07/25)
海中みこし勇壮/厳島神社【白糠町】(2017/07/24)
羅臼昆布初水揚げ、品質上々【羅臼】(2017/07/23)
湿原の生物写真展開幕、釧路湿原国立公園30周年記念【釧路】(2017/07/22)
能楽体験 プロに学ぶ/釧路山花小中生(2017/07/21)
小学校の校内放送活用し不審者対策/釧路警察署(2017/07/20)
標津神社例大祭支え30年、後任へ/余興部長・神内さん(2017/07/19)
釧路・根室の情報(2017/07/18)
PGガイド(右奥)とプレーを楽しむツアー客の家族連れ
↑最近の写真
特集・道の駅
ホタテ輸出回復の兆し 前年同期比12・5%増

空と清流の夏謳歌 ちとせ川ビール祭り始まる

初日から70人が参加

大津波想定し本部移転

ルーを放水 ダムカレー【中札内】

再発防止へ決意新た 航空大学校墜落事故追悼式【芽室】

観光客に本格パークゴルフ 滞在延長狙う【幕別】

開拓記念館庭園に白く清らかナツツバキ【伊達】

洞爺湖有珠山ジオパークの火山マイスターを評価【西胆振】

我が家のお宝の価値は?アーニスで美術品無料鑑定会【登別】

花火大会は例年の5倍、しらおい港まつり29日に開幕【白老】

29日から「おとこむちゃ祭り」大手門内で初開催【伊達】

5日にうたごえ喫茶…「九ちゃん」を歌おう【室蘭】

30日に裏千家談交会支部が港まつりの協賛茶会【室蘭】

6日に蘭北地区の職業体験イベント第2弾決まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(7月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

根室新聞(103)

室蘭民報(851)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(171)

函館新聞(199)

苫小牧民報(182)

釧路新聞(92)

十勝毎日新聞(329)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)