北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  駅にいなりずし店 障…
駅にいなりずし店 障害者支援「しんかーず」【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/07/12 13:48
5月にJR帯広駅構内で行ったいなりずし試験販売の様子(しんかーず提供)
 障害者の就労支援事業に取り組む帯広市内の「しんかーず」(西3南38、油谷慶一社長)は15日から、JR帯広駅構内のエスタ帯広西館で、毎週土曜日限定のいなりずし店を開く。JR北海道によると、帯広駅構内に障害者の就労支援事業所が入るのは初めて。油谷社長は「人の行き来が多い駅で接客などを経験することで、一般就労に向けたよい訓練になる。多くの方に利用してほしい」と話している。

 同社が運営する多機能型就労支援事業所「えーる」が昨年11月に市内で開業した「お弁当ファクトリー まんさいYa」(西4南18)が、いなりずしなどを販売する。同店はご飯400グラムの弁当が390円など安価で食べ応えのあるメニューが特徴。

 JR側から「空き店舗を活用してほしい」と打診があり、5月3~6日のゴールデンウイーク中に試験的にいなりずし店を営業。4日間で1000個以上が売れて好評を得たことから、まんさいYaが定休日の土曜日に週1回の本格販売を決めた。

 いなりずしには、十勝産大豆を使った中田食品(帯広市)の肉厚の油揚げを使い、「豚丼」「五目」「野沢菜」など5種類を各100円で販売。イカめし風の味付けをしたまぜご飯(400円)やサケ、昆布、エビ天、トンカツなどの具材をそろえたのり巻き6種類(各150円)も用意する。

 まんさいYaには知的や精神の障害がある4人が一般就労を目指して働いている。帯広駅では3人のスタッフが常駐し、障害のある人も接客業を担う。

 営業時間は午前8時半~午後4時。お盆時期の8月12~16日には特別営業する。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
新そばの風味2年ぶり【新得】(2017/09/24)
奉納の舞 華やか 帯廣神社 秋季例大祭【帯広】(2017/09/24)
新小麦の解禁祝う パンで「乾杯」【帯広】(2017/09/24)
メークインに列 JA大正まつり【帯広】(2017/09/23)
幕別PG 芽室GB 発祥の地で頂上決戦【幕別・芽室】(2017/09/23)
台風に負けず コスモス満開 きょう秋分【大樹】(2017/09/23)
町の方式を全国発信 ふるさと納税で野田総務相【上士幌】(2017/09/22)
帯広柏葉決勝進出ならず 全国高校ラグビー北北海道予選【小樽】(2017/09/22)
児童がご当地サンド 地元食材ふんだん 富村牛小中学校【新得】(2017/09/22)
十勝ワイン 今年の味は 仕込み開始【池田】(2017/09/21)
豊かな自然をベースに生物多様性を誇る春国岱
↑最近の写真
特集・道の駅
新そばの風味2年ぶり【新得】

奉納の舞 華やか 帯廣神社 秋季例大祭【帯広】

新小麦の解禁祝う パンで「乾杯」【帯広】

ラ・サール2年ぶり花園切符 【函館、札幌】

手話やサインで映画堪能【北斗】

首都圏から乗馬体験ツアー、秋の道東巡り満喫【標茶】

黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃

29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ

初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】

7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】

7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(125)

室蘭民報(892)

名寄新聞(88)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(161)

函館新聞(187)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(313)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)