北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  公共交通のあり方
公共交通のあり方
日高報知新聞 - 2017/07/15 15:42
4人のパネラーによる意見交換。右から3人目は西野JR副社長
 住民グループ「日高の公共交通を考える有志の会」(高橋幸二代表)は13日夜、新ひだか町公民館で「日高の公共交通を考えるシンポジウム」を開き、JR北海道の西野史尚副社長も出席し、日高の将来的な公共交通のあり方について意見を交えた。西野副社長は「バス転換でコストを減らし運行本数と停留所増で日高の地域交通の利便性を高めたい」と述べた。

 新ひだか町を中心にした住民でつくる有志の会のシンポジウムは、3月の新冠に次いで2回目。10数人のメンバーには藤沢澄雄道議や近隣町職員らも加わっている。

 災害でJR日高線鵡川―様似間の運休が2年半以上続く中、高橋代表は「現実を直視し、地域住民とともに将来の日高の公共交通がどうあるべきか考えたい」とし、「一部報道にあるような、この場でJR側にバス転換受け入れを伝えるようなことはない。今日のシンポジウムもまだ議論半ばの段階」と話した。

 シンポジウムには約100人が参加。藤沢道議を進行役に、JR北の西野副社長、日高振興局の金崎信幸副局長、住民代表で新冠町の長浜謙太郎町議、高橋代表で意見を交えた。

 長浜氏は「誰が困っているかを第一に考えることが重要。もっと前から真剣に考えてこなかったことが悔やまれる」とし、西野副社長は「地域に対する責務は果たす。新冠町、地元漁協からの要望を受け、コンブやほっき貝などに影響が出ないよう、大狩部地区では離岸工事も実施している。このような機会は大変ありがたく、意見や提案は持ち帰り、日高地方の交通システム形成の上で参考にしたい」と答えた。

[日高報知新聞]-最近の話題
大雨災害から1年(2017/09/22)
池田氏が3選出馬表明(2017/09/22)
林道や河原を疾走(2017/09/21)
生徒生産の野菜な  ど(2017/09/21)
「上手に描けました」(2017/09/20)
「LOVE♡にいかっぷ」発行(2017/09/20)
牧草時期と重なり大変(2017/09/19)
静内産功労馬を供養(2017/09/19)
シカの処理加工場など見学(2017/09/16)
いっしょにダンス(2017/09/16)
華やかな山車の上から、奉納の舞を披露する踊り手
↑最近の写真
特集・道の駅
新そばの風味2年ぶり【新得】

奉納の舞 華やか 帯廣神社 秋季例大祭【帯広】

新小麦の解禁祝う パンで「乾杯」【帯広】

ラ・サール2年ぶり花園切符 【函館、札幌】

手話やサインで映画堪能【北斗】

首都圏から乗馬体験ツアー、秋の道東巡り満喫【標茶】

黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃

29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ

初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】

7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】

7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(125)

室蘭民報(892)

名寄新聞(88)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(161)

函館新聞(187)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(313)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)