北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  根室半島遊覧バス「の…
根室半島遊覧バス「のさっぷ号」運行開始【根室】
根室新聞 - 2017/07/15 20:35
駅前バスターミナルを出発する「のさっぷ号」
 根室市内の主要な観光地を巡るねむろ半島遊覧バス「のさっぷ号」の出発式が15日朝、駅前バスターミナルで行われ、今季の運行を開始した。9月18日まで66日間にわたって毎日2コースで運行される。

 根室半島一周北方領土問題啓発バス運行事業として、昭和54年の開始から39年目。JRや都市間バスなどで根室を訪れる観光客の交通の利便性を確保し、根室観光を楽しんでもらうと同時に、納沙布観光などを通して北方領土問題への関心を喚起する。

 バスターミナルで行われた出発式には、観光協会から小林茂会長、荒木英和副会長、根室交通から岡野将光社長(観光協会副会長)ら関係者が参加。乗車待ちの観光客を前に小林会長が「ようこそ根室へ。バスで巡る根室の旅を存分に楽しんでください」とあいさつ。安全運行を願って協会からドライバーの石橋昌明さんにジャンボキー、ガイドの工藤力(つとむ)さんに花束、乗客に北方領土返還要求運動の啓発資材や記念品を贈って運行開始を祝った。

 12人の観光客を乗せた第一便は、午前8時15分、関係者に見送られてターミナルを出発した。朝から気温が上がって暑くなる中、乗客たちはガイドの案内に耳を傾けながら周遊観光を楽しんだ。

 のさっぷ号は今年も同ターミナルを発着の基点に、根室半島を回る「のさっぷ岬コース」と、市街地から西側を中心にまわる「車石・風蓮湖コース」の2コースで運行される。

 のさっぷ岬コースは、毎日午前8時15分にターミナルを出発。明治公園―納沙布岬―北方原生花園―金刀比羅神社を回り、午前10時50分にターミナルに戻る。

 風蓮湖コースは、午前11時にターミナルを出発。花咲灯台と車石、道の駅スワン44ねむろ、春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター、北方四島交流センターを見学して午後3時にターミナルで終点となる。

 料金は、のさっぷ岬コースが大人1,850円、小人(小学生以下)930円。風蓮湖コースが大人1,200円、小人(同)600円。両コースを通して乗車する場合は大人2,300円、小人(同)1,150円。駅前バスターミナルで発券する。

 問い合わせは根室交通(℡0153-24-2201番)、または市観光協会(℡0153-24-3104番)へ。
[根室新聞]-最近の話題
初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】(2017/09/23)
7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】(2017/09/23)
地域共通ICポイントカード 開始へ準備着々【根室】(2017/09/23)
朝日食堂が50周年 孫6人「ばあちゃん、おめでとう」【根室】(2017/09/22)
7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】(2017/09/22)
ビザなし交流 四島から訪問団到着【根室】(2017/09/22)
北方領土墓参 空路で国後、択捉島へ【根室】(2017/09/21)
市民大学「四島の自然の魅力」テーマに来月開講【根室】(2017/09/21)
市議会 4会派が届け出 関心は正副議長人事に【根室】(2017/09/21)
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】(2017/09/20)
来週にも加盟店へ設置していくポイントカードシステム端末機
↑最近の写真
特集・道の駅
新そばの風味2年ぶり【新得】

奉納の舞 華やか 帯廣神社 秋季例大祭【帯広】

新小麦の解禁祝う パンで「乾杯」【帯広】

ラ・サール2年ぶり花園切符 【函館、札幌】

手話やサインで映画堪能【北斗】

首都圏から乗馬体験ツアー、秋の道東巡り満喫【標茶】

黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃

29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ

初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】

7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】

7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(125)

室蘭民報(892)

名寄新聞(88)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(161)

函館新聞(187)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(313)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)