北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  大輪彩る雨上がりの空…
大輪彩る雨上がりの空 函館港花火大会に5万人【函館】
函館新聞 - 2017/07/17 00:53
夜空に色とりどりの大輪を咲かせた函館港花火大会(16日午後8時50分ごろ、山崎純一撮影)




 道南に夏の到来を告げる函館新聞創刊20周年記念・函館港花火大会(函館新聞社主催)が16日、函館港豊川埠頭を主会場に開かれた。約3000発を打ち上げ、雨上がりの夜空に咲いた大輪の花で5万人の観客を楽しませた。

 同紙創刊と「海の日」制定を記念し、1997年から毎年開催している。同社の小笠原金哉社長は「函館新聞は創刊20周年を迎えることができた。昨年は北海道新幹線が開業し、函館にも活気が戻りつつある。花火大会開催など、地元経済活性化に向けて、道南の地域紙として微力ながら努力をしていきたい」とあいさつ。会場とのカウントダウンで打ち上げがスタートした。

 2部構成で、全14プログラム。オープニングの「尊尚親愛(そんしょうしんあい)」ではスターマインを打ち上がると、開会を待ち望んだ観客から歓声が上がった。水中花火やかわいらしい動物たちを描く花火コレクション、直径320メートルにも広がる大玉など、趣向を凝らした演出が約1時間に渡って続いた。

 フィナーレは地域の未来の発展への願いを込めた「継往開来(けいおうかいらい)」として約5分に及ぶプログラムを展開。勇壮な音楽とともに夜空を明るく染め上げた。

 大会の様子は今年も「FMいるか」による実況が会場を盛り上げ、音楽と合わせてさまざまな花火で楽しませたほか、ケーブルテレビ「NCV」でも中継された。
[函館新聞]-最近の話題
ラ・サール2年ぶり花園切符 【函館、札幌】(2017/09/24)
手話やサインで映画堪能【北斗】(2017/09/24)
海で熟成、味に変化は? 奥尻ワイン海中保存実験開始【奥尻】(2017/09/23)
マグ女が観光庁長官表彰 交流人口増加への取り組み評価【函館】(2017/09/23)
不漁に負けずイカ1万匹用意30日から「函館いか祭り」【函館】(2017/09/22)
縄文繁栄と現代漁業を考察 ドイツの考古学研究者来函【函館】(2017/09/22)
大間原発反対への思い新た 市民集会に400人【函館】(2017/09/21)
函館市、イカ不漁長期化で加工業者中長期的支援へ【函館】(2017/09/21)
「春夏秋冬」四季そろって進行道南いさりび鉄道特別編成【函館】(2017/09/20)
函館駐屯地にPAC3配備 防衛省、北ミサイルに対応【函館】(2017/09/20)
落ち着いた和風の内装に一新された店内=イメージ図
↑最近の写真
特集・道の駅
新そばの風味2年ぶり【新得】

奉納の舞 華やか 帯廣神社 秋季例大祭【帯広】

新小麦の解禁祝う パンで「乾杯」【帯広】

ラ・サール2年ぶり花園切符 【函館、札幌】

手話やサインで映画堪能【北斗】

首都圏から乗馬体験ツアー、秋の道東巡り満喫【標茶】

黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃

29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ

初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】

7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】

7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(125)

室蘭民報(892)

名寄新聞(88)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(161)

函館新聞(187)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(313)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)