北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  大輪彩る雨上がりの空…
大輪彩る雨上がりの空 函館港花火大会に5万人【函館】
函館新聞 - 2017/07/17 00:53
夜空に色とりどりの大輪を咲かせた函館港花火大会(16日午後8時50分ごろ、山崎純一撮影)




 道南に夏の到来を告げる函館新聞創刊20周年記念・函館港花火大会(函館新聞社主催)が16日、函館港豊川埠頭を主会場に開かれた。約3000発を打ち上げ、雨上がりの夜空に咲いた大輪の花で5万人の観客を楽しませた。

 同紙創刊と「海の日」制定を記念し、1997年から毎年開催している。同社の小笠原金哉社長は「函館新聞は創刊20周年を迎えることができた。昨年は北海道新幹線が開業し、函館にも活気が戻りつつある。花火大会開催など、地元経済活性化に向けて、道南の地域紙として微力ながら努力をしていきたい」とあいさつ。会場とのカウントダウンで打ち上げがスタートした。

 2部構成で、全14プログラム。オープニングの「尊尚親愛(そんしょうしんあい)」ではスターマインを打ち上がると、開会を待ち望んだ観客から歓声が上がった。水中花火やかわいらしい動物たちを描く花火コレクション、直径320メートルにも広がる大玉など、趣向を凝らした演出が約1時間に渡って続いた。

 フィナーレは地域の未来の発展への願いを込めた「継往開来(けいおうかいらい)」として約5分に及ぶプログラムを展開。勇壮な音楽とともに夜空を明るく染め上げた。

 大会の様子は今年も「FMいるか」による実況が会場を盛り上げ、音楽と合わせてさまざまな花火で楽しませたほか、ケーブルテレビ「NCV」でも中継された。
[函館新聞]-最近の話題
既存施設活用して映画上映 8月に市内2カ所で初開催【函館】(2017/07/28)
山車と青森ねぶた 港まつり1日開幕盛り上げ役お披露目【函館】(2017/07/28)
WBFリゾート 若松町にホテル建設へ【函館】(2017/07/27)
30日にALOHAはこだて ハワイの食とグッズずらり【函館】(2017/07/27)
夏の風物詩、函館のまちを快走 花電車運行開始【函館】(2017/07/26)
緊急支援策を検討 イカ不漁長期化受け工藤市長【函館】(2017/07/26)
厚沢部の巨大コロッケこんがりと【厚沢部】(2017/07/24)
辻沙絵選手が世界パラ陸上400メートルで銅メダル【函館】(2017/07/24)
灯籠に思いを込め 大沼湖水まつり開幕【七飯】(2017/07/23)
さあ海開き! 七重浜海水浴場で子ども歓声【北斗】(2017/07/23)
PGガイド(右奥)とプレーを楽しむツアー客の家族連れ
↑最近の写真
特集・道の駅
ホタテ輸出回復の兆し 前年同期比12・5%増

空と清流の夏謳歌 ちとせ川ビール祭り始まる

初日から70人が参加

大津波想定し本部移転

ルーを放水 ダムカレー【中札内】

再発防止へ決意新た 航空大学校墜落事故追悼式【芽室】

観光客に本格パークゴルフ 滞在延長狙う【幕別】

開拓記念館庭園に白く清らかナツツバキ【伊達】

洞爺湖有珠山ジオパークの火山マイスターを評価【西胆振】

我が家のお宝の価値は?アーニスで美術品無料鑑定会【登別】

花火大会は例年の5倍、しらおい港まつり29日に開幕【白老】

29日から「おとこむちゃ祭り」大手門内で初開催【伊達】

5日にうたごえ喫茶…「九ちゃん」を歌おう【室蘭】

30日に裏千家談交会支部が港まつりの協賛茶会【室蘭】

6日に蘭北地区の職業体験イベント第2弾決まる【室蘭】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(7月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧西港のマアナゴ、シーズンこれから

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

25日は土用の丑の日、料理店で仕込み500食【室蘭】

閻魔やきそば提供開始3年で13万食突破へ【登別】

中井英策商店がキンキ魚醤使用の米菓子発売【伊達】

根室新聞(103)

室蘭民報(851)

名寄新聞(60)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(11)

日高報知新聞(171)

函館新聞(199)

苫小牧民報(182)

釧路新聞(92)

十勝毎日新聞(329)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)