北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  自由訪問の継続に危機…
自由訪問の継続に危機感 第4陣は上陸1カ所のみ【根室】
根室新聞 - 2017/07/17 18:12
15日に国後島オタトミ浜で行った慰霊祭の様子=千島歯舞諸島居住者連盟提供
 北方領土の元島民がふるさとを訪れる自由訪問の第4陣(野口繁正団長、51人)が16日、訪問地減のため日程を一日短縮して根室港へ戻った。予定していた4カ所のうち、国後島オタトミ以外の全ての地域でロシア側が上陸を許可せず、野口団長(75)=札幌市=は「訪問地が減れば参加者も減る。そうなれば今後続けていくことができるだろうか」と自由訪問自体の継続に危機感をあらわにした。

 一行は元島民ら40人、同行者11人の計51人で、最高齢は82歳、最年少は13歳。当初訪問を予定していたブニ、古丹消、ハッチャスの上陸許可が下りず、ふるさとへ行けないと知った出身者ら団員のキャンセルが相次ぎ、出発前日から団員は7人減り、一日短縮が決まっていた。

 帰港後の記者会見で、野口団長は、「1カ所だけでも上陸でき、時間をかけてたっぷりふるさとの地を踏めたことは救い」と話したが、やはり他地域の訪問を楽しみにしていた団員には不満が残ったという。

 唯一上陸できたオタトミでは、平成11年に墓地に建てた標柱周辺の草を刈り慰霊祭を行ったほか、希望者を募って東沸湖の見える丘へ移動。元島民らはふるさとの光景を目に焼きつけ、船に戻った。

 ブニと古丹消の沖合でそれぞれ洋上慰霊祭を行ったほか、ハッチャスは近くの米戸賀に出身者がいたため、米戸賀沖に切り替えて洋上慰霊祭を実施。ここに兄2人と姉1人が眠る初参加の岩松曻副団長(77)=標津町=は、「私たちのふるさとだと思うと、涙が出る思いだった。上陸できればいいのに」と残念がっていた。

 今年度の自由訪問は、第1陣が国後島のニキシロ、瀬石、東沸の全てでロシア側が上陸を拒否。第2陣は色丹島の斜古丹、チボイなど5カ所を予定していたが悪天候で中止。第3陣は悪天候で択捉島ウエンバフコツ、内保の上陸を断念、丹根萌のみの上陸となっており、参加団員が望む地域を訪問できていない状況だ。

 野口団長は「悪天候はともかく、入域許可についてはこの一年でロシア側の対応が厳しくなっている印象。(6月に中止となった)日本語講師の教材没収をみても、悪意ともとれる」と遺憾を示すとともに、千島歯舞諸島居住者連盟の役員としても「今後も続けていくには、何か方策を考えていかねばならない」と話している。
[根室新聞]-最近の話題
初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】(2017/09/23)
7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】(2017/09/23)
地域共通ICポイントカード 開始へ準備着々【根室】(2017/09/23)
朝日食堂が50周年 孫6人「ばあちゃん、おめでとう」【根室】(2017/09/22)
7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】(2017/09/22)
ビザなし交流 四島から訪問団到着【根室】(2017/09/22)
北方領土墓参 空路で国後、択捉島へ【根室】(2017/09/21)
市民大学「四島の自然の魅力」テーマに来月開講【根室】(2017/09/21)
市議会 4会派が届け出 関心は正副議長人事に【根室】(2017/09/21)
「バスの日」景色を楽しみ、自然に触れる子どもたち【根室】(2017/09/20)
映画エンドロールで主題歌の歌詞やリズムを手話とミュージックサインで伝えるボランティア
↑最近の写真
特集・道の駅
新そばの風味2年ぶり【新得】

奉納の舞 華やか 帯廣神社 秋季例大祭【帯広】

新小麦の解禁祝う パンで「乾杯」【帯広】

ラ・サール2年ぶり花園切符 【函館、札幌】

手話やサインで映画堪能【北斗】

首都圏から乗馬体験ツアー、秋の道東巡り満喫【標茶】

黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃

29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ

初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】

7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】

7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(125)

室蘭民報(892)

名寄新聞(88)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(161)

函館新聞(187)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(313)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)