北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  SLに愛着持って、市…
SLに愛着持って、市民が整備体験【室蘭】
室蘭民報 - 2017/07/28 11:24
SLの保存作業を体験する参加者
 室蘭市は25日、市青少年科学館に展示している蒸気機関車(SL)の一般向けメンテナンス体験会を開き、市民3人が車体のさび落としに挑戦した。

 SLのメンテナンスは国鉄OBの「SL保存室蘭機友会」が担っているが、高齢化が課題。市は保存技術の伝承と旧室蘭駅舎横への移設後の活用策を探っており、この日の体験会もその一環。

 参加者は機友会メンバーの手ほどきを受けながら、動輪をつなぐ連接棒や車体に軽油を塗ってやすりでさびを落とす作業を1時間ほど体験。曽祖父がこのSLの整備に携わっていたという島田孝亮君(室蘭市みなと小4年)は「SLの整備にどのくらい時間がかかるのか、大変なのかを知りたくて参加しました。移設作業も見てみたいです」と話していた。

 市は当初定員を10人に設定していたが、小中学校がすべて夏休みに入っていないこともあり、参加者は少々寂しい数に。市教委生涯学習課は「旧室蘭駅舎への移設前からSLに愛着を持ってもらうため、今後も体験会を開いていく」と話している。
[室蘭民報]-最近の話題
子どもたち「友達できた」―体験型イベント振り返る【伊達】(2017/10/22)
室蘭信金が地域循環バス購入資金を白老町に寄付【白老】(2017/10/22)
むろみん杯ミニバレー大会でベリーベリーとT&Vが優勝【室蘭】(2017/10/22)
伊達緑丘が初戦敗退、全国高校サッカー道大会が開幕【旭川】(2017/10/22)
苫小牧高等商業学校が創立65周年記念祝賀会【苫小牧】(2017/10/22)
津軽笛奏者・佐藤ぶん太、さんがコンサート【洞爺湖町】(2017/10/22)
総合計画審が初会合で持続可能な社会実現へ【伊達】(2017/10/22)
布に親しむ会合同作品展~個性豊かな作品群【登別】(2017/10/22)
八丁平中央町会が文化展覧会、陶芸や絵画200点【室蘭】(2017/10/22)
大谷室蘭高校3年生が免許取得控え安全教室【室蘭】(2017/10/22)
祝意を寄せる来賓や関係者に心からの謝辞を述べる前嶋理事長
↑最近の写真
特集・道の駅
子どもたち「友達できた」―体験型イベント振り返る【伊達】

室蘭信金が地域循環バス購入資金を白老町に寄付【白老】

むろみん杯ミニバレー大会でベリーベリーとT&Vが優勝【室蘭】

伊達緑丘が初戦敗退、全国高校サッカー道大会が開幕【旭川】

苫小牧高等商業学校が創立65周年記念祝賀会【苫小牧】

津軽笛奏者・佐藤ぶん太、さんがコンサート【洞爺湖町】

総合計画審が初会合で持続可能な社会実現へ【伊達】

八丁平中央町会が文化展覧会、陶芸や絵画200点【室蘭】

大谷室蘭高校3年生が免許取得控え安全教室【室蘭】

室蘭初のドッグランがプレオープン【室蘭】

布に親しむ会合同作品展~個性豊かな作品群【登別】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(940)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(303)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)