北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  山車13台、勇壮に江…
山車13台、勇壮に江差巡る 姥神大神宮渡御祭が開幕【江差】
函館新聞 - 2017/08/10 10:55
姥神大神宮で魂入れ後、地元に戻る津花町の山車「楠公山」
 370年余りの伝統を誇り、道内最古の祭りとされる姥神大神宮渡御祭が9日、町内で始まった。10、11両日は、大神宮のみこしに付き従い、13台の山車(やま)が巡行。往時のニシン漁後、豊漁に感謝を込めて行われてきた神事に、関係者は「町民が守るこのお祭りが江差町の日本遺産認定を後押しした。一年で最も熱い江差に来てほしい」とPRしている。

 初日は雨に見舞われたが、各山車では透明のビニールシートを覆って対応。大神宮で魂入れ後、子どもたちが奏でる太鼓や笛などの祭りばやしを響かせて各町内を練り歩いた。田渕祥多君(11)は「この日が早く来るのを待っていた」と顔をほころばせた。

 江差出身の家族がいる友人の紹介で米国サンディエゴから訪れた、米国人男性のアーサー・メディアさん(26)は「インターネットで日本の活気ある祭りを知り、実際に見てみたいと思い江差に来た。この3日間が楽しみ」と写真撮影に興じていた。

 10日午後0時15分から、大神宮前で祭り囃子コンクールを開催。その後「下町巡行(したまちじゅんこう)」でいにしえ街道を巡り、同8時ごろに愛宕町商店街に山車が並ぶ。同10時ごろから大神宮で、みこしを拝殿に納める「宿入之儀(しゅくいれのぎ)」。最終日の11日午前11時20分ごろから「上町巡行(うえまちじゅんこう)」。海岸沿いから市街地に入り、午後9時ごろに山車が新地町の繁華街に集結する。

 問い合わせは江差町役場追分観光課(0139・52・6716)へ。
[函館新聞]-最近の話題
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】(2017/10/22)
アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】(2017/10/22)
龍谷幼稚園の園児 新幹線乗車で大喜び【北斗】(2017/10/21)
モミジ試験点灯 香雪園、21日からライトアップ【函館】(2017/10/21)
どうなる投票率・道8区【函館】(2017/10/20)
大沼水質改善振興策を提言青年環境サミット10年目【七飯、森】(2017/10/20)
若者票獲得へ懸命 SNSや動画フル活用【函館】(2017/10/19)
市営競輪売り上げ前年度比6・2%減の144億円【函館】(2017/10/19)
地熱の潜在能力探る/市民会館でシンポジウム【函館】(2017/10/18)
函病が上行大動脈瘤のステントグラフ治療に成功【函館】(2017/10/18)
笛と書のコラボレーションを披露する佐藤さん(右)と二瓶さん
↑最近の写真
特集・道の駅
子どもたち「友達できた」―体験型イベント振り返る【伊達】

室蘭信金が地域循環バス購入資金を白老町に寄付【白老】

むろみん杯ミニバレー大会でベリーベリーとT&Vが優勝【室蘭】

伊達緑丘が初戦敗退、全国高校サッカー道大会が開幕【旭川】

苫小牧高等商業学校が創立65周年記念祝賀会【苫小牧】

津軽笛奏者・佐藤ぶん太、さんがコンサート【洞爺湖町】

総合計画審が初会合で持続可能な社会実現へ【伊達】

八丁平中央町会が文化展覧会、陶芸や絵画200点【室蘭】

大谷室蘭高校3年生が免許取得控え安全教室【室蘭】

室蘭初のドッグランがプレオープン【室蘭】

布に親しむ会合同作品展~個性豊かな作品群【登別】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(940)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(303)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)