北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  道新幹線高速化調査に…
道新幹線高速化調査に予算10億円 国交省概算要求【函館】
函館新聞 - 2017/09/01 10:33
 国土交通省は2018年度予算の概算要求で、北海道新幹線の高速化に向けた調査費として、17年度当初予算比の2倍となる10億円を盛り込んだ。新幹線と貨物列車が走る青函共用走行区間(約82キロ)で、最高速度が時速140キロに制限されている新幹線を200キロ以上で運行できるよう技術開発に本腰を入れる。20年度の高速走行実現を目指している。

 線路上の支障物をチェックする新型の確認車の開発費用など計上した。新幹線の高速化に当たっては、始発列車運行の前に確認車の走行が必須となるが、同省によると、青函トンネルを含む同区間は、新幹線と貨物列車を合わせて1日約70本の列車が走行。夜間に行う保守業務は2時間半程度に限られることから、確認車の速度向上が不可欠だという。

 また、同省は新幹線が同区間を時速200キロ以上で走る際に、貨物列車の走行を一時的に停止する時間帯を特別に作る「時間帯区分案」の検討を進めており、貨物の誤進入を防ぐシステムの開発も進める計画。同省鉄道局は「秋に開く作業部会で方向性を示し、高速走行に必要な環境の整備を進めたい」とする。

 このほか、鉄道防災事業には19億4800万円を要求。開業後約30年が経過した青函トンネルの機能保全費用などに充てる。

 湿度が高いトンネル内は劣化が進み、2月にはJR北海道が排水、換気の役割を担う「先進導坑」内の一部で、路盤の隆起など形状が変わる異常の発生を明らかにしていた。同省は、対策費用を盛り込み、火災検知装置や大型排水設備の改修にも乗り出す方針で、同局は「物流と旅客の移動について、円滑で安定した機能の確保に努めたい」としている。
[函館新聞]-最近の話題
宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】(2017/11/19)
山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】(2017/11/19)
AI技術をまちづくりに 未来大などが講演・交流会【函館】(2017/11/18)
椴法華の大龍寺が珍しい「座禅堂」新設【函館】(2017/11/18)
鹿部の高田水産 プティシリーズ第3弾「ホタテ」【鹿部】(2017/11/17)
イカ不漁でアンケート 加工企業7割が価格転嫁【函館】(2017/11/17)
函館米穀、地元産コメの海外輸出強化へ【函館】(2017/11/16)
函館市初JR車両を使用した避難訓練【函館】(2017/11/16)
ななみつき初競り 昨年の最高値と同じ7玉7万円【函館】(2017/11/15)
ササラ電車、25年ぶりに化粧直しして試運転【函館】(2017/11/15)
日本ジュニア選手権に出場する松澤さん、松永さん、三浦さん、酒井さん=左から=
↑最近の写真
特集・道の駅
障害者国際大会「銅」の長原さんに道民栄誉賞【釧路】

宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】

山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】

有機小麦のパン食べよう【十勝】

伊能忠敬の足跡たどろう スマホアプリ【十勝】

バス停の屋根はポテトチップス 中高生発案【清水】

陸自第7師団と千歳市消防本部 化学テロ想定し共同訓練

新千歳国際線ビル拡張 富裕層向けホテルも

3年連続の優勝飾る・市役所サッカークラブ【名寄】

日ハムから絵本販売・星がテーマのストーリー【名寄】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(49)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(83)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)