北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  駅前の顔に別れ バス…
駅前の顔に別れ バス待合所解体スタート【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/09/05 13:38
改築に伴い取り壊しが始まった帯広駅バスターミナル
 築20年が経過し、老朽化が進んでいたJR帯広駅前のバス待合所の取り壊しが、5日午前に始まった。地域に親しまれた施設が新たに生まれ変わるまでの間、バス利用者らが旧施設との別れを惜しんだ。

 バス待合所は、市が1997年に設置。2002年に駅周辺の土地区画整備事業に伴って現住所の市西1南12に移設され、03年に耐火性と防寒性を高めるためにプレハブの簡易施設を鉄骨製の外壁で覆った経緯がある。ただ、老朽化が著しく、バス利用者へのアンケートなども受け、市が国の交付金を活用した抜本的な対策に踏み切った。

 工事は武田・岡田特定建設工事共同企業体が請け負い、8月22日から内装仕上げ材などを手作業で撤去。5日は午前9時ごろから重機2台を動かし、下側の壁面から順に解体を進めている。現場担当者によると、解体まで約2週間かかる。

 バス停留所から工事の様子を眺めていた市内の本田恵子さん(78)は「普段からバスを利用する自分にとっては寂しい気持ち。早く立派な施設ができてほしい」と話していた。

 新たなバス待合所は来年3月19日までに完成し、同5月から供用を開始する見通し。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
有機小麦のパン食べよう【十勝】(2017/11/19)
伊能忠敬の足跡たどろう スマホアプリ【十勝】(2017/11/19)
バス停の屋根はポテトチップス 中高生発案【清水】(2017/11/19)
雪景色のち悪路 帯広8センチ【十勝】(2017/11/18)
パークゴルフ続け6年 忠類の愛好者グループ【幕別】(2017/11/18)
松月堂 愛され1世紀【本別】(2017/11/18)
氷点下 降雪機始動 ぬかびら源泉郷スキー場【上士幌】(2017/11/17)
洋ラン鮮やか 101鉢【音更】(2017/11/17)
宇宙観光の可能性探る JTB関係者らツアー【大樹】(2017/11/17)
「宇宙から回収」へ前進 JAXAが機器降下実験【大樹】(2017/11/16)
選手会が著作の「もりのやきゅうちーむふぁいたーず ほしのせかいへ」
↑最近の写真
特集・道の駅
障害者国際大会「銅」の長原さんに道民栄誉賞【釧路】

宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】

山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】

有機小麦のパン食べよう【十勝】

伊能忠敬の足跡たどろう スマホアプリ【十勝】

バス停の屋根はポテトチップス 中高生発案【清水】

陸自第7師団と千歳市消防本部 化学テロ想定し共同訓練

新千歳国際線ビル拡張 富裕層向けホテルも

3年連続の優勝飾る・市役所サッカークラブ【名寄】

日ハムから絵本販売・星がテーマのストーリー【名寄】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(49)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(83)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)