北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  特別展「柳原良平の海…
特別展「柳原良平の海・船・港」開幕-苫小牧市美術博物館
苫小牧民報 - 2017/09/09 17:05
樽前山とフェリーの切り絵も展示=9日午前9時45分ごろ
 苫小牧市美術博物館の特別展「柳原良平の海・船・港」が9日、開幕した。国内屈指の貨物取り扱い量を誇る港を抱える苫小牧で、海に関連する美術作品を楽しむ企画。関係者によるテープカット後、早速大勢の市民が会場に詰め掛け、色鮮やかでユニークなタッチの絵を楽しんでいた。11月12日まで。

 画家、イラストレーター、エッセイストなど多彩な仕事で知られる柳原良平(1931~2015)の切り絵、油絵、水彩画、絵本原画など約140点を展示している。無類の船好きだった作者が描いた海を行き交うフェリーや貨物船、風を受けて進む帆船、港町の風景などの作品が並ぶ。

 樽前山などを表現した切り絵もある。

 オープニングイベントとして作品解説も行われ、関係者や市民など88人が出席。同館の学芸員、福田絵梨子さん(29)は「(ウイスキーCMのキャラクター)アンクルトリスを考案したことで有名な画家だが船や港に関する作品も多い。絵本の原画も多く、親子で楽しめる」と紹介。船を通じて作者と親交があり今回、所有作品を貸与した市内泉町の榎戸克美さん(71)は「帆船を描くのが得意な人だった。苫小牧を案内した日が懐かしい」と語った。

 柳原作品のファンでこの展示のために東京から夫婦で訪れた会社員の藤井貢一さん(63)は「独特のタッチでどの作品を見てもこの人が描いたものだと分かる。展示数が多くて見応えがあります」と話した。

 開館時間は午前9時半から午後5時まで(最終入場は午後4時半まで)。休館日は毎週月曜日。ただし祝日の9月18日と10月9日は開館し、それぞれ翌日の9月19日と10月10日は休館。観覧料は一般600円、高校生・大学生400円、中学生以下は無料。

[苫小牧民報]-最近の話題
黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃(2017/09/23)
29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ(2017/09/23)
カレーラーメンの父・高橋一郎さん永眠 功績たたえる声相次ぐ(2017/09/22)
住民生活や物流など影響広がる 通行止め続く竹浦橋-迂回路は渋(2017/09/21)
マアナゴを夜の投げ釣りで(2017/09/21)
名前「アイちゃん」に決定 恵庭・えこりん村のラマ(2017/09/19)
秋サケ販売や伝統料理満喫 しらおいチェプ祭にぎわう(2017/09/19)
道の駅サーモンパークでインディアン水車まつり(2017/09/18)
恵庭に笑顔広がる 車椅子レクダンスのふれあいフェス全国大会(2017/09/18)
ティラノサウルス全身骨格模型特別展始まる むかわ町四季の館(2017/09/16)
クレーン車で奥尻ワインが入った木枠コンテナを海中に沈める様子(提供)
↑最近の写真
特集・道の駅
ラ・サール2年ぶり花園切符 【函館、札幌】

手話やサインで映画堪能【北斗】

首都圏から乗馬体験ツアー、秋の道東巡り満喫【標茶】

黄色い海原一面に パレットの丘のヒマワリ見頃

29日からフードコート新装 千歳アウトレットモール・レラ

初の空路墓参“故郷への思いを胸に”国後、択捉島へ【根室】

7日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】

地域共通ICポイントカード 開始へ準備着々【根室】

増毛の果樹園でリンゴの収穫始まる

海で熟成、味に変化は? 奥尻ワイン海中保存実験開始【奥尻】

7日 わくわく花咲く!レールフェス 根室駅中心に【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(125)

室蘭民報(895)

名寄新聞(88)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(161)

函館新聞(187)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(310)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)