北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  ハリストス聖堂、初の…
ハリストス聖堂、初の耐震診断 結果次第で補強工事へ【函館】
函館新聞 - 2017/09/12 10:56
建築後初めて耐震状態を調査しているハリストス正教会聖堂
 国の重要文化財(重文)で、函館市元町のハリストス正教会の聖堂が8月下旬から、1916年の建築後初の耐震診断を行っている。100年以上の歴史ある建物で、同教会は「診断の結果、耐震補強の必要があれば2020年にも工事に取り掛かる」としている。

 重文を所管する文化庁は、11年の東日本大震災後から、建物を改修する際には耐震診断や補強を合わせて実施するよう所有者に求めている。

 同教会は、8月23日から耐震診断を実施。今月11日までに、れんが造りの壁の一部をくり抜くなどしてサンプルを採取した。専門業者が持ち帰り、調査結果をもとに工事計画を策定するという。診断の費用は約2400万円で、国が65%、市が17・5%を補助する。

 市教委文化財課の蛭子井慶治課長は「重文なので外観や内装は基本的に変えられないため、具体的な補強方法をしっかり考えなければ」と話す。

 同教会では、重文登録時から拝観献金として200円を設定。工事となれば多額な経費が掛かることから「今回の耐震補強工事へ向けて、観光客だけでなく身近な市民にも見ていただき、協力してもらいたい」と呼び掛ける。診断中も通常通り見学可能。

 聖堂は、日本で初めて設置されたロシア領事館の付属聖堂(1860年)が発端。1907年の函館大火で焼失後、16年に再建、83年に重文に指定された。
[函館新聞]-最近の話題
不漁に負けずイカ1万匹用意30日から「函館いか祭り」【函館】(2017/09/22)
縄文繁栄と現代漁業を考察 ドイツの考古学研究者来函【函館】(2017/09/22)
大間原発反対への思い新た 市民集会に400人【函館】(2017/09/21)
函館市、イカ不漁長期化で加工業者中長期的支援へ【函館】(2017/09/21)
「春夏秋冬」四季そろって進行道南いさりび鉄道特別編成【函館】(2017/09/20)
函館駐屯地にPAC3配備 防衛省、北ミサイルに対応【函館】(2017/09/20)
華やかなステージで魅了 函館リビフェス【函館】(2017/09/19)
交通機関乱れ新駅大混雑、観光地は閑散 台風通過【函館】(2017/09/19)
【台風情報】暴風、大雨に厳重な警戒を【函館】(2017/09/17)
衆院早期解散浮上 道南各政党、準備加速【函館】(2017/09/17)
議会で3選出馬を表明する池田町長
↑最近の写真
特集・道の駅
カレーラーメンの父・高橋一郎さん永眠 功績たたえる声相次ぐ

大雨災害から1年

池田氏が3選出馬表明

朝日食堂が50周年 孫6人「ばあちゃん、おめでとう」【根室】

ビザなし交流 四島から訪問団到着【根室】

町の方式を全国発信 ふるさと納税で野田総務相【上士幌】

帯広柏葉決勝進出ならず 全国高校ラグビー北北海道予選【小樽】

児童がご当地サンド 地元食材ふんだん 富村牛小中学校【新得】

道の駅・みたらで「撮りフェス」写真展、716点並ぶ【室蘭】

苫小牧に北極海航路の中国大手貨物船が国内初の寄港【苫小牧】

7日 根室駅中心に わくわく花咲く!レールフェス【根室】

秘境・岩屋や小幌を満喫、観光ツアー初の有料化【豊浦】

室蘭の表情豊か、10月9日まで撮りフェス写真展【室蘭】

写真や文で巡る100年、天沢小回顧展始まる【室蘭】

MOA美術館室蘭・登別審査会で児童たちの力作並ぶ【室蘭】

室蘭地方 つり情報

マアナゴを夜の投げ釣りで

十勝からの情報(9月17日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

25日から「白老牛の日」…2割引きで極上肉を提供【白老】

根室新聞(122)

室蘭民報(899)

名寄新聞(92)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(12)

日高報知新聞(163)

函館新聞(185)

苫小牧民報(132)

釧路新聞(84)

十勝毎日新聞(307)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)