北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  「バナナさぁ買うた」…
「バナナさぁ買うた」 今年も登場たたき売り 屈足神社【新得】
十勝毎日新聞 - 2017/09/14 13:54
威勢の良い声でバナナを売る竹浦さん(右)
 「奉納しておはらいしてもらった縁起良いバナナ。さあ買うた、○円!」-。屈足神社(飯田泰雅宮司)創立110年を祝う秋季祭典が10、11の両日、神社境内で開かれ、境内に祭りの名物、竹浦隆さん(71)=沢井商店代表=による「バナナのたたき売り」が登場した。

 竹浦さんによるバナナのたたき売りは、10年以上前に始まった。町屈足で生まれ、新得高校を卒業後に父が営む沢井商店に入り、帯広地方卸売市場で魚や果物など生鮮食品を仕入れては車で行商した。昭和当時、市場では先に長い棒を持つ“かぎ取り”による競りが活発に行われ、客を引き付ける話術としての口上はこのときの経験を基に生まれたもの。「それぞれに屋号があり、うちは『まる沢』と呼ばれて取引した。たたき売りは楽しかった昔の市場感覚を再現している」と話す。

 トレードマークの真っ赤な法被は、長野冬季五輪(1998年)日本代表で町屈足出身の元スピードスケート選手・宗像記子さんを現地応援したときのもの。ねじり鉢巻き姿でバナナの黄色い房を皆に見えるように持ち上げる。一声で「買った!」と売れた瞬間、至上の喜びを感じるという。「年寄りや子どもは優先的に落としてやらんとね」

 年に1回の“舞台”。11日の本祭りは最大一房23本が付いたバナナ60房を用意した。今年も町内外から小銭を手にした人たちでにぎわった。竹浦さんの巧みな話術が境内に響きわたり、瞬く間に売れた。「『後世に残すべき』という声を掛けてもらえるようにもなってきた。いずれは誰かに引き継いでいくことができたら」と満足そうな表情を見せて汗を拭っていた。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
有機小麦のパン食べよう【十勝】(2017/11/19)
伊能忠敬の足跡たどろう スマホアプリ【十勝】(2017/11/19)
バス停の屋根はポテトチップス 中高生発案【清水】(2017/11/19)
雪景色のち悪路 帯広8センチ【十勝】(2017/11/18)
パークゴルフ続け6年 忠類の愛好者グループ【幕別】(2017/11/18)
松月堂 愛され1世紀【本別】(2017/11/18)
氷点下 降雪機始動 ぬかびら源泉郷スキー場【上士幌】(2017/11/17)
洋ラン鮮やか 101鉢【音更】(2017/11/17)
宇宙観光の可能性探る JTB関係者らツアー【大樹】(2017/11/17)
「宇宙から回収」へ前進 JAXAが機器降下実験【大樹】(2017/11/16)
十勝にもスポットがある「伊能でGO」のアプリ。豊頃町大津で表示された画面
↑最近の写真
特集・道の駅
障害者国際大会「銅」の長原さんに道民栄誉賞【釧路】

宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】

山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】

有機小麦のパン食べよう【十勝】

伊能忠敬の足跡たどろう スマホアプリ【十勝】

バス停の屋根はポテトチップス 中高生発案【清水】

陸自第7師団と千歳市消防本部 化学テロ想定し共同訓練

新千歳国際線ビル拡張 富裕層向けホテルも

3年連続の優勝飾る・市役所サッカークラブ【名寄】

日ハムから絵本販売・星がテーマのストーリー【名寄】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(49)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(83)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)