北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  西胆振医療介護情報ネ…
西胆振医療介護情報ネットワークが来年1月スタート【西胆振】
室蘭民報 - 2017/09/22 11:58
来年1月にスタートする「地域医療介護情報ネットワークシステム『スワンネット』」について説明した「救急の日」講演会=今月9日、室蘭・登別保健センター
 西胆振の病院、診療所(かかりつけ医)、歯科、薬局、介護事業所などを結んだ情報連携基盤を構築する「地域医療介護情報ネットワークシステム『スワンネット』」が、来年1月からスタートする。西胆振の医療・介護施設などで、医療・健康データが共有・利用できるため、より安全で質の高い医療・介護・健康サービス提供につながる。室蘭市医師会(稲川昭会長)などが、参加する医療機関を募集するなど着々と準備を進めている。

 同ネットワークは、室蘭市医師会が、胆振西部医師会、室蘭歯科医師会、道薬剤師会室蘭支部、西胆振3市3町の協力を受けて運営する。西胆振では現在、中核病院がかかりつけ医側のデータを閲覧できるシステム(一方向ネットワーク)を活用している。

 これに対して、来年1月からは、西胆振の五つの中核病院のほか、かかりつけ医、歯科、健診センター、薬局、訪問看護・介護施設などのネットワーク加盟施設が、バイタルデータや処方薬、カルテ、病歴などの情報を集約した情報通信技術(EHR)を共有できるシステム(双方向ネットワーク)になる。

 このため、①コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)など、過去に他院で行った検査データと、現在のデータを比較した診察②薬の重複処方防止や薬の変更情報の確認③夜間の救急診察や救急搬送時でも、かかりつけ医の情報が分かる―など、患者自身が正確に伝えられない内容が各加盟施設でもそれぞれ確認できる。

 ネットワークは、総務省の「医療・健康データ利活用基盤高度化事業」のテストケースとして実施。来年1月のスタート時には、西胆振の人口全体の約1割に当たる2万人の登録を目指す。

 室蘭市医師会の生田茂夫理事(地域医療担当)は「自分の診察状況や病歴、薬、体質などの医療情報が各機関で共有されるため、安全で質の高い医療・介護サービスが受けられるメリットがある」と強調。住民の積極的な参加を呼び掛けている。

 スワンネットに参加するには、参加申込書への記入が必要。登録は無料。参加申込書は、西胆振の病院や診療所などにある。問い合わせなどは、室蘭市医師会西胆振クラウド型高機能EHR事業推進協議会事務局、電話0143・45局4393番へ。
[室蘭民報]-最近の話題
室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】(2017/10/21)
室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】(2017/10/21)
旭町自治会が創立50周年、あす記念祝賀会【室蘭】(2017/10/21)
伊達赤十字病院に禁煙外来開設、患者に寄り添い治療【伊達】(2017/10/21)
国際ソロプチミスト日本財団援助事業にキウシト登別【登別】(2017/10/21)
ドングリ、カボチャ…テーマパークで秋の割引き【登別】(2017/10/21)
東明中で半世紀の節目祝い盛大に記念式典【室蘭】(2017/10/21)
知る権利に応える、栄高塾で室民・有田記者が職業講話【室蘭】(2017/10/21)
澄んだ歌声が施設に響く、スワン・ハーモニーが訪問【室蘭】(2017/10/21)
室蘭と登別の食材を活用、青年会議所が活動紹介【室蘭】(2017/10/21)
内藤さん撮影のサラブ レッドカレンダー20 18
↑最近の写真
特集・道の駅
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】

アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】

がんばれ全国大会 農業クラブの農業鑑定競技

来年の馬のカレンダー2種販売 浦河在住の写真家・内藤律子さん

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

朝霧まちを包む 週明けに雪も【十勝】

行き場ない若者サポート NPOスマイルリング【帯広】

300円で居酒屋気分 手料理とおしゃべりで交流【芽室】

室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】

室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(939)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)