北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  洞爺丸事故風化させな…
洞爺丸事故風化させない 北斗市で慰霊法要【北斗】
函館新聞 - 2017/09/27 10:58
慰霊碑に手を合わせ、犠牲者の冥福を祈る遺族関係者ら
63年前に発生した洞爺丸台風事故の犠牲者をしのぶ慰霊法要が26日、北斗市七重浜の海浜公園「台風海難者慰霊碑」前と七宝寺に立つ供養塔で執り行われ、遺族らが犠牲者の冥福を祈った。

 慰霊碑前の法要は2015年まで青函連絡船殉職者遺族会が主催してきたが、高齢化による運営維持の困難さから解散し、昨年から函館市仏教会(岡眞行会長)が継承している。この日は、乗組員や乗客の遺族らが参列。僧侶13人が読経する中、花束を手向けたり焼香をするなどして手を合わせた。慰霊碑に近く、犠牲者128人が荼毘(だび)に付された七重浜共同墓地に隣接する七宝寺の供養塔「寂光塔(じゃっこうとう)」でも遺族関係者らが参列した。

 法要に参列した遺族会の故富樫淳次元会長夫人で、世話人の順子さん(76)と大原愼子(まきこ)さん(68)は「未曽有の大惨事から半世紀以上が経ち、連絡船がなくなって30年になろうとしている。関係者の高齢化は深刻だが、法要はどんなことがあっても続いて行ってほしい」と声をそろえた。岡会長は「風化させないことが大事。たとえ法要に訪れる人が一人になろうとも続けていかなければ」と話した。

 函館市の松本静江さん(80)は高校2年の時、長兄(当時33歳)と次兄(当時30歳)を失った。長兄は甥(当時6歳)の顔を見せるために東京へ行く途中で、次兄は出張で本州に向かうため乗船していたといい「ひどい嵐で亡くなったことが信じられなかった。この日が来るたびに当時のことを思い出す。元気なうちは家族に語り継いでいきたい」と語った。

 また、千歳市から親族7人で訪れた会社員、北條忍さん(52)は「この場で手を合わせるのは4回目。洞爺丸ほどの海難事故は今後ないと信じているが、この日が災害対策や海の安全について思いを新たにする機会になると思っている」と話していた。

 事故は1954(昭和29)年9月26日午後10時45分ごろ、七重浜沖で洞爺丸(3898トン)をはじめ青函連絡船計5隻が台風15号の強風を受けて沈没。洞爺丸だけで乗員・乗客合わせて1155人、5隻計1447人が犠牲となった。
[函館新聞]-最近の話題
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】(2017/10/22)
アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】(2017/10/22)
龍谷幼稚園の園児 新幹線乗車で大喜び【北斗】(2017/10/21)
モミジ試験点灯 香雪園、21日からライトアップ【函館】(2017/10/21)
どうなる投票率・道8区【函館】(2017/10/20)
大沼水質改善振興策を提言青年環境サミット10年目【七飯、森】(2017/10/20)
若者票獲得へ懸命 SNSや動画フル活用【函館】(2017/10/19)
市営競輪売り上げ前年度比6・2%減の144億円【函館】(2017/10/19)
地熱の潜在能力探る/市民会館でシンポジウム【函館】(2017/10/18)
函病が上行大動脈瘤のステントグラフ治療に成功【函館】(2017/10/18)
道内各地で行われている港を生かしたまちづくりについて情報共有を図った座談会
↑最近の写真
特集・道の駅
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】

アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】

がんばれ全国大会 農業クラブの農業鑑定競技

来年の馬のカレンダー2種販売 浦河在住の写真家・内藤律子さん

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

朝霧まちを包む 週明けに雪も【十勝】

行き場ない若者サポート NPOスマイルリング【帯広】

300円で居酒屋気分 手料理とおしゃべりで交流【芽室】

室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】

室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(939)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)