北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  「増毛線」を散策 港…
「増毛線」を散策 港や果樹園の風景楽しむ
日刊留萌新聞 - 2017/10/02 16:30
増毛港を望む風景を楽しみながら鉄路を歩く「鉄路・果樹・鮭を眺めて 健康ましけウォーキング」の参加者
 増毛町主催の「鉄路・果樹・鮭を眺めて 健康ましけウォーキング」が、1日午前7時半からJR旧増毛駅を発着点に、旧JR留萌本線留萌―増毛間(増毛線)など、町内を巡るコースで開かれ、参加者が風景を楽しみながら、心地よい汗を流した。参加したJR北海道の島典賢取締役旭川支社長は「廃線跡をこのように活用してもらい感謝している。留萌、増毛間は歴史が深く観光の素材となるものが多くある。これからもしっかりと連携を取りながら盛り上げていきたい」と話していた。

 地方創生拠点整備交付金事業の「増毛駅舎を活用した地域ブランド形成プロジェクト」の一環として実施するイベントで、町内をはじめ、旭川市や札幌市、北広島市などから親子連れなど約200人が参加した。

 この日は青空が広がる天候に恵まれ、参加者は同駅から旧箸別駅までの約2・5キロの線路コースをはじめ、町暑寒沢地区の果樹園、旧商家丸一本間家や国稀酒造株式会社が立ち並ぶ道道増毛港線の通称「ふるさと歴史通り」などを巡り、増毛港を望む風景を楽しみながら鉄路を歩き、暑寒別橋からサケが遡上(そじょう)している暑寒別川といった増毛町の風景を堪能していた。

 町内在住の70代の女性は「留萌市に遊びに行ったときに乗った鉄道の車窓から見ていた風景を思い出し、懐かしい気持ちになりました。ぜひまたやってほしい」と笑顔を見せていた。
[日刊留萌新聞]-最近の話題
ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】(2017/10/21)
移動スーパー「とくし丸」が運行開始 さっそく主婦ら利用【留萌(2017/10/03)
水素社会実現の一歩へ 11月から実証事業【苫前】(2017/09/30)
留萌市船場公園の愛称 るしんふれ愛パークに(2017/09/29)
増毛の果樹園でリンゴの収穫始まる(2017/09/23)
第41回小平町産業まつりに5千人 和牛バーベキュー堪能(2017/08/28)
第2回オロロンサマーフェスタ 雨の中での花火に感動(2017/08/12)
たこリレーに沸く 初山別で岬まつり(2017/08/07)
小平町で初の外国人対象のモニターツアー(2017/08/03)
☆ロマン街道しょさんべつ【初山別】(2009/09/08)
留萌管内の林業関係者が見学したドローンの実演飛行
↑最近の写真
特集・道の駅
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】

アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】

がんばれ全国大会 農業クラブの農業鑑定競技

来年の馬のカレンダー2種販売 浦河在住の写真家・内藤律子さん

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

朝霧まちを包む 週明けに雪も【十勝】

行き場ない若者サポート NPOスマイルリング【帯広】

300円で居酒屋気分 手料理とおしゃべりで交流【芽室】

室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】

室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(939)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)