北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  落花生が「豊作」【芽…
落花生が「豊作」【芽室】
十勝毎日新聞 - 2017/10/12 13:48
収穫した落花生を手にする(左から)土屋さん、橋本さん、藤井代表、児玉さん
 今年度から落花生の本格栽培に取り組む芽室町上伏古の「十勝めむろ落花生生産グループ」のメンバーのほ場で収穫作業が本格化している。7月の高温で収量も多く、藤井信二代表(34)は「手をかければ寒い北海道でも栽培ができる」と手応えを話す。

 4ほ場で85アールを栽培。メンバーが所属するJAめむろ青年部上伏古支部では2009年から新規作物を導入しようと栽培を開始。地元の販路創出を目指し、藤井代表、土屋真俊さん(31)、児玉勝俊さん(28)、OBの橋本真和さん(36)が同グループを立ち上げた。

 11日午後には藤井代表のほ場で収穫作業を行い、メンバーが手で株を抜くと、1株当たり20~30さやの落花生が次々と顔を出した。生落花生で10アール当たり約300キロを収穫できる。

 9月中旬からめむろファーマーズマーケット愛菜屋に出荷を始め、リピーターもいる人気ぶり。橋本さんは「需要が多くやりがいはあるが、面積を増やすには機械化を考えなければ」と話している。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
朝霧まちを包む 週明けに雪も【十勝】(2017/10/21)
行き場ない若者サポート NPOスマイルリング【帯広】(2017/10/21)
300円で居酒屋気分 手料理とおしゃべりで交流【芽室】(2017/10/21)
「18歳の国政」 高校新聞局奮闘 衆院選【十勝】(2017/10/20)
ムスリムツアー好評 食、景観満喫【十勝】(2017/10/20)
修学旅行スマホなし 大阪の高校が農家民泊で【十勝】(2017/10/20)
今季初めて帯広、氷点下 陸別は寒さ全国一【十勝】(2017/10/19)
黄色鮮やか並木道【音更】(2017/10/19)
カラオケで認知症防ごう 第一興商が介護予防システム【十勝】(2017/10/19)
十勝からの情報(10月15日ごろ)(2017/10/19)
留萌管内の林業関係者が見学したドローンの実演飛行
↑最近の写真
特集・道の駅
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】

アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】

がんばれ全国大会 農業クラブの農業鑑定競技

来年の馬のカレンダー2種販売 浦河在住の写真家・内藤律子さん

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

朝霧まちを包む 週明けに雪も【十勝】

行き場ない若者サポート NPOスマイルリング【帯広】

300円で居酒屋気分 手料理とおしゃべりで交流【芽室】

室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】

室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(939)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)