北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  白老牛PRへ意気込み…
白老牛PRへ意気込み 和牛サミット参加で壮行会
苫小牧民報 - 2017/10/12 16:46
和牛サミットの参加メンバーがPRタイムを披露
 白老牛銘柄推進協議会は10日、白老町役場で全体会を開いた。14日に三重県松阪市で開催される「和牛サミットin MATSUZAKA」参加に向けた壮行会に位置付け、事業内容を確認するとともに、来賓や関係者たちが、参加メンバーにエールを送った。

 阿部高幸会長はサミットに向け「有名ブランド牛が集まり、絶好のPRの場。2020年の民族共生象徴空間などもPRすべく、観光協会やアイヌ民族博物館にも参加してもらい総勢10人がサミットに参加する」と話し、北海道唯一の参加となった白老牛の全国PRに向けた意気込みを語った。

 戸田安彦町長や神戸典臣道議、苫小牧広域農業協同組合の松永徹代表理事組合長ら6人が来賓として出席し、参加メンバーらを激励した。

 サミットは全国ブランド牛フェスティバルと和牛シンポジウムの2本立てで行われ、同協議会は、白老牛のカットステーキ500食を来場者に販売するほか、各ブランド牛のPRタイムで白老牛と白老町をアピールする。

 最後に参加メンバーが、当日のPRタイムを想定してPRの様子を紹介。岩崎考真副会長は「ただPRするだけでなく、有名ブランド牛が集まるのでしっかり勉強して持ち帰ってきたい」と意気込みを語った。

[苫小牧民報]-最近の話題
仕事への理解深める 安平小と厚真中でAIRDO航空教室(2017/10/20)
「SLポロト号」冬囲い 来春を楽しみに【白老】(2017/10/20)
サケ捕獲急増、18日は今季最多7562匹 インディアン水車(2017/10/19)
親しみながら上達を スケートエンジョイスクール開講【苫小牧】(2017/10/19)
錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ(2017/10/19)
民族の関わりなど学ぶ 白老町でアイヌ語地名や歴史めぐる旅(2017/10/19)
金曜夜に青春フィーバー 苫小牧でディスコイベント【苫小牧】(2017/10/17)
児童ら躍動のこつ学ぶ 道スポチャレ教室に小学生35人【恵庭】(2017/10/17)
日本女性会議2017とまこまい閉幕 大会宣言で締めくくる(2017/10/16)
レンジャー養成教育終了、帰還行事盛大に-陸自第7師団(2017/10/16)
声掛けしながら次々とアカマツにこもを巻いていった参加者
↑最近の写真
特集・道の駅
新幹線への理解深める 七飯の児童が体験ツアー出発【七飯】

アカマツ「こも巻き」で冬支度【七飯】

がんばれ全国大会 農業クラブの農業鑑定競技

来年の馬のカレンダー2種販売 浦河在住の写真家・内藤律子さん

ドローンを実演飛行 森林管理の可能性に期待【留萌】

朝霧まちを包む 週明けに雪も【十勝】

行き場ない若者サポート NPOスマイルリング【帯広】

300円で居酒屋気分 手料理とおしゃべりで交流【芽室】

室蘭で女性ネットワーク座談会、港生かしたまちづくりを【室蘭】

室蘭観光協会の仲嶋事務局長が工学院非常勤講師に【室蘭】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

ワニワニクラブが11月11日に音楽会、親子で来場を【室蘭】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(939)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(304)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)