北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  サケ捕獲急増、18日…
サケ捕獲急増、18日は今季最多7562匹 インディアン水車
苫小牧民報 - 2017/10/19 16:14
サケの群れの遡上で活気づく捕獲作業=18日午後2時すぎ、インディアン水車
 全道的にサケの不漁が伝えられる中、千歳川左岸の日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事業所=花園=のインディアン水車(捕魚車)で18日、シロザケ捕獲数が7562匹(雌3628匹、雄3934匹)と1日当たりの捕獲で今季最多を記録した。

 同事業所は、今季の捕獲を8月21日に開始。9月26日までは、前年同期を260~5490匹程度上回っていたが、その後は前年の83%程度にとどまっていた。今季捕獲数は18日現在、雌3万377匹、雄3万3934匹の計6万4311匹。前年同期比9461匹の減。

 この中で、今季最多の捕獲数を記録した18日は早朝に1800匹を揚げ、採卵作業のため午前は捕獲を中止。午後に再開し作業は午後7時まで続いた。

 橋から姿がはっきり確認できるほどの群れがやって来た。時折サケを追い込むやなを越えようとジャンプする魚体も見られた。

 同事業所の安藤雅規業務課長は増加に転じた背景を「支笏湖の水位上昇と前夜の降雨、ダムの放流、川の濁りなどサケの遡上(そじょう)条件が重なったことが大きい」と説明する。「石狩、厚田、浜益の日本海のサケ漁が好調。このペースで推移すれば昨年実績に追い付くだろう」と期待する。

[苫小牧民報]-最近の話題
にっぽん恐竜協議会設立へ むかわ町、丹波市、篠山市、御船町(2017/11/24)
金色に輝くツリー点灯 新千歳空港、クリスマスムード高まる(2017/11/24)
新作「砂上」執筆秘話語る 桜木紫乃さんがトークライブ(2017/11/24)
冬道を上手に歩くこつ学ぶ トヨタ北海道が講習会【苫小牧】(2017/11/23)
Tシャツとタオルマフラー製作 観光協会と王子がコラボ-苫小牧(2017/11/23)
苫小牧西港、夕方からチカ狙い時(2017/11/23)
ママ4人奮闘中、総菜店を開店 千歳市北栄の「北のマルシェ」(2017/11/22)
自衛隊体制強化求める 千歳の期成会 秋季中央要望(2017/11/21)
来年3月閉校、むかわ富内小 記念碑を建立(2017/11/21)
陸自第7師団と千歳市消防本部 化学テロ想定し共同訓練(2017/11/18)
ミス北海道米から赤飯を受け取る市民
↑最近の写真
特集・道の駅
にっぽん恐竜協議会設立へ むかわ町、丹波市、篠山市、御船町

金色に輝くツリー点灯 新千歳空港、クリスマスムード高まる

新作「砂上」執筆秘話語る 桜木紫乃さんがトークライブ

赤飯無料配布にぎわう・11月23日「お赤飯の日」【名寄】

飼育放棄の惨状を写真で、ネコ愛護団体が活動展【室蘭】

冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】

米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】

マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】

一足早くXマス、三星がケーキ試食価格販売会【苫小牧】

ふぉれすと鉱山フォーラムで環境保全を考える【登別】

迫力バチさばき、26日に太鼓演奏会「龍響祭」【伊達】

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

苫小牧西港、夕方からチカ狙い時

十勝からの情報(11月19日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(43)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(181)

苫小牧民報(141)

釧路新聞(80)

十勝毎日新聞(301)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)