北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  蛯子善悦の作と判明 …
蛯子善悦の作と判明 神田日勝館に寄贈【帯広】
十勝毎日新聞 - 2017/11/15 13:37
神田日勝記念美術館に寄贈した蛯子善悦の「ヴェネチア」と太田さん夫妻
 帯広市内の元会社役員太田敏雄さん(87)が所有する絵画が、函館ゆかりの画家でパリの美術界でも活躍した蛯子善悦(1932~93年)の作品と分かり、鹿追町の神田日勝記念美術館に14日までに寄贈された。神田日勝(1937~70年)とは全道展の所属時期が重なるなど縁があり、同館は「今後、所蔵品展の場などで展示の機会を設けたい」としている。

 この作品は1977年作の油彩「ヴェネチア」(F8号)。画面右下とキャンバス裏に、それぞれ蛯子のサインと画題などが記されている。蛯子が家族と共に渡仏して3年後の作で、水の都・ベネチアの海辺とみられる情景が淡く灰色を帯びた色調と独特のタッチで描かれている。

 太田さんは釧路市出身で札幌に本社がある商社に長く勤務。98年に退職し、次女夫婦がいる帯広に移り住んだ。絵は当初、函館の老舗化粧品問屋の経営者が所有。その後、太田さんがいた商社の社長に贈られ、同年に社長が亡くなった際、遺品として太田さんが譲り受けたという。

 「価値も分からないまま家の中に飾っていた」(太田さん)が、今夏、市内の別な場所に夫婦で転居するに当たり、同じ町内会で顔見知りだった画家の齊藤隆博さん(75)=全道展会員=に「一度、絵を見てもらえないか」と相談。齊藤さんから蛯子の絵であることを聞かされた。

 「見れば見るほど隙のない作品。色合いやタッチなど蛯子さんの作風をよく示している」と齊藤さん。粗末にはできないとして太田さんは、齊藤さんの紹介で神田日勝記念美術館に寄贈を申し出て同館の受贈が決まった。

 同館の小林潤館長は「日勝と全道展で同じ頃に所属するなど、縁のある方の作品。ありがたくお受けしたい」と話す。

 太田さんは「立派な作品と聞いて管理する責任の重さを感じていた。受けていただき、ほっとしている」とし、妻の多嘉子さん(88)とともに感謝している。(金谷信)

<蛯子善悦(えびこ・ぜんえつ)> 稚内市生まれ。終戦とともに函館に移住。1965年東京に転居後、72年単身パリへ渡り、2年後に家族と共に改めて渡仏した。国画会、サロン・ドートンヌ各会員。全道展には18歳で入選し、以後出品を続けた。
[十勝毎日新聞]-最近の話題
冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】(2017/11/24)
米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】(2017/11/24)
マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】(2017/11/24)
病院外がんサロン設立へ 管内初、来年2月予定【帯広】(2017/11/23)
つるつる 危ない! 未明の雨で路面凍結【十勝】(2017/11/23)
道の駅で「利きソフト」 高校生が企画販売【士幌】(2017/11/23)
十勝からの情報(11月19日ごろ)(2017/11/23)
道東イワシ、ブランド化 広尾に工場新設【東京・広尾】(2017/11/22)
洋菓子コン 全国4位 初出場で山崎さん【帯広】(2017/11/22)
寒さ本物 きょう「小雪」【十勝】(2017/11/22)
十勝港に初水揚げされた毛ガニ
↑最近の写真
特集・道の駅
にっぽん恐竜協議会設立へ むかわ町、丹波市、篠山市、御船町

金色に輝くツリー点灯 新千歳空港、クリスマスムード高まる

新作「砂上」執筆秘話語る 桜木紫乃さんがトークライブ

赤飯無料配布にぎわう・11月23日「お赤飯の日」【名寄】

飼育放棄の惨状を写真で、ネコ愛護団体が活動展【室蘭】

冬の美味 毛ガニ 十勝港試験操業【広尾】

米国発祥ブラックフライデー 大型セール管内でも【十勝】

マジック博物館に「オートマタ」 機械仕掛けで手品【帯広】

一足早くXマス、三星がケーキ試食価格販売会【苫小牧】

ふぉれすと鉱山フォーラムで環境保全を考える【登別】

迫力バチさばき、26日に太鼓演奏会「龍響祭」【伊達】

110周年祝う豪華美術品、日鋼室蘭が所蔵作品展【室蘭】

40回目の美しい風景、森田さんがチャリティー絵画展【室蘭】

静物や風景画の自信作並ぶ、水彩クラブが作品展【登別】

21日から日本製鋼所室蘭製作所所蔵作品展【室蘭】

苫小牧西港、夕方からチカ狙い時

十勝からの情報(11月19日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(43)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(181)

苫小牧民報(141)

釧路新聞(80)

十勝毎日新聞(301)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)