北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞の記事一覧

根室新聞

新しい燃油補給施設が稼働 津波対策で高台に【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は1日から事務所裏の高台に新設した燃油補給施設の運用を開始した。運用開始に先立ち、先月25日には竣工式を開催し、出席者らが安全な運用を祈願した。  同漁協ではこれ...

根室新聞

令和に新規開店「ぱすと」=きっちんNOMURA跡【根室】

 市内在住の主婦で料理人の古澤佳苗さん(39)が、5月6日にレストラン「ぱすと」=写真=を新規開業する。古澤さんは昨夏閉店した「ばらえてぃきっちんNOMURA」の元店主夫妻の子で、同店舗を活用...

根室新聞

「平成」時代―移り変わる市民生活【根室】

 1989年1月8日に始まった「平成」は、皇位継承に伴う改元により、きょう30日で幕を閉じ、5月1日からの「令和」へとバトンタッチする。30カ年3カ月と23日、総日数にして1万1070日を数え...

根室新聞

平成最後の威容!? 国後島・爺々岳くっきり【根室】

 晴れ渡った28日、快晴の空の下、青い海をはさんで知床連山から国後島の爺々岳がくっきりと映える美しい景色が観光客を歓迎した。  国後島の北東側にある爺々岳は、視界が晴れた日でなければ、なかな...

根室新聞

四島交流の送迎者待機所を設置 装い新たに【根室】

 ビザなし交流など四島渡航の拠点港として、専用船の「えとぴりか」が出入港に使っている根室港北方岸壁に24日、プレハブの訪問団員や送迎者用の待機所が設置された。例年より面積が広くなったほか、今回初...

根室新聞

人気商品「花咲がにラーメン」復活【根室】

 道の駅スワン44ねむろの人気商品だったカップ麺「花咲がにラーメン」が復活し、25日から同売店で販売を開始した。前作完売から約8カ月。この間「花咲がにラーメンがほしい」という問い合わせもあったとい...

根室新聞

望月十三男さん 大作「根室連山記」写真説明版を市へ寄贈【根室】

 根室市出身で札幌市在住の望月十三男さん(95)が、平成12年(2000年)に発行した「根室連山記」の写生図のもとになった「根室連山写真説明版」を根室市に寄贈した。旧根室測候所から見えた山々が作り出す...

根室新聞

日本200カイリ内 小型サケ・マス出漁【根室】

 日本200カイリ内で操業する太平洋小型サケ・マス流し網漁が10日午前0時に解禁され、道内各港から出漁した。市内では歯舞、花咲港、落石の3港から16隻が漁場を目指して出港し、船主、家族、漁協職員らが見...

根室新聞

ゴールデンウイークは明郷 伊藤☆牧場へ【根室】

 根室市明郷の明郷伊藤☆牧場でゴールデンウイークの4月27日から5月6日まで、「めざせ家畜博士☆牧場クイズラリー」を行うほか、通常は前日予約の「乳しぼり+バターづくり体験」を、期間中は当日でも受け付け...

根室新聞

14日から フォトレディースクラブ写真展「ス・ク・エ・ア」【根室】

 根室市内で昭和62年に発足した女性だけの写真サークル・フォトレディースクラブ(川原眞知子会長、12人)の写真展「ス・ク・エ・ア」が、市内明郷の伊藤☆牧場内のレストランATTOKOで14日から開かれる...

根室新聞

郷土の画家・茂木幹さんの絵画展が開幕【根室】

 郷土を愛した画家「チヌカルコロ」こと故・茂木幹さんの絵画展が26日から、市総合文化館多目的ホールで始まった。昨年11月に閉館した明治町の「慟哭の森美術館」(桐澤享館長)が市へ寄贈した56点に加え、...

根室新聞

歯舞小中をモデル校に義務教育学校導入へ【根室】

 根室市教育委員会(寺脇文康教育長)は、小中一貫・連携教育の推進から歯舞小中学校をモデル校とし、小学校と中学校双方の教員免許を所持する教員の確保や職員室の小中一室化などの検討を重ね、平成32年度...

根室新聞

ホタテ稚貝放流始まる 根室湾沖の新漁場に2年目【根室】

 ロシア200カイリ水域のサケ・マス流し網漁禁止対策として、根室湾沖に造成された漁場へ2年目のホタテ稚貝放流が、26日から始まった。初日は600万粒の放流が行われ、6月までに昨年同様8,330万粒を放流する予...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...

根室新聞

高齢運転者の免許返納支援 タクシー券交付 最大3カ年へ【根室】

 根室市は、運転免許証を自主返納した高齢者にタクシー乗車券を交付する高齢者運転免許証自主返納支援事業の一部を見直し、タクシー乗車券の交付を最大3カ年とすることを明らかにした。年間30人の見込みで予算化...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10