北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞の記事一覧

根室新聞

市水産加工振興センター 運営審に開発状況報告【根室】

 平成30年度の根室市水産加工振興センター運営審議会がこのほど市役所で開かれ、沿岸漁業資源の利活用と付加価値向上に関する事業、産官学連携による水産加工品の開発研究に関する事業などの進捗状況が報告...

根室新聞

原点の地から「北方領土の早期返還」発信【根室】

 北方領土の早期返還を目指した北方領土返還要求根室市民大会(大会長、長谷川俊輔根室市長、実行委員長・白崎大市北方領土返還要求推進協議会長)が5日、快晴の下、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 小型船が初水揚げ【根室】

 今月1日にロシア200カイリ内での操業が解禁された知事許可の10トン未満の小型サンマ棒受け網漁で6日、花咲港に10トンが初水揚げされた。同日午前7時から行われたセリでは、高値は前年を191パーセント下回る...

根室新聞

9月16日 北方領土まで歩こう会 ゲストに丸山桂里奈さん【根室】

 第14回北方領土まで歩こう会(主催、北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会、実行委員会運営)の参加者募集が1日から始まった。今年は9月16日に開催し、従来通り、国後(16キロメートル)、水晶...

根室新聞

自由訪問第5陣が出発 択捉島シヤスリなど訪問【根室】

 今年度第5陣となる自由訪問団が3日朝、訪問先の択捉島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で出発した。出発式では訪問団を代表して渡邊彰団長(65)が「私たち団員一丸となって体...

根室新聞

サンマ・イカ漁控え、大漁と操業安全祈願【根室】

 サンマ棒受け網漁、イカ漁の本格化を控え、根室市内4漁協主催の「サンマ、イカ漁業海上安全、大漁祈願祭」が2日午前10時から金刀比羅神社社殿で執り行われ、出席した関係者らがサンマ、イカ漁の大漁と操業...

根室新聞

建設業の未来の担い手に 建設会社が初の子ども向け見学会【根室】

 真壁建設㈱(山下洋司社長)は1日、市内小学生を対象に工事現場の子ども見学会を開いた。各小学校から12人の児童が参加し、同社が現在工事を進める4カ所の現場をまわり、工事の内容や期待される効果などを...

根室新聞

月替わりランチ 8月は「サガリ丼」道の駅スワン44【根室】

 道の駅スワン44ねむろは、月替わりランチの8月メニューとして、サガリ肉をにんにくの風味豊かな特製タレで仕上げた「サガリ丼」=写真=を1日から提供する。直営レストラン・バードパルで8月31日まで。 ...

根室新聞

大ぶりのアサリに笑顔 歯舞の潮干狩り始まる【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)主催の豊里地区トーサムポロ漁港東側を開放した今年度1回目の潮干狩り事業が、28日に開催された。この日は市内や釧路などから家族連れ100人...

根室新聞

28日「濃厚レアチーズケーキ」販売=道の駅スワン44【根室】

 道の駅スワン44ねむろは、今月のスイーツの日となる28日午前11時から、直営レストラン・バードパルで赤肉メロンをふんだんに使用したジャムと濃厚レアチーズケーキ=写真=を限定20個販売する。  道の...

根室新聞

マイワシ活用へ技術講習 研究開発の成果を民間に【根室】

 市水産加工振興センターは25日午後、同センターで平成30年度の水産加工技術講習会を開催した。参加した市内の水産加工業者らが酵素処理技術を活用したマイワシ魚醤の製造方法、魚類裁割処理機を活用したマ...

根室新聞

最後の西高祭「この思い出忘れない!」【根室】

 根室西高等学校(鈴木強児校長)は21日、第49回西高祭を開いた。多くの市民が来場し、展示物や模擬店、クラス発表などを楽しんだほか、後夜祭では生徒らがバーベキューや花火で思い出を心に刻んだ。  ...

根室新聞

観光音声ガイドサービス 3言語で提供開始【根室】

 市観光協会(小林茂会長)は、日本語、英語、中国語の3言語に対応した観光音声ガイドサービスの提供を開始した。手持ちのスマートフォンやタブレット端末で利用できるもので、近日中に端末を持たないで根室...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10