北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞の記事一覧

十勝毎日新聞

屋上に飛行機! 持ち主の小枝さん「操縦の思い出展示」 空の日【帯広】

 ビルの屋上に軽飛行機発見! 帯広市中心部の小枝銀座ビル(西1南11)の屋上にたたずむ1機の軽飛行機。この存在に気付いた周辺ホテルの宿泊客らが2014年ごろから、ツイッター上にたびたび写真を投稿し...

十勝毎日新聞

馬車BARに三味線響く 加藤さんライブに酔う【帯広】

 帯広市中心部を巡る「馬車BAR」で18日、津軽三味線・日本民謡の加藤流三絃会の加藤恵理奈代表(帯広)によるライブが行われ、夜の街を三味線の音色で盛り上げた。  コロナ禍でも音楽を通して心を...

十勝毎日新聞

家族で会いに来たよ 「夏日」の彼岸の入り【帯広】

 19日は彼岸の入り。秋分の日(22日)を中日とする「秋の彼岸」が始まり、十勝管内の墓地や寺にも多くの家族連れなどが訪れ、先祖を供養した。  4連休初日のこの日、管内は晴れ間が広がり、帯広測...

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

ガチャ440種 道東最大級 イオンにオープン【帯広】

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

十勝毎日新聞

写真展 蜷川実花さんインタビュー【帯広】

 写真家の枠を超え、映画やファッションなど多彩な活動を展開する蜷川実花(にながわ・みか)さんの写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-https://kachimaijp/feature/ninagawamika2020/」(同展帯広実行委な...

十勝毎日新聞

北洋銀南跡を取得 支店に活用へ 十勝信組【帯広】

 十勝信用組合(高橋克弘理事長)は18日までに、旧北洋銀行帯広南支店跡(帯広市西5南21)を取得した。現南支店(帯広市西5南19)の移転先として活用する考え。早ければ半年程度で改修を進め、移転...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

「休暇村」再整備 「そら」キャピタル・ゼンリン子会社化【中札内】

 地方創生ベンチャー「そら」(帯広市、米田健史社長)は17日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフを運営するキャピタル・ゼンリン(同、西麻衣子社長)の全株式を取得し、子会社化したと発表した。2年以内...

十勝毎日新聞

預託牛の牧場新設 管理効率化へICT導入 JA【士幌】

 JA士幌町(國井浩樹組合長)は、育成牛の預託事業を強化している。町中士幌に新たな牧場を開設した他、士幌高原の直営育成牧場では放牧牛管理の効率化を目的にICT(情報通信技術)の活用を進めている。生...

十勝毎日新聞

音でシカ衝突事故防止 道科学大・松崎教授ら実験【帯広】

 北海道科学大学(札幌)の松崎博季教授(帯広市出身)の研究室は15日、エゾシカと車両の衝突事故防止へ向けた実験を帯広市内で行った。サイドミラーにスピーカーを取り付け、シカが嫌がる音を流しながら走...

十勝毎日新聞

商業モールに「ツルハ」完成 さらに2施設建設予定【帯広】

 総合設計(帯広市、安達昌幸社長)が、帯広市南の森東1で造成を進めている商業モールのうち、第1弾となる施設「ツルハドラッグ帯広南の森東店」が完成した。諸手続きを経て、10月中旬にもオープン予定。安...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(9月13日ごろ)

■戸蔦別川 ▽ニジマス20~45センチ、3~5匹。下流域 ■札内川 ▽ニジマス20~45センチ、3~5匹。下流域 ■途別川 ▽ニジマス15~30センチ、5~10匹。中流域 ■藻琴川河口~斜里町峰浜 ...

十勝毎日新聞

長谷さん森さん 全国最高賞 小・中学の毛筆部で書道コンクール【芽室】

 「第51回全国書道コンクール」(国際書道協会主催)の毛筆部で、芽室町の長谷玲希さん(芽室小学校2年)と森夕茉さん(芽室中学校2年)が最高賞に選ばれた。学生の部では小・中学生の各学年から1人ずつし...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10