北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞の記事一覧

十勝毎日新聞

「彩凛華」入場者3割減 新型肺炎影響【音更】

 音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開かれていた「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が24日、31日間の日程を終えた。期間中(1月25日~2月24日)の入...

十勝毎日新聞

新型肺炎 企業も危機感【十勝】

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、十勝管内でも企業側が対策を強化している。管内外への出張や会合の自粛に加え、首都圏などの拠点では時差出勤を進める動きも。自粛ムードを受け、逆に外食店などでは...

十勝毎日新聞

マスク品切れ続く 入荷継続も数分で完売【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は業界団体にマスクの増産を要請したが、帯広市内のドラッグストアやスーパーなどでは品薄状態が続いている。  帯広市内のイトーヨーカドー帯広店内にある同店...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(2月25日ごろ)

■網走湖 ▽ワカサギ500~800匹 ■糠平湖 ▽ワカサギ50~200匹 ■阿寒湖 ▽ワカサギ50~100匹

十勝毎日新聞

道東観光 初の2000万人超 管内6.2%増【十勝】

 十勝総合振興局は、2019年度上期(4~9月)の道東4振興局(十勝、オホーツク、釧路、根室)管内の観光入り込み客数を発表した。合計は前年比6.6%増の2050万4300人。18年度上期が胆振東部...

十勝毎日新聞

連絡体制構築へ 道が対策チーム 新型肺炎【札幌】

 道は25日午前、新型コロナウイルス感染症対策チームを道庁内の危機管理センターに設置した。保健福祉部の橋本彰人部長をチーム長とし、庁内各部の担当職員41人で編成。円滑な連絡体制の構築など、感染...

十勝毎日新聞

「はやぶさ」の技術 家庭に JAXA川口氏が開発【東京】

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の川口淳一郎シニアフェローは、総責任者を務めた小惑星探査機「はやぶさ」の電力消費を抑える技術を応用し、家庭や事業所でも利用できる制御システムを開発...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...

十勝毎日新聞

母体救命 初の研修会 出産時の容体急変対応【帯広】

 出産時の容体急変から母親を救うために-。日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)公認の母体救命研修が22、23の両日、帯広協会病院で開かれた。J-CIMELSの研修が道東で行われる...

十勝毎日新聞

藤丸120年 7階で回顧展【帯広】

 藤丸(藤本長章社長)で創業120年を記念した回顧展が7階で開かれている。3月4日まで。  草創期から現在までの藤丸と、創業者の藤本長蔵氏らに関する写真や資料、遺物などを展示。1月に短期で開...

十勝毎日新聞

白花豆カレー味わって 帯農高生が開発【帯広】

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

十勝毎日新聞

ファットバイクゲレンデを快走【芽室】

 芽室町サイクルツーリズム協議会(蘆田千秋会長)は15日、町内のメムロスキー場で「ガイド付きファットバイクダウンヒルイベント」を開いた。1日に行ったモニターイベントが好評だったことから、走行コ...

十勝毎日新聞

飲酒防止コン 優秀賞 中札内高等養護幕別分校【幕別】

 中札内高等養護学校幕別分校(平井孝和校長、生徒35人)が「20歳未満飲酒防止教育 学校コンクール」の特別支援学校部門で優秀賞を受賞した。体験活動などを通し、生徒に主体的に考えてもらう授業の実践が...

十勝毎日新聞

けん玉「マスター」堅持 小嶋さん「W杯で上位を」【上士幌】

 上士幌中学校1年の小嶋竜之介(12)さんは、プロ級の腕前となるけん玉検定(一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク制定)のマスター1級に、2回目の合格を果たした。最高クラスのマスターは、毎年検定...

十勝毎日新聞

イベント中止相次ぐ 新型肺炎【十勝】

 新型コロナウイルスによる感染症拡大を受け、十勝管内でもイベント中止の動きが広がっている。  十勝毎日新聞社と勝毎光風社は21日、感染リスクによる来場者の健康、安全面などを考慮した結果、3月28...

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13