北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞の記事一覧

釧路新聞

深まる秋楽しむ/庶路ダム紅葉ウオーク【白糠】

 紅葉を楽しむ第12回「ぐるっと庶路ダム 紅葉ウオーク」(ウエルカム白糠プロジェクト実行委主催)が15日、庶路ダム湖で行われた。参加者が紅葉で鮮やかに色づく木々を眺めながら、ダムの周辺で散策を楽し...

釧路新聞

特産ワイン用のブドウ収穫【鶴居】

 鶴居村の新たな特産品化を進めるワイン用ブドウの収穫が13日、村ふれあい農園で行われ、昨年の3倍となる450㌔を収穫した。ブドウは同日、十勝ワインを生産している十勝管内池田町のブドウ・ブドウ酒研究...

釧路新聞

中国旅行会社が道東観光地を視察【中標津】

 北海道運輸局の訪日観光客促進事業「ビジット・ジャパン(VJ)」の一環で、中国旅行会社を招いた道東観光プロモーションが13日、中標津町から始まった。上海、広州、杭州の旅行会社8社から8人が参加。1...

釧路新聞

テロを水際で防げ/釧路港などで合同訓練

 釧路港でのテロ発生を想定し、釧路港保安委員会(会長・高玉雄司釧路市水産港湾空港部長)と警察など捜査権を持つ実動組織の釧路港危機管理コアメンバーが11日、釧路港東港区耐震・旅客ターミナルなどで、合...

釧路新聞

珸瑤瑁獅子神楽保存会に文化賞【根室】

根室市無形文化財で、100年を超える伝統芸能を受け継ぎ、後世に伝える活動をしている珸瑤瑁獅子神楽保存会(中村紀幸会長)が、今年度の根室市文化賞に決まった。同保存会は今年設立50周年の節目でもあり、...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】五目とサバが合わせて40〜50匹ほど釣れている。  【釧路港】サケが少しではあるが釣れている。  【釧路管内各河川】アメマスがポツポツと釣れている。 以上、ランカーズクシロ提供=0154...

釧路新聞

秋サケ離さない!昆布森みなとまつり盛況【釧路町】

 釧路町の新鮮な魚介類がそろう第29回釧路町昆布森みなとまつり(同実行委員会主催)が8日、昆布森漁港特設会場で開かれ、町内外から家族連れなどが訪れ、食と催しを堪能した。恒例の秋サケつかみ取りでは、...

釧路新聞

地場産ワインと料理堪能【弟子屈】

 弟子屈産ワインを地場産品と味わう催しが6日、弟子屈町内10店で始まり、各店では今年のワインの出来と秋の味覚を楽しむ人でにぎわった。同企画は15日まで。「葡萄色(えびいろ)の旦(よあけ)」と名付け...

釧路新聞

オオカミウオ見てみよう/標津サーモン科学館

 標津サーモン科学館(市村政樹館長)に恐ろしげな見た目が特徴の「オオカミウオ」が9月末から登場し、来館者を楽しませている。オオカミウオは大きな口に鋭くとがった歯、褐色のつるりとした表皮を持つ海水魚...

釧路新聞

7日に道の駅で「しらぬか秋の収穫祭」【白糠】

 白糠ならではの味覚を楽しむ「しらぬか秋の収穫祭」(町振興公社主催)が10月7日、道の駅しらぬか恋問で開かれる。旬の魚介類や農産物を満喫できる新たなイベントで、自慢の毛ガニなどを味わい、地場産品の...

釧路新聞

津波・水害に対応 釧路で救命艇公開/道運輸局

国土交通省北海道運輸局は5日、津波から身を守る手段として、大型の船舶などに搭載が義務付けられている船舶用救命艇の技術を活用した「津波対応型救命艇(津波救命艇)」を自治体や関係機関など向けに釧路市...

釧路新聞

高校生が開発「大地のプリン」コンビニで販売

 中標津農業高校3年の相原愛香さん(17)が開発した、道産食材をふんだんに盛り込んだスイーツ「大地のプリン」が、コンビニエンスストア「セイコーマート」で販売されており、その美しい見た目と味が話題を...

釧路新聞

阿寒摩周国立公園、名称変更の悲願祝う【弟子屈】

 阿寒摩周国立公園の名称変更記念式典が3日、釧路圏摩周観光文化センターで行われ、構成11市町の関係者ら約400人が悲願達成を祝った。  同公園は1934年指定。火山活動でできた阿寒・摩周・屈斜路...

釧路新聞

阿寒摩周名称変更記念式典

 【弟子屈】阿寒摩周国立公園の名称変更記念式典が3日、釧路圏摩周観光文化センターで行われ、構成11市町の関係者ら約400人が悲願達成を祝った。  同公園は1934年指定。火山活動でできた阿寒・摩...

釧路新聞

釧路・根室の情報

 【釧路沖】五目、ソイ、ヤナギノマイ、タラ、サバが好調。多い時はクーラーボックスがいっぱいになるほど。  【釧路港】太平洋側のサケ釣りは不調で釣果ほぼなし。  【釧路管内各河川】サイズはあ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10