北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞の記事一覧

釧路新聞

「森の恵み」運行楽しみ/釧路駅で一般公開

 JR北海道釧路支社は4月30日、一般気動車を改造したシリーズ列車のうちの1両「道東 森の恵み」を一般に公開した。外装には東北海道地域の自然や動植物などをデザインしたラッピングが施され、内装には...

釧路新聞

観光シーズン幕開け/阿寒湖で湖水開き

 釧路市阿寒町の阿寒湖で29日、観光シーズンの幕開けを告げる「湖水開き」が行われた。晴天に恵まれ、多くの観光客らが遊覧船の乗船や催しを楽しみ、関係者が今年度の運航の安全と観光振興を祈念した。 ...

釧路新聞

知床に春、横断道開通で観光本番【羅臼】

 昨年11月6日から冬季通行止めとなっていた知床横断道路(国道334号、羅臼町湯ノ沢─斜里町岩尾別間23・8㌔)が27日開通し、羅臼町に本格的な観光シーズンが訪れた。  この日、同町湯ノ沢ゲート...

釧路新聞

元駒苫野球部エース、根室に着任

 甲子園で北海道に初めての優勝旗をもたらし、57年ぶりの夏連覇を果たして道民を熱くさせた元駒澤大学附属苫小牧高校野球部エースの松橋拓也さん(30)が4月1日付で、日本生命道東支社根室営業部の営業...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】船が出れば、タラや五目釣りが楽しめる。  【釧路港】西港で海アメマス・海サクラマスが釣れている。  【釧路川・別寒辺牛川】中~下流で30~50㌢のアメマスが釣れている。 以上、...

釧路新聞

「さけのぼり」悠々と/サーモンパーク【標津】

 標津町の観光名所として知られる標津サーモンパーク内で23日、こいのぼりならぬ「さけのぼり」が上がり、風に吹かれて泳ぐサケの姿が来場者の目を楽しませている。  標津サーモン科学館(市村政樹館長...

釧路新聞

地酒ファンにぎわう/福司酒造一般開放【釧路】

 釧路唯一の蔵元「福司酒造」(梁瀬之弘社長)は22日、恒例の酒蔵一般開放を行った。同社では、日本酒の製造工程を見学してもらおうと年に一度、蔵を公開している。人気の搾って間もない出来立ての生酒「た...

釧路新聞

野菜試験栽培順調、6月から出荷【釧路町】

 釧路厚生社のグループ企業「あぐりソリューション」(菅原泰裕社長)の通年型野菜生産施設(町トリトウシ)で、ベビーリーフなど葉物野菜やミニトマトの試験栽培が順調に進んでいる。昨年11月末に完成した...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】船が出れば、タラや五目釣りが楽しめる。  【釧路川】下流の方でもアメマスが釣れるようになってきた。  【別寒辺牛川】35〜50㌢のアメマスが釣れている。 以上、ランカーズクシロ提供=0...

釧路新聞

春の風物詩、阿寒湖氷割り本格化【釧路】

 春の観光シーズンを前に、釧路市の阿寒湖で16日、遊覧船を使って湖面の氷を砕く作業が本格化した。21日からは、氷の広がる湖と雄阿寒岳などの絶景を満喫できる国内唯一の「砕氷帯観光遊覧船」の運航が始...

釧路新聞

アイヌ文化拠点施設ウレシパチセ、門出祝う【白糠町】

 アイヌ文化拠点施設「ウレシパチセ」(白糠町東3北1)の落成式・祝賀会が15日、同チセで行われた。棚野孝夫町長、富田忠行町議会議長、天内重樹白糠アイヌ協会長ら地元関係者と、来賓合わせて約120人...

釧路新聞

知床横断道路で雪壁ウォーク【羅臼】

 知床羅臼町観光協会などが主催する「知床雪壁ウォーク2018」が8日、冬季閉鎖中の知床横断道路(国道334号)で開かれ、参加者は世界遺産の雄大な景観を満喫した。  この日の頂上付近は、午前8時...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】船が出れば、五目釣りが楽しめる。タラもぼちぼちの釣果。   【釧路川】アメマスの釣果は上向き。サイズは35〜50㌢。   【別寒辺牛川】35〜50㌢のアメマスが釣れている。 以上、ランカー...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】船が出れば、五目釣りが楽しめる。タラもぼちぼちの釣果。   【釧路川】アメマスの釣果は上向き。サイズは35〜50㌢。   【別寒辺牛川】35〜50㌢のアメマスが釣れている。 以上、ランカ...

釧路新聞

誇れる小中一貫校に、庶路学園開校【白糠】

 釧路管内初の9年制義務教育学校の町立庶路学園(湊谷美樹治校長、児童生徒160人)の開校式、幼保連携型の認定こども園である庶路こども園(下重哲也施設長、園児60人)の開園式が1日、両園で行われた...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10