北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報の記事一覧

苫小牧民報

道立施設、来月再開へ 知事「首都圏訪問は注意を」-新型コロナ

 新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、鈴木直道知事が出した外出の自粛を求める「緊急事態宣言」が終了して1週間。知事は27日、道庁で臨時記者会見を開き、現在休館・休止している道立施設や道主催のイベ...

苫小牧民報

丹羽孝希の父・孝司さんが卓球スクール開校 未来の代表選手育成へ

 苫小牧出身で東京五輪卓球男子日本代表の丹羽孝希(25)=スヴェンソン=の父、孝司さん(48)が苫小牧市緑町1に丹羽卓球スクールを創設した。3大会連続五輪に出る長男らを育てたノウハウを生かす。未...

苫小牧民報

水質ろ過材「ウニポラス」発売 廃棄される殻を活用-北海道曹達

 苫小牧市沼ノ端の化学製品メーカー、北海道曹達(神田知幸社長)が、魚介類を飼育する水槽などの水質ろ過材「ウニポラス」を発売した。廃棄されるウニ殻を有効活用した商品で、容量別に一般向け、業務用を用...

苫小牧民報

春告げる旬の顔 ニシン水揚げ徐々に増加-苫小牧漁港

 苫小牧沿岸でニシンの水揚げが徐々に増えている。2月から刺し網漁で揚がっており、26日までの漁獲量は10トンを超えた。「春告魚(はるつげうお)」の異名の通り、漁港に一足早い春の訪れを告げている。 ...

苫小牧民報

苫小牧市体協「苫小牧市スポーツ協会」へ 4月から名称変更、新ロゴも

 苫小牧市体育協会(鈴木雄輔会長)は、4月1日から名称を「苫小牧市スポーツ協会」に変更する。概念としての「スポーツ」に対する捉え方が幅広くなる中で1952年の設立以来、一貫して使ってきた「体育」...

苫小牧民報

国際線の運航ゼロ、新型コロナ影響拡大 新千歳空港「異例中の異例」

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で、新千歳空港では26~28日、国際線18路線の発着便すべてが運休する異例の事態となった。夏ダイヤとなる29日以降も、再開のめどは立っていない。各国の...

苫小牧民報

卓球・丹羽選手「最高の準備を」 東京五輪1年延期

 苫小牧市出身で東京五輪卓球男子の日本代表に決まっている丹羽孝希選手(25)=スヴェンソン=が25日、五輪延期を受け所属先のホームページ上にコメントを寄せた。「突然のことで驚いているが、オリンピッ...

苫小牧民報

ウポポイ開業まで1カ月 準備大詰め、コロナ影響懸念も「予定通り」

 4月24日のアイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)=白老町若草町2=開業が1カ月後に迫る中、管理、運営を担うアイヌ民族文化財団による準備作業が大詰めを迎えている。新型コロナウイルスの...

苫小牧民報

雪だるまで町おこし 元早来雪だるま郵便局局長・真保さん訃報に悼む声

 安平町早来の雪だるまによる地域おこしの発案者で、元早来雪だるま郵便局局長の真保生紀さんが21日に肝臓がんのため、76歳で亡くなった。雪だるまを国内外に発送するユニークな活動を通じて「早来雪ダル...

苫小牧民報

ホッキ厚焼き玉子、28日から販売 テークアウトも-マルトマ食堂

 苫小牧市汐見町のマルトマ食堂(三浦未店長)は、ホッキ貝のだし汁と身を使った「ホッキ厚焼き玉子」を開発し、28日から同店の新メニューに登場する。店内では切った状態で提供し、テークアウト用には「マ...

苫小牧民報

「恐竜展2020」道博物館で6月に開催へ むかわ竜やホベツアラキリュウも..

 貴重な実物化石や全身復元骨格(レプリカ)を紹介する恐竜の祭典「恐竜展2020」が6月20日~9月27日、札幌市厚別区の北海道博物館で開催される。昨年、新属新種として認定された「カムイサウルス・...

苫小牧民報

苫小牧のパン店、個別包装広がる 「安心して購入」来店客の声

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、パンを一つ一つ包装して陳列する動きが、苫小牧市内のパン店などで広がっている。飛沫(ひまつ)が直接パンに付着するのを防ぐためで、従業員の作業や包装材の費用は増...

苫小牧民報

新酒「あびら川」販売中 フルーティーな香りや甘みが特徴-安平

 安平町の地元農家でつくる「あびら地酒生産プロジェクト」はこのほど、安平産の酒米「彗星」で造った日本酒「純米大吟醸 あびら川」の新酒を完成させ、15日から販売を開始している。道の駅「あびらD51...

苫小牧民報

まちの魅力伝える「しらおいナビ」が人気 生活・観光情報をブログで発信

 インターネットで白老町の魅力を紹介している個人ブログ「しらおいナビ」が人気を呼んでいる。飲食店や特産品、体験スポットなど白老に関するさまざまな生活・観光情報を掲載し、昨年5月の開設以降、閲覧件...

苫小牧民報

5月着工、星野リゾート 界ポロト 21年冬のオープン目指す-白老

 総合リゾート運営会社の星野リゾート(本社長野県軽井沢町)は、白老町若草町1のポロト湖畔で高級温泉宿泊施設の建設工事を5月中旬に始める。名称を「星野リゾート 界ポロト」とし、民族共生象徴空間(ウ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10