北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報の記事一覧

苫小牧民報

鵡川高野球部の次期監督に小池氏 来春から指揮「逃げずに戦う覚悟」

むかわ町は30日、鵡川高校で会見を開き、来年度から同校野球部の次期監督として、前旭川南高監督で鵡川高でも部長の経験を持つ小池啓之氏(68)を迎え入れると発表した。現監督の鬼海将一氏(36)が来年3...

苫小牧民報

3700万円を私的流用 苫小牧歯科医師会前副会長 少なくとも7年間

苫小牧歯科医師会(阿部雅人会長、会員109人)の副会長を務め、今年1月に死亡した男性歯科医師(当時59歳)が、少なくとも7年間にわたって3700万円余りを私的流用していたことが分かった。昨年12月...

苫小牧民報

市に寄せられた問い合わせ 半年間で 1100件以上 市民心理を反映

新型コロナウイルスの感染が苫小牧市内で初めて確認されてから半年が過ぎ、市にはこの間1100件以上の問い合わせが寄せられた。流行当初は感情的な苦情などが多く、個人情報のさらなる開示を求める声も殺到。...

苫小牧民報

ピンクの大輪咲き誇る 鶴の湯温泉のハス見頃-安平

 安平町早来北町にある鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が見頃を迎えている。花を咲かせそうに大きく膨らんだつぼみも多く、9月の上旬ごろまで淡いピンクの大輪が訪れる人たちの目を楽しませ...

苫小牧民報

苫小牧市静川の戦争遺跡を見学  トーチカや戦車壕巡る-安平早来小6年児童

 安平早来小学校(前田直樹校長)の6年生は27日、総合的な学習「平和教育」の一環として、苫小牧市静川にある綱木トーチカなど戦争遺跡の現場を見学した。児童はかつてこの地であった歴史の一端に触れ、戦...

苫小牧民報

5カ月連続旅客ゼロ コロナの影響長期化、再開めど立たず-新千歳国際線

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く新千歳空港の国際線は、5カ月連続で旅客数がゼロとなっている。同線の全便運休が理由だが、感染収束への道筋は不透明で運航再開のめどは立っていない。異例の状況に...

苫小牧民報

サバ、海岸からルアーで

苫小牧港・西港 アナゴ(ハモ) 60センチ級、0~2匹。160メートルの超遠投で上がった。水温高いためか、最深部にいるよう 苫小牧~白老 サケ 海岸のぶっ込みは不調が続いている。錦多峰川は...

苫小牧民報

木質チップの遊歩道「森林浴に使って」 苫東・和みの森に整備

 苫小牧市静川の「苫東・和(なご)みの森」に今月、木質チップの遊歩道が整備された。クッション性があり、歩きやすいのが特長で関係者は従来の木道に加え、多くの人に散策などを通じて森林浴を楽しんでもら...

苫小牧民報

沼ノ端拓勇樹林で環境調査 250種の動植物確認、レッドリスト記載種も-苫..

 苫小牧市の自然環境保全地区に指定され、今後の在り方が検討されている市内拓勇西町の沼ノ端拓勇樹林(約32ヘクタール)に、約250種類の動植物が生息していることが市から委託を受けた専門業者の調査で...

苫小牧民報

道立特別支援学校、来年4月開校へ準備進む 通学区域は苫小牧、白老、安平

 心身に障害を持つ小中学生に専門教育を行う道立特別支援学校の開校準備が苫小牧市内で進んでいる。現在は来年4月の開校に向け、3月に閉校した苫小牧明徳小学校の校舎を改修工事中。7月には北海道教育委員...

苫小牧民報

「故郷の人 喜んでくれた」 苫東高出身直木賞作家の馳星周さんが講演

 苫小牧東高校OBで、今年7月に小説「少年と犬」で第163回直木賞を受賞した作家の馳星周さん(55)=長野県軽井沢町在住=の講演会が23日、苫小牧市民会館で開かれた。馳さんはふるさとの浦河町に滞...

苫小牧民報

日米共同訓練始まる 空自千歳基地で28日まで5日間

 米軍と航空自衛隊による日米共同訓練が24日、空自千歳基地で始まった。在日米軍の再編に伴う訓練移転の一環で、28日までの5日間実施する。24日は地元自治体向けのブリーフィング(説明)があり、米軍...

苫小牧民報

「はんこの楽しさ知って」好みや職業をデザイン オリジナル印章SNSで話題

 苫小牧市王子町で1945年5月創業の老舗印鑑店、弘文堂店主の秋山集一さん(70)は、自身が手掛けた遊び心満載のオリジナル印章をインターネット交流サイト(SNS)に公開し、静かな話題を集めている...

苫小牧民報

郷土史伝える民芸品 「木彫り熊を巡る考察展」9月22日まで-白老元陣屋資..

 昭和期の白老町で盛んに生産された木彫り熊にスポットを当てた「白老、北海道の木彫り熊を巡る考察展」が22日、仙台藩白老元陣屋資料館で開幕した。白老のほか、北海道で木彫り熊作りのルーツとされる渡島...

苫小牧民報

鉄路の街追分、模型で再現 「炭鉄港」記念イベント始まる-あびらD51ステ..

 日本遺産「炭鉄港」記念イベント、鉄路の軌跡~鉄道と歩んだ「追分」の栄光~(一般社団法人あびら観光協会、安平町、町教育委員会共催)が22日午前、安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10