北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報の記事一覧

苫小牧民報

成人式の準備大詰め"見て楽しむ"内容に コロナ対策に配慮-苫小牧

 来年1月8日と10日に開かれる苫小牧市成人式に向けて、新成人で組織する実行委員会の準備作業が大詰めを迎えている。道内ではコロナ禍を受け、札幌市など12市町村が中止、旭川市や函館市など68市町村...

苫小牧民報

新千歳国際線、給油設備を増設へ コロナ後見据え体制強化

 北海道エアポート(HAP、千歳市)は、新千歳空港国際線駐機場(全9カ所)の給油設備を増強する。燃料貯蔵タンクの地下送油管を延長した上、航空機に直接、燃料を送り込むハイドラントピット(給油口)を...

苫小牧民報

帰省、静かに始まる 空港・フェリー「ラッシュ」至らず

 年末年始を古里で過ごす人たちの帰省が本格化している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛ムードが広がる中、新千歳空港や苫小牧港のフェリーターミナルも「ラッシュ」には至っていない。旅行者の姿も...

苫小牧民報

アーモンドアイ故郷凱旋 最強牝馬の遺伝子次世代へ-ノーザンファーム

 ラストランとなった中央競馬のジャパンカップ(11月)で有終の美を飾り、芝のGⅠレースで日本馬最多となる9勝を挙げたアーモンドアイ(牝5歳)が25日、生まれ育った安平町のノーザンファームに到着した...

苫小牧民報

日ハム・根本投手母校で後輩と交流 白老・虎杖小で「応援する会」

プロ野球北海道日本ハムファイターズからドラフト5位で指名された根本悠楓(はるか)投手(苫小牧中央高3年)を応援する会が21日、出身校の白老町虎杖小学校(前田道弘校長)で開かれた。プロ野球の大舞台挑...

苫小牧民報

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 「冬の妖精」シマエナガの観察マップを作製、..

苫小牧市植苗のウトナイ湖野生鳥獣保護センターは、「冬の妖精」として人気の野鳥シマエナガを観察できるスポットを紹介したマップを作製し、館内と道の駅ウトナイ湖に掲示している。市内外から問い合わせが増え...

苫小牧民報

中韓便受け入れ可能に 新千歳 検疫態勢整う 仁川線 2社が臨時便の運航計画

国土交通省は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内4空港に到着を制限してきた中国、韓国からの旅客便について、今週から新千歳空港でも受け入れ可能にした。検疫態勢が整ったためで早速、韓国のアシアナ航...

苫小牧民報

胆振東部地震で被災、思い出の場所と別れ 新たな寮が間もなく完成-鵡川高野..

 2018年9月に発生した胆振東部地震で旧生徒寮が被災し、再建を目指していた鵡川高校野球部の新生徒寮が間もなく完成し、野球部員たちは年明けから新しい場所での生活をスタートさせる。部員は年末年始に...

苫小牧民報

コロナ収束願いきれいに 第一滝本館で大浴場清掃-登別

 登別市の老舗温泉旅館「第一滝本館」は21日、年末恒例の大浴場の大掃除を行った。今年1年、宿泊客の心と体を癒やした感謝を込めて、社員らが大浴場をきれいにした。  歳末の風物詩となっている大掃除...

苫小牧民報

氷像制作、散水作業順調に 来年の「支笏湖氷濤まつり」

 来年1~2月に千歳市の支笏湖畔で開催する千歳・支笏湖氷濤まつりに向けて、実行委員会メンバーらによる氷像制作の散水作業が本格化している。寒気の到来もあり、例年より半月ほど早いペースで進行。会場担...

苫小牧民報

CCUS拠点化に60億円 世界初、液化CO2の長距離輸送実証へ-21年度..

 21日に政府が2021年度予算案を閣議決定し、苫小牧市で二酸化炭素(CO2)を回収、有効利用、貯留する「CCUS」の拠点化に向けた予算が計上された。液化CO2の船舶輸送技術を確立する新規事業、...

苫小牧民報

千歳の冬を彩る イルミネーション点灯

 千歳の冬の中心市街地を10万球の発光ダイオード(LED)が彩る「イルミネーション点灯式」が20日夕方、同市千代田町のグリーンベルト・つどいの広場で行われた。  千歳市商店街振興組合連合会(市商...

苫小牧民報

出来たての味、家庭でも ラーメン店「味の大王」冷凍麺を開発

 苫小牧市植苗のラーメン店、味の大王(高橋浩一社長)が電子レンジ用の冷凍麺を開発し、今月から飲食配達サービスを通じたカレーラーメンの宅配サービスをスタートした。開発に関わった中江友紀常務(37)...

苫小牧民報

「むかわ竜」レプリカいかが? 売ります!貸します!

 むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ=遠藤研二代表)は、穂別地区で発掘されたハドロサウルス科の植物食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)の全身復元骨格(レプリカ)の製造販...

苫小牧民報

感染症病棟の看護師2人感染 患者受け入れを制限-苫小牧市立病院

 苫小牧市立病院と市は18日、臨時記者会見を開き、感染床病棟に勤務する看護師2人が新型コロナウイルスに感染したことを公表した。同院の松岡伸一院長は「他の病棟や外来診療スペースに感染が拡大する可能...

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス