北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報の記事一覧

苫小牧民報

新千歳空港、中国便運休6割に 新型肺炎の影響長期化も

 中国湖北省武漢市に端を発する新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国政府が海外団体旅行を禁止してから、10日で2週間を迎えた。国土交通省新千歳空港事務所によると、2月に計画されていた...

苫小牧民報

アイヌ民族関係者ら落胆 伝統舞踊、五輪開会式で不採用

 7月24日に開かれる東京五輪の開会式でアイヌ民族の伝統舞踊が不採用の見通しとなったことを受け、準備を進めていた苫小牧市や近郊のアイヌ民族の関係者に落胆が広がっている。世界に発信しようと、北海道...

苫小牧民報

日本製紙勇払事業所、特殊用紙生産開始 200人規模の雇用継続、地元は歓迎

 洋紙生産から撤退し、その後の影響が懸念されていた日本製紙勇払事業所が2021年度中に特殊用紙の生産を始めると発表されたことに、地元住民から歓迎の声が上がっている。一時は深刻な打撃が懸念されたが...

苫小牧民報

スケトウダラ、記録的不漁 前年比17%減、過去最低更新も-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合のスケトウダラ漁は今季、記録的な不漁に陥りつつある。1月末までの漁獲量は前年同期比17%減の1512トン。道立総合研究機構函館水産試験場の最新調査で資源量の回復を見込めない結...

苫小牧民報

日本製紙勇払事業所、特殊紙生産へ 米企業と合同会社設立、既存施設を使用

 日本製紙(東京)と子会社の日本製紙パピリア(同)は7日、化学製品生産などを手掛けるデュポン(米国)の子会社デュポン・スペシャルティ・プロダクツと「デュポン日本製紙パピリア合同会社」を設立し、電...

苫小牧民報

ワカサギ 棚取りは正確に

錦大沼 ワカサギ 氷の状態が悪く、先週中盤にクローズ。再開は氷次第。順調にいって週末か。要確認。 ポロト湖 ワカサギ 4日に再開。5~10センチ。常連は3桁、初心者でも30匹。魚が浮き始め...

苫小牧民報

絵本の良さ伝えたい 私設文庫・とまこまい宇宙船みみ、間もなく来館者千人

 絵本や児童書約4000冊が並ぶ私設文庫、とまこまい宇宙船みみ(苫小牧市表町)の来館者が今月中に1000人を超える見通しとなった。気軽に絵本に触れてもらおう―と週4日ほど無料開放。子どもから大人ま...

苫小牧民報

新型肺炎猛威の中国へ応援メッセージ 動画投稿サイトで発信-氷濤まつり会場

 2020千歳・支笏湖氷濤まつり(千歳市支笏湖温泉、支笏湖まつり実行委員会主催)の会場内で6日、新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るう中国を応援しようと、地元関係者が動画メッセージを収録した...

苫小牧民報

厚真猟銃死から9年 時効成立まで1年切る 犯人逮捕へ情報提供を

 厚真町の山林で2011年2月、間伐作業中だった新渡戸勝彦さん(当時45)=安平町=が何者かの銃弾を受けて死亡した事件から4日で丸9年が過ぎた。道警の捜査は今も続けられているが、犯人逮捕には至っ...

苫小牧民報

とまこまいスケートまつり閉幕 ウイルス感染恐れ大幅減、来場者4万9千人

 苫小牧の冬の風物詩、第54回とまこまいスケートまつり(実行委員会主催)が2日、予定通りの行事を終えて無事に閉幕した。両日とも晴天に恵まれ、メイン会場の中央公園ではステージイベントやアトラクショ...

苫小牧民報

赤鬼ダイバー、優しく給餌 サケのふるさと千歳水族館

 節分を間近に控えた1、2の両日、サケのふるさと千歳水族館=千歳市花園2=に「赤鬼ダイバー」が現れ、大勢の入館者を喜ばせた。  赤鬼ダイバーは、週末恒例の支笏湖大水槽の魚の餌やりイベント「カモ...

苫小牧民報

氷都・苫小牧冬の祭典 スケートまつりが開幕

 苫小牧を代表する冬の祭典「第54回とまこまいスケートまつり」(実行委員会主催)が1日に開幕した。メイン会場の中央公園(苫小牧市若草町)は朝から青空が広がり、家族連れや子どもたちが名物のしばれ焼...

苫小牧民報

日本旅行業協会がウポポイ視察 博物館や体験交流ホール見学

 国内約1200社の旅行会社で構成する一般社団法人日本旅行業協会(東京)は1月30、31両日、白老町で4月にオープンするアイヌ文化復興拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れた。政府が掲げる年間...

苫小牧民報

高級ホテル「ポルトム」開業 富裕層をターゲット-新千歳空港

 新千歳空港ターミナルビルディング(千歳市)は1日、新千歳空港国際線ターミナルビルに、空港直結の新たな高級ホテル「ポルトムインターナショナル北海道」を開業した。最高級スイートルームをはじめとする...

苫小牧民報

ポートサービス船の係留施設、本格着工へ-苫西港・汐見区

 北海道開発局は2020年度から、苫小牧西港・汐見区で係留施設の新設工事を本格化する。西港に入出港するRORO船(フェリー型貨物船)などの運航を支援するポートサービス船の係留スペースが手狭になっ...

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12