北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2018年07月」の記事一覧

室蘭民報

ガイヤナイト関連イベントでキャンドルホルダー作り【室蘭】

 ろうでできたキャンドルホルダー作りが8日、室蘭市中島町のふれあいサロンほっとな~るで開かれ、参加者らが、個性あふれる世界に一つだけのキャンドルホルダーを作った。  電気を消して地球環境を考...

函館新聞

ミント湯でリラックス 北斗・せせらぎ温泉で16日まで【北斗】

 【北斗】市健康センター・せせらぎ温泉(本町4)は10日から期間限定で、スカイミント風呂のサービスを始めた。初めての試みで、ミントのほのかな香りが入浴客の心身を癒やしている。16日まで。  ...

函館新聞

コンブの魅力見て学んで 博物館で企画展始まる【函館】

 市立函館博物館(斉藤総一館長)で10日、今年度の企画展「北の昆布展―昆布が支える日本の文化」が始まった。展示は3章に分け、函館や北海道における主要な水産物のコンブについて紹介している。9月9日ま...

根室新聞

北方領土返還求める"国民の意志" 署名9,000万人を突破【根室】

 国民が最も手軽に返還運動に参加する機会の一つとして大きな意義を持つ北方領土返還要求署名者数が、9,000万人を突破した。元島民有志の取り組みに始まってから53年。署名数の伸びはそれだけ北方領土問題が...

根室新聞

中小企業先端設備の導入促進を 市が基本計画策定【根室】

 根室市は、中小企業の先端設備の導入促進を図るため、生産性向上特別措置法に基づく「根室市導入促進基本計画」を策定し、このほど、北海道経済産業局の同意を得た。基本計画は3カ年で、市は9件ほどの認定を目...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】 タラと五目が遊べるくらい釣れている。   【釧路港・釧路管内各河川】 天候回復待ち。   【阿寒湖・屈斜路湖】 アメマスとニジマスがまだ釣れているが、終盤に近づいている。 以上、...

苫小牧民報

陸自第7師団、西日本豪雨被災地へ 11普連の43人、車両11両出発

 西日本を中心にした豪雨災害を受けて、陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は9日、災害派遣部隊を被災地に出発させた。第11普通科連隊(宮内雅也連隊長)の隊員43人、車両11両が愛媛県で活動...

苫小牧民報

強化合宿で活動開始 女子IH日本代表候補32人参加-苫小牧白鳥王子アイス..

 2大会連続五輪出場を果たした女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」は9日、苫小牧白鳥王子アイスアリーナで今季最初の強化合宿をスタートさせた。4年後の2022年北京五輪を最終ターゲットに...

日高報知新聞

最優秀に神谷美希さん(門別中2年生)

 日高管内各町の中学生7代表による「少年の主張日高地区大会」が7日、浦河町の日高合同庁舎で開かれ、日高町立門別中2年の神谷美希さんが最優秀賞に選ばれた。9月7日に札幌市で開催の北海道150年記念全...

日高報知新聞

行事縮小も4000人【新ひだか】

【新ひだか】初夏を告げる「第24回みついし蓬莱山まつり」(実行委主催)が8日、三石川河川敷の蓬莱山公園で開かれた。天候には恵まれたものの、祭りのシンボルとなる大しめ縄の架設やよさこいソーランが中止に...

十勝毎日新聞

食創が「精米HACCP」 管内で初認定【帯広】

 米卸道内大手・食創(帯広、竹森直義社長)は、西19南1にある自社精米工場が国の基準に基づく「精米HACCP」の認定を受けた。食品の安全や品質管理などの取り組みに対しお墨付きをもらったもので、十勝...

十勝毎日新聞

広まれ こども食堂 来月帯広で全国ツアー【帯広】

 十勝でも広がりを見せる「こども食堂」などの地域の居場所づくりを考えるシンポジウム「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin道東」(実行委主催)が、8月4日に帯広市内のとかちプラザ・レインボーホール...

十勝毎日新聞

豪雨被災地に隊員派遣 24人入浴支援へ 陸自5旅団【帯広】

 中国・四国地方を中心に甚大な被害をもたらした豪雨災害を受け、陸上自衛隊第5旅団(司令部帯広、堀井泰蔵旅団長)は9日、被災地からの出動要請に基づき、災害支援のため隊員を派遣した。現地で入浴支援...

釧路新聞

武四郎の足跡 冊子に/鶴雅グループ客室に配置

 道内ホテル業大手の鶴雅グループ(大西雅之社長)は、北海道命名150年を記念し、命名者で生誕200年を迎えた松浦武四郎の足跡などを記した冊子を作製し、グループホテルの全客室に備え付けている。出身...

室蘭民報

豊浦型DMOが設立、地域経済発展と雇用創出狙う【豊浦】

 豊浦型DMO(観光地域づくり法人)が設立され9日、同町役場で記者発表があった。名称は一般社団法人噴火湾とようら観光協会(金丸孝理事長)。民主導・官バックアップの態勢で、観光地域づくり活動を推...

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14