北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2018年09月」の記事一覧

函館新聞

鹿部町大岩のホタテ養殖、相次ぐ自然災害で打撃【鹿部】

 【鹿部】今月相次いだ自然災害で、鹿部町大岩地区のホタテ養殖が打撃を受けた。現時点で台風か地震か原因は特定されていないが、順調に育っていた貝や資材が全滅状態。鹿部漁協は被害額を「貝だけで5000...

函館新聞

函館開建がTEC―FORCE派遣 被災地支援で【函館】

 北海道胆振東部地震による被災地の応急対策を支援するため、函館開発建設部は11日、緊急災害対策派遣隊(TEC―FORCE、テック・フォース)を現地に派遣した。  同部のテック・フォース派遣は7...

釧路新聞

頑張れ氷都苫小牧/アイホ関係者ら横断幕【釧路】

 6日未明の胆振東部地震の発生に伴う長時間の停電で、白鳥王子アイスアリーナなどが使えなくなっている苫小牧を応援しようと、釧路のアイスホッケー関係者らが、立ち上がった。日本製紙アイスアリーナにエー...

日高報知新聞

「トマトの里構想」【平取】

【平取】びらとろん2018「トマトの里構想」意見交換会が5日夜、町民を対象に町中央公民館で開かれた。  びらとりトマトは昭和47年に6戸の農家でスタート。45年後の平成29年には163戸の農家が作付け...

日高報知新聞

電力復旧も断水続く 日高町

 胆振東部地震で停電が続いていた日高管内は、9日午前までに全町で電力が回復し、大半の学校で授業も再開した。ただ、日高町などで断水が続き、避難者もいて、道内全域で食料品を中心に物不足は続いている。ま...

苫小牧民報

自衛隊災害派遣、陸自7師団主力に 厚真・安平・むかわの生活再建に全力

 胆振東部地震でライフラインが寸断された厚真、安平、むかわの胆振東部3町で、自衛隊の民生支援が大規模に展開されている。陸自の第7師団(司令部・東千歳駐屯地)が主力になり、給水や給食、入浴、物資輸...

苫小牧民報

断水で酪農に大打撃 厚真や安平で出荷できず生乳破棄も

 地震で断水が続く厚真町や安平町では基幹産業の酪農にも被害が広がり、搾乳機などを洗浄できず衛生面の問題から出荷できず生乳を破棄している牧場もある。  厚真町は約2000戸すべてで断水し、被災し...

釧路新聞

釧路、根室の情報

【釧路沖】 タラと五目がまあまあ釣れている。  【釧路港】 サケは一服状態。次の群れが寄るのに期待。  以上、ランカーズクシロ提供=0154(55)2288  【尾岱沼漁港】 サケの釣果が9日の朝...

十勝毎日新聞

トラック物流回復進む 燃料に不安も【十勝】

 胆振東部地震を受けて輸送が滞っていた管内物流業者によるトラック輸送は、徐々に通常通りの輸送体制に戻っている。燃料の確保を不安視する声もあるが、停電の復旧により荷主側や配送先の受け入れ体制も通...

十勝毎日新聞

14日開幕へ チーム続々 ラリー北海道【十勝】

 ラリー北海道(アジアパシフィックラリー選手権=APRC=第4戦、全日本ラリー選手権第8戦、日本スーパーラリーシリーズ第4戦)が14~16日の3日間、十勝管内の1市4町を舞台に開かれる。10日...

十勝毎日新聞

停電解消 明るくステップ ダンスで交流【帯広】

 十勝ダンススポーツ協会主催の「第27回ふれあいダンス交流会」が9日、帯広市内のとかちプラザ・軽運動室で開かれた。地震による停電の影響で週末のイベントの多くが中止されたが、この日は会員約170...

室蘭民報

避難生活者は412人【安平】

 安平町では、半壊・全壊を合わせ11戸が倒壊、骨折など12人が負傷した。町は6日から町内8カ所に避難所を設置し、10日午後4時現在、412人が避難している。  188人が身を寄せる早来町民セ...

室蘭民報

「じゃり道工房」で優しさあふれる染め絵並ぶ【洞爺湖町】

 石川県在住の加賀友禅作家、志田弘子さんと家族による「じゃり道工房」の作品展が8日、洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館で始まった。志田さんの母親としての愛情や、命の大切さなどへの強い思いを込めた染め...

室蘭民報

災地支援の動き、胆振の仲間に“恩返し”【西胆振】

 胆振西部の1市3町では胆振東部地震の発生から5日目を迎えた10日、住民生活が日常を取り戻しつつある。被災した同じ胆振の仲間に対する支援が本格化している。 青年部員いち早く  胆振管内商工...

室蘭民報

被災地で給水支援、室蘭市と消防本部が活動【室蘭】

 胆振東部地震に伴い、室蘭市は6日から消防本部と水道部の職員を厚真町、安平町に派遣するなど支援を展開している。また、市民向けに建物被害などの相談も受け付けを開始しするなど、地震関連の取り組みを...